2014.2オホーツクの旅

オホーツクの旅①20140201

2月に4連休が取れたので、
冬の道東・オホーツクを旅しようと思うぬ(´・ω・`)
流氷が見れたらウレシイな(・∀・)

IMG_20140201_103047
夜勤明け、職場から直行し、10時半、羽田空港に到着(´・ω・`)
まずは手荷物を預けるぬ

今回は、いつもの格安LCCでなく、ANAだぬ
LCCを利用して新千歳から真冬の北海道の道路を長距離走り、
道東に行く自信がなかったので、
直接道東の中標津空港に直行できるANAを採用したぬ

費用は、ANAの旅作で、
行きは羽田→中標津、帰りは紋別→羽田
初日のウトロの温泉旅館一泊をパッケージして、3万円だぬ
高いような、意外にそうでもないような(´・ω・`)

DSC_0061
出発の12時05分に、まだ時間の余裕があったんで、
第二旅客ターミナルの展望デッキで、空港を眺める(´・ω・`)
ここのターミナルはANAが多いんだな
第二は羽田空港の東側なんで、残念ながら富士山は見えない
第一だったら見えるかも

DSC_0063
時間になったので、保安検査場へ(´・ω・`)
一番端のDゲートだぬ
羽田空港は結構広くて、結構歩くぬ

IMG_20140201_115047
ANAの搭乗ゲートだぬ(´・ω・`)
ここも、えらく遠くて、やたら歩いたぬ

早速搭乗案内だぬ(;・∀・)

アテンダントのスカーフがオシャレだの

IMG_20140201_123438
着席、LCCには無いヘッドフォンがあるぬ(´・ω・`)
シートも、広々してるのう

IMG_20140201_122320
定刻10分遅れで離陸(´・ω・`)
羽田空港と東京湾が眼下に見えるぬ

IMG_20140201_130844
しばらくして、高度安定飛行へ(´・ω・`)
雲海がきれいだのう

IMG_20140201_125743
LCCには無い、お茶のサービス(´・ω・`)
アップルジュースを頂いたぬ
LCCには無い液晶テレビもあるのう

DSC_0066
昼時だったんで、あらかじめ空港で買っておいた
お弁当も食べるぬ(・∀・)
機上のランチはうまかったぬ(;^ω^)

IMG_20140201_133345
13時半、道東の海岸が見えてきた(´・ω・`)
たぶん、釧路か厚岸あたりかな

IMG_20140201_134108
道内へ(´・ω・`)

雪がおりなす格子模様がおもしろいな(・∀・)

IMG_20140201_135154
13時50分、中標津空港に到着(´・ω・`)
やっぱり雪が積もってるなあ

IMG_20140201_140158
手荷物受け取り、レンタカー屋と合流(´・ω・`)
羽田からの到着客と羽田行きの搭乗客がいるせいか
人が多くて賑やかだぬ

IMG_20140201_140425
レンタカー屋の送迎車で営業所へ(´・ω・`)
あわただしく中標津空港を後にするぬ

レンタカーは、いつもの軽が借りられなくて、
マツダのデミオを借りたぬ
3日間で、紋別空港への乗り捨て、あと営業補償の保険もいれて
2.1万円だぬ

DSC_0067
早速、ドライブ(´・ω・`)
道路は、ぜんぜん雪が無いな、なんだ、楽勝やん

DSC_0068
道路の状況が意外に良かったので、
野付半島を寄り道することにするぬ(´・ω・`)

DSC_0069
さすがに、野付半島の道路は、雪があるな(´・ω・`)
ちと、走りにくい

DSC_0071
白く凍結した野付湾
海が凍るなんて、さすがに北海道だなあ( ・∀・)
歩けるんだろうか

DSC_0072
エゾシカもいたぬ(´・ω・`)
のどかだねえ

DSC_0077
道道の一番は端までいったぬ(´・ω・`)
このさきは一般車は進入禁止なので、歩いてみるぬ

DSC_0074
灯台が見えるところまで、歩いてみた(´・ω・`)
海が見えるところまで行きたかったけど、
工事してるので辞めといたぬ
引き返そう(´ヘ`;)

DSC_0081
途中見えていた、野付半島ネイチャーセンターまで
引き返したぬ(´・ω・`)
ここは、昔、来たことがあるぬ

DSC_0079
ネイチャーセンターから見える野付半島(´・ω・`)
まだ15時半なのに、もう日暮れな雰囲気だぬ
凍結した海が広がってるねえ

さて、夜6時までにウトロの温泉旅館に
行かないといけないので、もとの国道へ戻ろう(´・ω・`)

