2012.9.30会津・栃木・群馬

喜多方2012.9.30

夜中1時ごろに出発して、途中仮眠、休憩いれながら、
昼12時に喜多方到着(´・ω・`)

DCIM0692
台風17号が近づいているようでつが、
いまんところ、まあまあの天気ですた(´・ω・`)
これは8時ごろ、東北道のどこかのPAの空

DCIM0695
喜多方といえば、喜多方ラーメン(´・ω・`)
人気店なのか、並んでいまつ( ´・∀・`)
並ぶのは('A`)マンドクセなので、他の店にしまつ

DCIM0698
なんとなく、良さそうなので、ここにしまつ(´・ω・`)

DCIM0697
チャーシュー麺にしますた(´・ω・`)
さっぱりとした昔ながらという味で、旨かったでつ( ・∀・)
800円

DCIM0700
ラーメン食べたあと、ちょっと散歩して、神社を発見(´・ω・`)
なかなか重厚な佇まいでつ。風情があるぬ
北宮諏方神社というそうでつ

DCIM0702
神社の隣にあった会津信用金庫(´・ω・`)
喜多方は蔵の街いうだけあって、信金の建物も、蔵のデザインなようでつ





磐梯山・猫魔ヶ岳2012.9.30

喜多方からは、磐梯山の麓に移動(´・ω・`)

DCIM0704
道の駅ばんだいで、がりがり君を食べたぬ(´・ω・`)
( ゚Д゚)ウマー

DSC00055
磐梯山ゴールドラインを走ってる途中で見かけた幻の滝の看板(´・ω・`)
ちと、いてみるか(;・∀・)
熊が出るらしい (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

DSC00054
これが、幻の滝(´・ω・`)
流れがちょろちょろというか、ほとんど枯れてるぬ
だから幻なんだなと勝手に納得(;・∀・)

DCIM0711
磐梯山登山口の八方台駐車場に到着(´・ω・`)
磐梯山はきつそうだけど、反対側のの猫魔ヶ岳なら、なんとか登れるかな
高低差200mくらいだし
猫魔という名前もおもしろそうだぬ

DCIM0705
さっそく、登ってみるぬ(´・ω・`)
道はちゃんとしてるので、さほど難しくはなさそうだぬ

DCIM0706
15分くらい歩いて、中間の1キロ地点(´・ω・`)
登山口から山頂は2キロ
結構疲れてきたぬ(´ヘ`;)

DCIM0709
さらに、19分歩いたら視界が開けてきたぬ( ・∀・)
雲をかぶった磐梯山が見えるぬ
下の磐梯山に比べ、高さが同じ感じになったように見える

DSC00052
こっちは、麓から撮った磐梯山(´・ω・`)

DCIM0710
猪苗代湖が全体見える(´・ω・`)
天気が悪くなってるんで、霞んでるけど

DCIM0708
目標の猫魔ヶ岳(´・ω・`)
まだ、あんな先なのかあ(´ヘ`;)
台風が近づいてるし、ここで辞めとくかと思い
引き返すことにすた(´-ω-`)
クルマに戻ってしばらくしたら、雨が降ってきたぬ
戻る途中で降られなくってヨカタε-(´∀`*)ホッ

DSC00057
磐梯山SAで車中泊(´・ω・`)
山歩きで疲れたんで爆睡したぬ

会津~白根2012.10.1

車中泊した磐梯山SAから、とりあえず移動
さて、どこへ行こうかぬ(´・ω・`)

DSC00058
磐越道五百川PAで、夜明け(´・ω・`)
トラックがいっぱい
このトラック群が日本の物流を支えているぬ

DCIM0713
おなかすいたので、
下道におりて、店を探す(´・ω・`)
須賀川でマックを見つけて、
久しぶりの朝マックだぬ
コーヒーとソーセージエッグマフィン
220円

DCIM0714
東北道に戻り、宇都宮方面へ(´・ω・`)
マックのマフィンじゃ足りず
大谷PAで二回目の朝飯(;^ω^)
海老天うどん500円

DCIM0722
日光道、いろは坂を抜けて、
華厳の滝到着(´・ω・`)
前見たのは、中学生だったかな
ちょい見てみるかぬ(((^^;)

