2013.4道東の旅

LCCで行く道東の旅①2013.04.13

さて、3連休、LCCで道東を気軽に旅することにしたぬ(;^ω^)

DSC00926
15:25発の成田→札幌(新千歳)に乗るぬ(´・ω・`)
ここは、待合ロビー、送迎バス待ち
飛行機代は、往復14000円だったぬ

DSC00928
例によって、送迎バスで、駐機場へ行き、タラップで乗り込む(´・ω・`)
ジェットスターが2機、並んでる

DSC00927
近くに、エアアジアも止まってたぬ(´・ω・`)
ジェットスターのタラップ階段と、LCCのツーショット
エアアジアも、いずれ乗ってみたいぬ

DSC00934
今回は、予約した席が、エマージェンシー席に変えられていたぬ(´・ω・`)
何かがあったら、漏れが、この扉を開けなければいけない

DSC00932
この席は広いのはいいんだけど
椅子の下にリュックを置けないのが難点(´-ω-`)
すぐに、持ち込んだ飲み物、食べ物とか
アイパッド、ウルトラブックを取り出せないぬ

DSC00938
17時過ぎに、新千歳空港に、到着(´・ω・`)
空港内に吉野家があったぬ

DSC00939
空港でレンタカーを借りて、早速、道東道を走ったぬ(´・ω・`)
もう、日も暮れて夜だぬ
ここは、占冠PA、一休み(・∀・)
雪が積もってるぬ

DCIM1046
21時、帯広、到着(´・ω・`)
3時間ちょいのドライブ
道東道が、新千歳から帯広まで全線開通されたので
走りは快適で、行きやすくなったぬ
むかしは、日勝峠を通過しないと帯広方面にいけなかったので
時間がかかって大変だった(´・ω・`)

早速、今夜宿泊するビジネスホテルをチェックイン
宿泊料は5200円だぬ

DCIM1048
部屋でちょい一休み、2ちゃんしたところで
夕飯くいに、でかけるか(´・ω・`)

DCIM1040
案山子か(´・ω・`)

ここにしよう(;^ω^)

DCIM1041-2
ビールと、帯広豚丼を頼んだぬ(´・ω・`)
写真はピンボケだけど、味は濃くて、うまかったぬ

DCIM1044
他に何か、頼もうかな(´・ω・`)

一位と二位を頼むか

DCIM1043
カシスハイと、よっちゃん揚げとかいうのを頼んだぬ(´・ω・`)
アスパラに肉巻いて揚げてるだけなんだけど
これが、意外に旨かった( ・∀・)

DCIM1042
えりも産のつぶ刺しを頼んだぬ(´・ω・`)
こりこりした食感がよくて、うまかったぬ
襟裳岬って、つぶ貝が名産だったんだな

おなかいぱいになったので、これで〆にするか
計4千円

ホテルに戻り、大浴場のお風呂に入り、すぐ寝たぬ (つ∀-)オヤスミー

DCIM1047
朝起きて、早速、ホテルのモーニング(´・ω・`)
おなかいぱいになったぬ

さて、これから、何処へ行こうかなあ(;´∀`)

続く


LCCで行く道東の旅②2013.04.14

帯広のビジネスホテルを8時過ぎにチェックアウト(´・ω・`)
とりあえず、釧路・根室方面を走ってみるぬ


DSC00944
10時、釧路市音別町到着(´・ω・`)
海岸沿いに根室本線が敷設されているぬ
列車はこなかった
津波がきたら、被害は甚大そうだな

DSC00945
海は大荒れだぬ(´・ω・`)

DSC00941
海鳥が二羽とまっていた(´・ω・`)

DSC00948
お昼になったので、厚岸で昼飯にするぬ(´・ω・`)
生牡蠣か、ここにするか

DCIM1049
厚岸は牡蠣の産地らしいのう(´・ω・`)
牡蠣料理が多い
期間限定のさんま刺身も気になったけど、時期は夏場なんだな

DCIM1050
裏面を見てみる
おっ、一品料理で、生牡蠣があるな(´・ω・`)
かき丼と生牡蠣を頼むか
生牡蠣食べるのは6年ぶりだな

6fe85c84.jpg
( ^ω^)おっ、きたきた、牡蠣尽くし、うまそうだ

生牡蠣はやっぱり、うまいなー、ジューシーだぬ(;´∀`)
かき丼のかきも濃厚で贅沢な味だのう(;^ω^)