DSC_0082
戻る途中で見えた、氷上を歩くエゾシカの群れ(´・ω・`)

DSC_0083
途中見かけた、ナラワラという、ミズナラの立ち枯れた森(´・ω・`)
大自然の風情があるねえ

DSC_0085
国道244号に戻り、斜里・網走・ウトロ方面へ(´・ω・`)
ちょっと路上が凍ってるところがあり、
すすめば進むほど、滑りやすくなってきた

DSC_0086
4時過ぎ、国道244号・根北峠に入る手前で見た夕日(´・ω・`)

きれいだなあ( ・∀・)

(続く)

オホーツクの旅②20140201

野付半島からの続き(´・ω・`)

DSC_0087
4時20分頃、一番心配してた
国道244号の根北峠越えだぬ(´・ω・`)
峠はさすがに雪が積もってて運転が難しかったぬ
ドリフト走行してるのかと思ってしまうほど(;・∀・)
とにかく無事故で通過しよう

DSC_0090
峠を無地通過し、5時20分すぎ、斜里に到着
ウトロに向けて国道334号を走るぬ(´・ω・`)
すっかり暗くなり、道路のコンディションも良くないぬ

DSC_0092
6時ちょい前、目的の宿に、ようやく到着(´・ω・`)
ウトロ温泉ホテル李風クラブ知床という温泉旅館
旅作の指定旅館だぬ

ピンボケすまそ

DSC_0094
チェックインし、和室を案内されたぬ(´・ω・`)
オシャレなテーブルだな
すぐ食事にしたぬ

DSC_0095
食事の部屋にいったら、いろいろ並べられていたぬ( ・∀・)
うまそうだぬ

DSC_0097
松花堂風の先付けだぬ(´・ω・`)
食前酒と、蟹のつめとタコの酢物、鮭のいずし、
鮭の白子のゆず味噌といろいろだぬ(・∀・)

DSC_0106
飲み物を聞かれたんで、
しれとこの水(純米吟醸)を頼んだぬ(´・ω・`)

DSC_0096
さっそく、しれとこの水という日本酒がきたぬ(´・ω・`)
お刺身をつまみに、ちびちびと
ただ知床の地酒でなく、なぜか、
旭川と札幌の間にある新十津川町の酒蔵のお酒だそうだぬ
辛口で、刺身にあったぬ( ^▽^)

お刺身は、ぶり、つぶ貝、タコ、海老だぬ(・∀・)
ぶりとつぶ貝が美味かったぬ

DSC_0100
つぶ貝の煮物だぬ(´・ω・`)
煮ても美味いのう

DSC_0099
自分で揚げる天麩羅だぬ(´・ω・`)
左につけて、自分で揚げる
左から三番目のゆりねというのは初めて食べたぬ(;^ω^)
右から3番目はチーズだけど、
天麩羅で食べるのは初めてだったぬ
一番右は知床地鶏の大葉巻きだぬ

DSC_0104
こんな感じで(´・ω・`)

DSC_0103
抹茶塩につけて食べる(´・ω・`)
うまうま( ・∀・)

DSC_0101
メインの秋鮭のバター焼きだぬ( ・∀・)
うまし

DSC_0107
ご飯と蟹の味噌汁(´・ω・`)

DSC_0108
アイスと苺のデザート( ・∀・)

おなかいっぱいだぬ(;^ω^)

DSC_0109
温泉は内風呂だったぬ(´・ω・`)
ちょっと風情はいまいちかな
お湯そのものは、炭酸水素塩泉で、すべすべしたお湯だったぬ

露天風呂は予約制で夜9時に予約してたんだけど、
寝すごしてしまった(´・ω・`)ショボーン

内風呂は24時間入れるので、目が覚めた夜中に入ったぬ

DSC_0113
6時半に目が覚めたぬ(´・ω・`)
外を見たら、なんか流氷ぽいのが見えたぬ




DSC_0120
早速、海岸を散歩したぬ( ・∀・)
昨日、流氷がきてたぽいな
流氷の子供みたいのが、打ち上げられてるぬ

DSC_0117
赤い灯台が見えるウトロ港の方向を見ても
一度流氷がきて、そして一晩で去ってしまったという感じだな(´・ω・`)

DSC_0114
遠くの水平線沿いに流氷の白い本体がかすかに見えるぬ(´・ω・`)
接岸した流氷見たかったなあ
(´・ω・`)ガッカリ・・・

DSC_0122
気を取り直して、宿に戻って、朝食にしたぬ(´・ω・`)
どれも美味いのう( ^∀^)

