2013.11山形の旅

山形の旅①20131109

秋深まる11月、3連休があったんで、山形を旅したぬ(´・ω・`)

DSC02725
上野駅の新幹線地下ホーム(´・ω・`)

12時14分発の山形新幹線・つばさ137号に乗るぬ(・∀・)

DCIM1325
窓際の指定席に座り、ちょうど昼時なんで、
早速上野駅で買った駅弁・東北海鮮ちらし1000円を頂く( ・∀・)
且⊂(゚∀゚*)ウマー

DSC02728
車窓の風景も、紅葉がちらほら見え出した(´・ω・`)
米沢が近いぬ

DSC02735
14時半、米沢駅に到着(´・ω・`)
早速、上杉神社方面へ歩くぬ

DSC02763
10分ほど歩くと、大きな川を橋で渡る(´・ω・`)
『五月雨を集めてはやし最上川』だぬ
奥にみえる山は、最上川の源流があり、
米沢八湯の秘湯もある吾妻山系の山々(;^ω^)

DSC02736
途中のお寺に、真っ赤なモミジを見つけたぬ( ・∀・)
綺麗だなあ

DSC02737
『東光の酒蔵』(´・ω・`)
今回まずは、ここを訪れようと思うぬ

DSC02738
きよえ食堂という店で左へ曲がる(´・ω・`)

DSC02740
酒屋さんかな(´・ω・`)
時代というか、風情がある酒屋さんだなあ

DSC02742
30分ほど歩いて、東光の酒蔵到着(´・ω・`)
入場券310円買って、入る( ・∀・)

DSC02756
中は旧家になってる(´・ω・`)
風情があって、お洒落だのう(・∀・)

DSC02746
大きな蔵の門があったぬ(´・ω・`)
中は酒造場になっている

DSC02745
酒樽が並ぶ(´・ω・`)
今は、ここでは作ってないそうだぬ

DSC02747
ここが試飲場か(´・ω・`)

DSC02749
無料の試飲場(´・ω・`)
6種類から選べる
全部飲むこともできるぬ

DSC02748
まずは、なせば成るというお酒を頂いたぬ(´・ω・`)

且⊂(゚∀゚*)ウマー

DSC02751
有料のもあるぬ(´・ω・`)
こっちは高めの銘柄ばかり

DSC02754
5種類全部頂いたぬ(´・ω・`)

全部で500円
(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

やっぱ、地酒はええの(´・ω・`)

さて、米沢駅へ戻るか

DSC02768
酒飲むと、なぜか、ラーメンが食べたくなるな(´・ω・`)

DCIM1327
米沢ラーメン600円(´・ω・`)

あっさり醤油味、すすり易い細めんで、
お酒のあとには丁度いいラーメンだぬ( ^∀^)

DSC02769
米沢牛と米沢ラーメンの看板が並ぶ米沢駅前(´・ω・`)
もう夕暮れだぬ

(続く)




山形の旅②20131109

米沢駅前で米沢ラーメンの続き(´・ω・`)

DSC02770
米沢駅16:31発山形行普通に乗るぬ(´・ω・`)

DSC02772
16時40分、10分遅れで来たぬ(´・ω・`)

DSC02773
ドアボタンを押して、車内に入る(´・ω・`)
ああ、地方だなあと思う

DSC02777
50分ほどで、山形駅到着(´・ω・`)
結構、時間かかったぬ
運賃820円
17時40分、すっかり夜だぬ

DSC02778
駅から東口から10分くらい歩いて、
今夜、泊まるビジネスホテル到着(´・ω・`)
ホテルα1山形だぬ
α1系列に泊まるのは、
7月にα1出雲駅前に泊まってから4ヶ月ぶりだぬ

DSC02780
チェックイン(´・ω・`)
素泊まり3千円
ブラウン管のテレビだな(;・∀・)

しばらく休んで、夕飯食いにいくか

DSC02781
駅前歩いて、夕飯、どこにしようかなあ(´・ω・`)
お客入ってるようだし、特別めちゃ高い感じでもない
ここの回らない寿司屋にするか

DCIM1330
カウンター席通されて、飲み物を聞かれる(´・ω・`)
日本酒のメニュー、いろいろあるな
昼に東光飲んだから、出羽桜・桜花・吟醸酒にするか

DCIM1331
すぐに、お通しと、出羽桜がきたぬ(´・ω・`)
出羽桜、口当たり柔らかくて、程よい辛さで旨し( ・∀・)

DCIM1332
お寿司を頼むか(´・ω・`)
一個一個頼むのめんどいので、セットを頼もう
特上寿司ヽ(´ー` )ノ下さい

DCIM1334
おっ、きたきた(;^ω^)
いろいろあるな
やはりトロが一番旨いな(・∀・)
出羽桜ちびりちびり飲みながら。ゆくり食べるぬ

DSC02782
寿司完食したけど、まだお酒残ってる(´・ω・`)
単品で何か頼もうか
黒ムツとキジハタ下さいヽ(´ー` )ノ
ああキジハタは無くなったんですか
じゃあ、黒ムツとソイヽ(´ー`)ノ下さい