DSC00062
昨日の幻の滝に比べて、
落差も大きくて勢いもいいのう(´・ω・`)
紅葉してればなあ

DCIM0723
朝の中禅寺湖(´・ω・`)
静かだぬ

DCIM0725
戦場ヶ原(´・ω・`)
名前に反して古戦場跡という訳ではないぬ

DSC00065
白根山ロープウェイ近くの茶屋
部分的に紅葉してたぬ(´・ω・`)

DCIM0732
白根温泉薬師の湯、到着(´・ω・`)
11時40分
立ち寄り湯で入るぬ
700円

DCIM0730
客は自分一人だけ(´・ω・`)
ゆくり入れたぬ
お湯は無色透明無臭のアルカリのスベスベタイプ
いい湯だったぬ( ^∀^)

DCIM0729
露天風呂から見上げた空(´・ω・`)
台風一過の青空だぬ(^-^)

法師温泉2012.10.1

白根温泉薬師の湯に入ったあと、もひとつ温泉めぐりでつ(´・ω・`)
前から行きたいと思っていた温泉でつが、
群馬県みなかみ町にありまつ法師温泉長寿館にいってきますた( ・∀・)
白根から1時間半のドライブでつ(;^ω^)

DCIM0735
1時25分に到着(´・ω・`)
舗装はされてまつが、
やや見通し悪い山道を10分くらい走る山奥にありまつ
立ち寄りの受付終了が1時30分と随分と早く
まじ、ぎりぎりですたε-(´∀`*)ホッ
ここは、旅館の建物自体に風情がありまつ(・∀・)
昔の郵便ポストがいい感じでつ

DCIM0734
これは、たぶん、客室部分かな(´・ω・`)
歴史が感じられて、なかなか、いい感じでつ
お風呂の画像は撮影出来なかったので、うぷできないでつが
立ち寄りでも入れる法師の湯(混浴)に入りますた
明治大正な雰囲気の風情のある内風呂で、
お湯も長く入れる、ちょうどいい温度のいい湯ですた( ・∀・)
入浴料は1000円と高いでつが、一度は入ってみる価値はありまつ

DCIM0736
旅館の脇を流れる小川(´・ω・`)
なかなか綺麗でつ
また、来たいでつ( ^∀^)


名胡桃城址2012.10.1

法師温泉に行く途中、月夜野インター降りて
ちょい走ったあたりで、見かけた名胡桃城跡(´・ω・`)
どこかで聞いたことがあるなあ
司馬遼太郎あたりの小説で見たのか
確か、真田昌幸あたりの城だったなと
思い出して、法師温泉からの帰りに寄りますた( ・∀・)

DCIM0741
林ぽくなっているのが、本丸跡(´・ω・`)
手前の雑草が生えているところが、二の丸だぬ
山城という記憶だったんだけど、
国道17号から見ると、さして山ではないぬ
ちょい本丸跡の林の中へ進んでみようとしたら、
突然、お爺さんが話しかけてきて、なにやら城の解説を始めたんだぬ
ボランティアで、ガイドみたいなことをしているらしい

DCIM0738
本丸跡(´・ω・`)
公園のような感じになってるようだぬ
手入れはよくされてる感じ。あの爺さんがやってるのかな

DCIM0740
城址の碑(´・ω・`)
生えてる木々は結構高さがあるぬ

DCIM0739
本丸跡から見た名胡桃の里(´・ω・`)
真田昌幸幸村親子も、これを眺めていたんだろうか
国道側からだと、大した山じゃないなと思っていたが、
里から見ると、結構な高さにあるようだぬ
崖のようになっている(・∀・)

DCIM0742
名胡桃城跡そばにある城跡案内所兼休憩所(´・ω・`)
ただでお茶が飲めてトイレもあるぬ
さっきの爺さんが、この中にあるノートに訪れた記念の署名してくれいうから
|ω・`) 松戸 ◆YVMSCB45BQの名前で署名したぬ(;´∀`)

ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