DSC_0115
宿をチェックアウト(´・ω・`)

さて、今日はどんなドライブになるのかな+(0゚・∀・) + ワクテカ +

(続く)



オホーツクの旅③20140202

ウトロで宿泊の続き(´・ω・`)

DSC_0125
ウトロ港に寄ってみたぬ(´・ω・`)
蓮の葉の形をした子供の流氷が港にたくさん取り残されていたぬ
これの大きいのを見たいもんだぬ

DSC_0126
港に、雪で出来た流氷神社があったぬ(´・ω・`)
なかなか、うまく出来ているなあ

DSC_0123
この港からオホーツク海を見ても、
流氷の本体は、水平線の彼方だぬ(´・ω・`)ショボーン

DSC_0127
ウトロのオシンコシンの滝だぬ(´・ω・`)
真冬は凍結してるのかなあと思ってたが、
勢いよく流れているぬ

DSC_0132
ウトロから国道334号を美幌方面へ(´・ω・`)
斜里以降は、ところどころ雪があるものの、
たいていのところは除雪はよくされているようで、割りに走りやすいぬ

DSC_0128
国道から見えた標津岳(´・ω・`)
雄大だのう

DSC_0133
12時半、美幌に到着(´・ω・`)
ここでランチにするぬ
人気店らしく、20分ほど待ったぬ

DSC_0134
何を食べようかなあ(´・ω・`)
やっぱ、ステーキランチにするかな
牛ロースステーキ、50gアップをヽ(´ー` )ノ下さい

DSC_0135
やっぱ肉は美味い脳(;^ω^)
うまうま

DSC_0136
食後のコーヒーだぬ(´・ω・`)

ちと、疲れたので、近くのドラッグストアの駐車場で
しばらく昼寝したぬ
軽い風邪を引いてしまったので、風邪薬も買ったぬ

DSC_0147
疲れがとれたので、とりあえず、
国道39号線を網走方面へクルマを走らせたぬ(´・ω・`)

DSC_0139
3時ごろ、途中、女満別空港に寄ってみたぬ(´・ω・`)
駐車してるクルマは多いようだの

DSC_0140
手前にANAのカウンター、奥にJALのカウンターがあるぬ(´・ω・`)

DSC_0143
昼間3時以降に、4便あるぬ(´・ω・`)
まあまあ、あるほうだな

DSC_0142
展望デッキからの風景(´・ω・`)
JALとANAが一機づつ駐機していたぬ

ちょっと曇ってきたなあ(´-ω-`)

DSC_0144
夕方4時半、網走湖で夕日だぬ(´・ω・`)
網走湖はわかさぎ釣りで有名らしい
どこかに釣り場があるんだろうな

DSC_0150
ここの湖は、全面凍結してるぬ(´・ω・`)
ただ、油断してると、氷は割れる薄さだったぬ

DSC_0152
JR北海道・石北本線が走っていたぬ
この線路の踏切を渡る(´・ω・`)

DSC_0154
今夜、宿泊する、温泉旅館もとよしに到着(´・ω・`)
宿代は、2食付で4700円だぬ

DSC_0155
部屋は三畳で狭いけど、漏れ的には十分だぬ(´・ω・`)

DSC_0157
夕食だぬ(´・ω・`)
揚げ物、刺身、酢の物、サラダ、ひととおりあるぬ
金平とか、家庭料理的で、うまかったぬ( ・∀・)
4700円を考えると、なかなか、良かったな

DSC_0156
飲み物を聞かれて、地酒がないか
聞いたら、この大雪の蔵という日本酒を持ってきたぬ( ・∀・)
旭川の地酒らしい
辛口で、すっきりした口当たりの純米酒だぬ(;^ω^)

IMG_20140202_182123
野菜たっぷり、つみれ鍋だぬ
出汁がきいてて、そのまま頂いたぬ( ・∀・)

DSC_0158
温泉は、透明の弱アルカリ泉で、
トロトロした感触のお湯だったぬ( ・∀・)
内湯だけで、風情はなかったぬ

DSC_0161
朝飯は7時に頂いたぬ(´・ω・`)
ホッケの塩焼きが出てきたので、驚いたぬ
北海道のホッケはうまいのう(・∀・)
できれば、ホッケは夕食で、つみれ鍋は朝で、欲しかったかな

さて、今日は何処へ行こうかのう

(続く)

オホーツクの旅④20140203

網走湖の宿泊の続き(´・ω・`)