DCIM1335
どっちがどっち、黒ムツ、ソイか忘れたけど、握ってくれたぬ(;^ω^)
初めて食べたけど、うまうま(・∀・)

DCIM1336
あがり頂いたぬ(´・ω・`)
3700円
満足満足( ・∀・)

DSC02779
ホテルに戻って、寝るぬ(´・ω・`)

DSC02783
6時に起きたぬ(´・ω・`)
ユニットバスの風呂入って、準備して、
2ちゃんして、7時過ぎ、チェックアウト(;・∀・)

DCIM1337
ミスドで朝食(´・ω・`)
ポンデライオン黒糖、久しぶりに食べたぬ
営業時代はよく食べたな

DSC02784
仙台と山形を結ぶ仙山線ホーム(´・ω・`)
7時55分山形発仙台行に乗るぬ

DSC02786
30分ほどで、山寺駅到着(´・ω・`)
割りに近かった

これから山寺と呼ばれてる立石寺を見てくるぬ

(続く)


山形の旅③20131110

山寺駅到着からの続き(´・ω・`)

DSC02790
駅から山寺へ向かって歩くと、天狗岩が見える(´・ω・`)
モミジの紅葉も見頃だぬ

DSC02793
石段を上ると、日枝神社(´・ω・`)
お参りしたぬ

DSC02794
芭蕉とソラの像(´・ω・`)

静けさや岩にしみいるセミの声
ここで詠んだらしい
芭蕉は夏に訪問したんだな(;・∀・)

DSC02795
山門で拝観料300円を払って、入山(´・ω・`)

DSC02796
石段を上る、結構段数あるぬ(´・ω・`)

DSC02798
石段を上っていくと、絶壁が見える(´・ω・`)

DSC02799
石壁に彫られた仏様(´・ω・`)

DSC02801
更に登っていく(´・ω・`)

DSC02833
弥陀堂(´・ω・`)
自然の石壁に阿弥陀が彫られている(´・ω・`)
魔よけみたいなもんだな

DSC02802
仁王門が見えた(´・ω・`)
紅葉が綺麗だな

DSC02805
仁王門を通り抜けて、休憩所の縁側で休んでいたら
雨が降ってきた(´・ω・`)

DSC02809
傘をさして、更に奥へ(´・ω・`)

奥の院に到着したぬ
左は大仏殿、中に如法堂、右に小さな鐘楼があるぬ
大仏殿には金綺羅金の仏像があったけど、
撮影禁止(´・ω・`)

DSC02810
奥之院の横にある三重小塔(´・ω・`)
重要文化財

三重塔のミニチュア見たいのが、
左の格子の中に納められている(´・ω・`)

DSC02813
開山堂の方へ歩いていくと、見晴らしのいいところに出た(´・ω・`)
山々は紅葉してるぬ
小さな盆地という感じだな

DSC02818
開山堂に到着(´・ω・`)
右が開山堂で、左の赤いのが納経堂
重要文化財だぬ

DSC02829
開山堂の表札(´・ω・`)

DSC02819
買い残堂から、更に登ると、五大堂があるぬ(´・ω・`)

展望台見たくなってる
観光客がいぱいたぬ(´・ω・`)

DSC02827
五大堂からの眺望、景色を見てみるか(´・ω・`)

DSC02816
正面を見下ろすと、
山寺駅と周辺の町並みがよく見える(´・ω・`)
紅葉が綺麗だぬ

DSC02820
山側を見ると、釈迦堂?か胎内堂?らしきものが見える(´・ω・`)

DSC02828
五大堂の壁には、こんな掲示が(´・ω・`)

いたずら書きは恥ずかしいことだから辞めてくれぬ(-∀ー#)

DSC02817
五大堂を出て、更に奥を行くと、行き止まりだったぬ(´・ω・`)
修行の場所らしい

さて、駅に戻るか

DSC02835
山門まで戻ると、お土産物屋に玉こんにゃくが売られてた(´・ω・`)
山形の名物らしい

食べてみるか(・∀・)
100円

DSC02836
鐘楼と玉こんにゃく(;^ω^)

弾力があって旨かったぬ

DSC02838
右に、食堂があるな
玉こんにゃくだけじゃ足りないし
丁度、お昼時なので、何か食べていくか(´・ω・`)

DCIM1338
何を食べようかな(´・ω・`)

山形名物の芋煮を食べるか

DCIM1340
芋煮がきたぬ( ・∀・)

出汁がきいてて、なかなか旨い
山芋食べるの久しぶりだなあ

DSC02839
山寺駅に戻ってきた(´・ω・`)

次、どこへいくかな

(続く)

山形の旅④20131110

山寺・立石寺の続き(´・ω・`)

DSC02842
山寺駅から山形駅への普通列車に乗り、
山形駅から米沢行きの普通列車に乗ったぬ(´・ω・`)

DSC02844
かみのやま温泉駅で降りたぬ(´・ω・`)
立ち寄りの温泉に入るぬ
12時45分
かみのやま温泉は、
一度、案山子祭りで訪れたことがありまつが、
温泉はまだ入ったことがないんだぬ