DSC00949
13時30分、厚岸の霧多布岬に到着(´・ω・`)
灯台名は、なぜか、湯沸岬灯台で、名前が違うな

DSC00950
岬の先端にむかうぬ(´・ω・`)

しかし、風の強さが半端ないな
台風みたいな風だ

DSC00951
霧多布岬の先端が見えたぬ(´・ω・`)
いいところだなあ

DSC00952
奥を進むぬ(´・ω・`)
今は枯れてる両側の草も、夏になると青々として綺麗なんだろうなあ

DSC00953
柵がある中では、先端に到着(´・ω・`)
なにやら、歌が書かれてる
松浦武四郎って、誰だろう(・ω・ )モニュ?
地元の著名人なんだろうか

DSC00954
柵を越えて奥をいってみる(´・ω・`)

DSC00956
立ち入り禁止の看板があるぬ(´・ω・`)
これ以上はいけないようだ

DSC00958
風はめちゃつよくて、じっと立っていられないくらい
海もすごく荒れてるぬ(´・ω・`)

DSC00955
岬の先端には小島があるぬ(´・ω・`)
白いものがぽつぽつ見える

DSC00957
望遠で見てみる
白いのは、海鳥らしいな(´・ω・`)
風が強いのに、じっとしてる

DSC00960
岬の左側、根室側か
黒い崖が荒々しく
切り立った海岸がずっと続いているぬ(´・ω・`)
遠くに浜中湾の対岸が見えるぬ

DSC00962
右側、釧路側は、やさしい表情の
ブラウンの枯れた野草の緩やかな海岸が
遠くまで続いているぬ(´・ω・`)
夏にまた来て見たいぬ

続く

LCCで行く道東の旅③2013.04.14

さて、霧多布岬から、今夜予約してた
川湯温泉のホテルへ向かうぬ(´・ω・`)

DSC00980
国道44号線から国道を243号線を
弟子屈方面に向けてドライブ(´・ω・`)

DSC00963
この道路は、ほとんど信号もなく、まっすぐな道が続くぬ(´・ω・`)
赤白の下矢印の標識は、雪の中でもわかるような道端のサインだな

DSC00965
地平線まで、どこまでも、道が続く(´・ω・`)
ときおり民家が見える

DSC00979
進んでも進んでも、道がまっすぐだぬ(´・ω・`)

DSC00964
広い平原だぬ(´・ω・`)
雪はほとんど溶けてたぬ

DSC00971
ここは、牧場かな(´・ω・`)
整地したような跡があるぬ
しかし、北海道は広い台地だねえ(・∀・)

DSC00981
なんもない大地が広がるぬ(´・ω・`)

DSC00972
木は枯れ木だけど、下草は生えてきてるところも
あるようだぬ(´・ω・`)
春だねえ(・∀・)

DSC00966
途中、みかけた放棄された無人の牧場(´・ω・`)
農場経営は大変なんだろうな

DSC00968
こっちは、ちゃんとしてる農場(´・ω・`)

DSC00970
ときどき、こういうのが積んであるのが見える(´・ω・`)

DSC00975
牛がいたぬ(´・ω・`)

DSC00976
大きなサイロの牧場(´・ω・`)
牛もいるぬ

DSC00978
牛横断注意(;´∀`)・・・うわぁ・・・

DSC00982
北海道らしい標識(´・ω・`)
しかし、鹿は一度しかみかけず、
さっさと逃げられて写真が取れなかったぬ(´・ω・`)ショボーン

DSC00984
2時間ほど、ドライブして、川湯温泉駅到着(´・ω・`)

DSC00985
木彫りの熊がホームで列車を待ってたぬ(´・ω・`)

DSC00986
煙を噴いてる硫黄山が見える(´・ω・`)
白い木は白樺の木かな
ここでは、雪が結構残ってるぬ

DSC00987
5時、今夜宿泊するKKRかわゆに到着(´・ω・`)

ちなみに、KKRとは、国家公務員共済組合連合会の略だぬ  豆

続く


LCCで行く道東の旅④2013.04.15

さて、チェックインして、今夜のねぐらへ(´・ω・`)

DSC00988
和室だったぬ(´・ω・`)
特別広くは無いが、一人だと丁度いい広さだぬ
2食付一泊7900円
食事から戻ったら布団が敷かれていたぬ

DCIM1055
ちょい部屋でくつろいだあと、さっそく夕食だぬ
これは先付け、刺身、いろいろ(´・ω・`)