DSC_0162
チェックアウト後、網走湖に寄ってみた(´・ω・`)
ここが、ワカサギの釣り場か

DSC_0163
結構、広いのう(´・ω・`)
テントがいくつか張っているぬ
寒くないんかな

DSC_0164
これが釣り穴か(´・ω・`)
次回、真冬に来たら挑戦するか

DSC_0165
網走市内を経由し、道道76号を能取岬へ(´・ω・`)

DSC_0170
8時半、能取岬に到着(´・ω・`)
開拓時代を感じる灯台だぬ

DSC_0167
能取岬の先端(´・ω・`)
去年の6月にも能取岬寄ったんだが、そのときは、
腰くらいの雑草がびっしり生えていて
この先端まで行けなかったな(;・∀・)

能取岬は、流氷見るのに有名な岬なんだぬ
残念ながら青いオホーツク海しか見えないのう(´・ω・`)ショボーン

DSC_0172
すこし、雪の中を歩いて、岬を横から見るポイントへ(´・ω・`)
6月とは、違う趣きだのう
夏より真冬の方が風情があるなあ( ・∀・)

DSC_0173
この雪の大地の向こうにある海岸には、
アザラシの群生地があるらしいが、
やめておこう(´・ω・`)

DSC_0174
再び、道道76号を能取湖方面へ(´・ω・`)

オホーツク海を横目にドライブ(・∀・)

DSC_0177
右手に、凍結した能取湖が見えてきたぬ(´・ω・`)

DSC_0180
能取湖から、国道238号に入る(´・ω・`)
国道は除雪されてるぬ

サロマ湖方面へドライブ(・∀・)

DSC_0177
凍結したサロマ湖が見えてきた(´・ω・`)

DSC_0183
9時半、パーキングで休憩(´・ω・`)
サロマ湖全景だぬ
絶景だのう( ・∀・)
エゾシカぽい足跡が見えるんで、歩けるぽいな

DSC_0184
サロマ湖は全部凍結してる訳でなく、
海に近い部分は水面だぬ(´・ω・`)

ここは、その境界線(・∀・)

DSC_0187
国道から、サロマ湖の左側の先端、龍宮台岬方面へ(´・ω・`)
北海道らしい、真っ直ぐの道だぬ

DSC_0193
11時40分、龍宮台展望台到着(´・ω・`)
階段が雪に埋もれてる

DSC_0192
展望台からオホーツク海を見る(´・ω・`)
流氷コネ━━━━(。A。)━━━━ii

DSC_0190
岬の方向を見る(´・ω・`)
まだまだ先があるんだが、
一般車はここまでしか行けないんだぬ
遠くに灯台が見える

DSC_0188
このように、これより奥は進入禁止(´・ω・`)

DSC_0196
再び、国道238号を北上、紋別方面へ(´・ω・`)
途中、メガソーラー発電所を見かけたぬ

DSC_0197
サロマ湖から一時間走り、12時40分、紋別市に到着(´・ω・`)
ここでランチにするぬ
安くて美味いと山形山師さんにお勧めされた、あずまという店だぬ

DSC_0201
ランチ500円、安っ(´・ω・`)
海鮮ランチを頼んでみよう

DSC_0198
海鮮ランチだぬ(´・ω・`)
刺身、何かわからんのもあるけど、地の物ぽいな
これで500円は安いなあ
うまうま( ・∀・)
これを肴に酒呑みたいなあ
次回は、夜行ってみよう

DSC_0202
紋別港にあるガリンコ号のりばへ(´・ω・`)
流氷無いけど、いちおー船だけでも見てくるか

DSC_0203
船で沖合いまで行っても、流氷見えないんだなあ(´・ω・`)
残念、乗るのは辞めよう

DSC_0231
ターミナル内にラーメン屋がある(´・ω・`)

せっかくだから、ラーメン食べよう
オホーツクラーメンヽ(´ー` )ノ下さい

DSC_0233
窓にはガリンコ号が見える(´・ω・`)

DSC_0232
ラーメンきたきた(´・ω・`)
蟹つめには、大きな身もあったぬ( ・∀・)
ホタテもうまうま

DSC_0230
真っ赤なガリンコ号を、よく見てみた(´・ω・`)
なんか漫画ぽいスクリューがいいねえ
接岸した流氷をガリガリ進むのを見たいもんだな

(続く)



オホーツクの旅⑤20140203

ガリンコ号の続き(´・ω・`)

DSC_0205
ガリンコターミナルの近くにある
オホーツクタワーに行ってみたぬ(´・ω・`)
かなり長い桟橋を歩いて行くぬ
壁には流氷の成長の形態が彫られているぬ