DCIM1056
先付けとかの最初の膳、食べきる前に
さらに追加で、きたぬ(´・ω・`)
魚はニシンの煮付け
パイの蓋のは、小エビや蛸とかのスープだったぬ
鍋は、ホタテとか色々
インパクトのある一品はなかったけど、
種類と量が多くて、普通にうまかったぬ(;´∀`)

DCIM1057
さらに天麩羅がきたぬ(;^ω^)
お酒は、地酒の摩周湖焼酎をロックで(;´∀`)
強かったが、すっきりした口当たりで、いい酒だった
おなかいっぱいになったぬ、満足満足( ・∀・)

DCIM1053
半露天の温泉は、掛け流し
溢れた湯がそのまま湯船の縁から捨てられてて、
それ以外に、どこにもパイプの回収口がないから
掛け流しなのは間違いないぬ
夜中にいつでも入れるので、湯量は豊富らしい
外の風景に風情は無いものの、
やや濁りのある強酸性のトロトロした感触で、いい湯ですた( ・∀・)

眠くなったんで寝るぬ (つ∀-)オヤスミー


DCIM1060
ご飯味噌汁鮭野菜デザートのオーソドックスな朝食だったぬ
明太子がうまかったぬ(;^ω^)

今日はよく晴れてるんでドライブ日和だな
すぐにチェックアウトし、出発したぬ(・∀・)

DSC00997
有料の摩周湖第一駐車場に到着(´・ω・`)
この奥の無料の第二第三駐車場には通行止めでいけなかったぬ

DSC00991
摩周湖は今回で3回目
一回目は雨と濃霧で何も見えない摩周湖
二回目は快晴の晩夏の摩周湖
今回は、氷のはった摩周湖

DSC00989
ところどころであるが、氷が張った摩周湖も味があるぬ(;^ω^)

DSC00993
湖の右側(´・ω・`)
氷がよく張ってるぬ
側面には雪が積もってる

DSC00994
第一駐車場にて、摩周湖の反対側に見える阿寒の山々(´・ω・`)
中央の富士山のような山は、雄阿寒岳らしい
雪を頂く山々は、雄大な景色だのう(;´∀`)

続く

LCCで行く道東の旅⑤2013.04.15

摩周湖の次は、屈斜路湖に向かったぬ(´・ω・`)

DSC00999
30分ほど走って、屈斜路湖の和琴半島に到着(´・ω・`)

DSC00998
広い湖で、ここも湖面に氷がところどころ残ってるぬ(´・ω・`)


DSC01004
和琴半島を一周してみる(´・ω・`)

DSC01005
山道になったぬ(´・ω・`)
倒れた木をまたいで進む

DSC01007
小屋があったぬ(´・ω・`)

DSC01006
小屋の中は、温泉だった(´・ω・`)
いい温度の湯だったけど、入らなかった(;・∀・)

DSC01008
和琴半島の先端(´・ω・`)
木々の隙間に、氷が張った屈斜路湖が広がる

DSC01011
噴煙を上げてる茶色に焼けた岩肌
オヤコツ地獄というらしい(´・ω・`)
屈斜路湖は火山の噴火口のカルデラ湖であることを
思い起こさせる

DSC01013
遊歩道に雪が積もってる(´・ω・`)


DSC01015
橋をわたる(´・ω・`)

DSC01020
どこまでも雪が積もってる(´・ω・`)
どこがどこまでが遊歩道か判らん:(;゙゚'ω゚'):

DSC01017
積もってる雪は新雪らしく、柔らかく結構深い
足の中が冷たくなってきた

DSC01022
木が倒れてる(;´∀`)・・・うわぁ・・・
割け口が新しいんで、最近倒れたばかりじゃないかな

DSC01023
雪がなくなってくれたε-(´∀`*)ホッ

DSC01025
この辺の湖面は流氷見たく凍ってるぬ(´・ω・`)

DSC01029
遊歩道が続く(´・ω・`)
木々に葉がないので、明るい
夏場になれば葉っぱが太陽を遮って薄暗い遊歩道だろうな

DSC01030
よく晴れてる(´・ω・`)

DSC01031
小さな神社があったぬ(´・ω・`)

屈斜路神社と書いてある
丸太をそのまま使った鳥居は味があるぬ

DSC01034
露天風呂があったぬ(´・ω・`)

DSC01033
足湯として入ったぬ(´・ω・`)
足が雪で冷えたので、丁度良かった
正味一時間の散歩で、雪道を堪能できたぬ(;^ω^)

さて、クルマに戻るか

続く
ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