DSC_0228
桟橋の一番端に到着(´・ω・`)
海の上にあるオホーツクタワーが見えたぬ(´・ω・`)

DSC_0229
ここからは、港に取り残された流氷の子供も見える(´・ω・`)
入館料800円を払いタワーに入ってみるぬ

DSC_0223
最初は海底階の地下3階に行ってみた(´・ω・`)

ここは、紋別の海底が見えるんだけど、
濁っててよく判らん(´・ω・`)
思ったほどオホーツクの海は綺麗じゃないんだな

DSC_0208
ここでは、流氷の天使と呼ばれてるクリオネが見られるぬ(´・ω・`)
あと、紋別で採れる色々な魚が展示されてるぬ

DSC_0209
きんきの煮付け、食べたいのう(´・ω・`)

DSC_0210
カレイのから揚げ、食べたいのう(´・ω・`)

DSC_0215
これは食べたくないな(´・ω・`)
めがねかすべという魚らしい
なんか、ふざけてる顔?してるな:(;゙゚'ω゚'):

DSC_0212
ホッケの塩焼き食べたいのう(´・ω・`)

DSC_0217
くろそいの刺身食べたいのう(´・ω・`)

DSC_0218
これは食べたくないな(´・ω・`)
おおかみうおとかいう魚らしい
ぐろいな(´-ω-`)

DSC_0222
赤紫ウニとバフンウニ、あとホタテだぬ(´・ω・`)
食べたいのう

DSC_0224
毛蟹食べたいのう(´・ω・`)

DSC_0225
今度は3階に上がったぬ(´・ω・`)
ここは、展望フロアで、喫茶店もあるぬ
高さ的には大したこと無いけど、見晴らしはいいぬ
残念ながら、やはり、流氷は全く見えない

DSC_0227
紋別の港町が見える(´・ω・`)
ガリンコ号が戻ってきたようだぬ
オホーツクタワーへの桟橋は、こうしてみると、かなり長いな

DSC_0234
車を停めた駐車場に戻り、雄武方面へ(´・ω・`)
去年泊まって、蟹づくし食べた紋別プリンスホテルが見える

DSC_0235
国道238号を北上するぬ(´・ω・`)
右手にオホーツク海見える

DSC_0236
路面のコンディションは悪いぬ(´・ω・`)
スリップしやすい
下↓の標識、こういう冬のときに、意味がわかるのう

DSC_0237
雄武町で、町道に入り、日出岬に向かうぬ(´・ω・`)

DSC_0238
4時すぎ、今夜宿泊の温泉ホテル、
ホテル日の出岬、到着(´・ω・`)

DSC_0240
チェックインして、部屋でしばし休息(´・ω・`)
一泊2食1.1万円だぬ
窓からはオホーツク海がよく見える

DSC_0261
このホテルは、ちと高いけど、
ここは雄武町なんで、
このホテルに宿泊して、紋別空港から羽田に帰ると、
5千円キャッシュバックされるんだぬ
雄武町がやってる紋別空港利用促進助成事業らしい

DSC_0244
さっそく、温泉入ったぬ(´・ω・`)
オホーツクを一望できる露天風呂があったぬ
もう日没だのう
お湯は、透明の強塩化物泉で、
温まりやすい湯冷めしにくい湯だぬ

DSC_0248
温泉のあと、食事処で夕飯にしたぬ(´・ω・`)
飲み物聞かれたので、韃靼蕎麦焼酎・雄武を頼んだぬ
雄武町の蕎麦で作った焼酎らしい

DSC_0246
焼酎と、サーモン、ホタテ、赤みの刺身、
卵蟹豆腐、鯖の酢漬けがきたぬ( ・∀・)
刺身を肴にちびちと焼酎をやるぬ

DSC_0247
しばらくすると、カレイのから揚げと
海老とかの昆布煮が来たぬ( ・∀・)
カレイのから揚げは、身と骨、
分けて揚げてあるらしく、食べやすいぬ
骨は全部食べられるぬ
カレイまじうめえ( ^∀^)

DSC_0249
つみれ鍋と炊き込みご飯、味噌汁だぬ(´・ω・`)
焼酎飲んでしまったので、網走ビール流氷ドラフトを頼んだぬ
紫色のビールで、なんとなくブドウの香りがするぬ
変わってるな(;・∀・)

DSC_0250
デザートのアイスクリームだぬ(´・ω・`)

ご馳走様ですた(・∀・)

さて、寝るか (つ∀-)オヤスミー

(続く)
ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