DSC02845
駅から15分ほど歩き、有馬館という旅館の温泉に入ったぬ(´・ω・`)
入湯料千円

DCIM1342
内湯だけで、露天風呂は残念ながら無かったでつが、
陶器風呂というお風呂があったぬ
お湯は、無色透明の柔らかい湯だったぬ(´・ω・`)

女性用の風呂であれば、
屋上に展望露天風呂があったらしい
残念(´・ω・`)

DSC02847
もう一軒、月岡ホテルという温泉旅館の
立ち寄り湯も入ったぬ(´・ω・`)
入湯料千円

DSC02846
ここは、東屋形式で湯船が岩の露天風呂があり、
紅葉している庭園を眺めることができて、
眺望が大変良かったぬ
混んでいたので、
残念ながら露天風呂の様子は撮影できず(´・ω・`)
これはロビーから撮った庭園の様子だぬ
この景色が露天風呂からも見れる趣向になっている
お湯は、さっきの旅館と同じ無色透明の柔らかい単純泉だぬ

かみのやま温泉を堪能したので、
駅に戻るか(´・ω・`)

DSC02848
14時丁度、駅に戻る(´・ω・`)
あー、米沢行き普通は37分後か(;゚д゚)ァ....
15時のレンタカー借りるのに間に合わないなあ
仕方ない
17分発の東京行新幹線つばさに乗るか(;・∀・)

DSC02849
新幹線を待つ間、駅のホームで景色を見ていたら、
太平洋セメントのタンクの間に、
例のタワーマンションが見えることに気づいた(´・ω・`)

DCIM1344
新幹線に乗ったぬ(´・ω・`)
かみのやま温泉~米沢28分 1300円

14時45分に米沢駅到着、レンタカーを借りて、すぐ出発(´・ω・`)
今夜の宿、新高湯温泉へ向かうぬ

DSC02852
途中、上杉神社の近くを通り、モミジが綺麗だったので、
ちょっと眺める(´・ω・`)
左の銅像は、米沢藩上杉家中興の祖で有名な上杉鷹山だぬ
むかし、小泉純一郎が、鷹山の藩政改革を
政治改革の模範として話題にしてたな

DSC02853
上杉鷹山像の隣にある松岬神社(´・ω・`)
上杉神社から鷹山を分祀して、祭った神社らしい

DSC02854
松岬神社の鳥居(´・ω・`)
紅葉に風情があるのう

DSC02860
上杉神社を後にして
米沢市街地から県道2号線を吾妻山方面へ南下(´・ω・`)
大雨になったぬ
山々はかなり紅葉してる

DSC02861
途中から未舗装ダートな道に、雨も酷い(´・ω・`)

DSC02862
道は細くてえらく凸凹してた酷道だったな(´-ω-`)
16時40分
目的地、新高湯温泉吾妻屋旅館に到着
米沢市街地から1時間ほどの道のりだったぬ

駐車場につくと、雨の中、宿のご主人が迎えにでてくれた(´・ω・`)

宿泊代は、一人泊のせいか、ちょい高めの1.6万円
(米沢牛ステーキコース)

DSC02864
チェックインして、畳敷きの部屋を案内される(´・ω・`)
質素でつが、一人で泊まるには十分な広さだぬ
布団敷きは、セルフサービスということ
漏れ的には、そのほうがいいぬ

DCIM1346
17時半、さっそく、部屋で夕食だぬ(´・ω・`)
お酒は、東光にしたぬ
山奥の旅館らしく、ヤマメの塩焼き、ヤマメの刺身
あと、山菜が色々( ・∀・)
芋煮、玉こんにゃく、山芋蕎麦が、山形らしいな
なかなか旨かったぬ(・∀・)

DCIM1348
メインが出てきた、300gの米沢牛のステーキだぬ( ・∀・)

ジューシーで、ボリュームあって、旨かったぬ( ^▽^)

お腹いっぱい、ご馳走様(^ω^)

ちょっと寝るか

DSC02866
深夜0時に目が覚めて、温泉に入ってきたぬ(´・ω・`)
まずは、内湯
湯治場風の木の風呂だぬ
木の湯船や壁は風情があってなかなかいい
内湯のお湯は源泉直接なのか、かなり熱くて長湯はできなかった
さて、外の露天風呂に行くか

DSC02868
旅館のすぐ横にある貸切露天風呂(´・ω・`)
味のある大木を切り抜いた湯船だぬ
お湯は、湯の花が舞うやや白っぽい硫黄泉
ここも結構熱い

DSC02875
外を歩いて露天風呂に行くぬ(´・ω・`)
場所は照明のついてる湯小屋が見えるので、すぐ判る

DSC02877
岩で出来てる眺望露天風呂(´・ω・`)
お湯は外気で冷えるせいか、丁度いい温度になってる
ゆくり入れたぬ( ・∀・)
深夜なので、景色はよく分からない(;・∀・)

DSC02880
ここは東屋になっているので、雨も大丈夫(´・ω・`)
木で出来てるので、風情があるぬ

DSC02884
隣の湯小屋にあった、根っこ風呂(´・ω・`)
木の根元の部分が湯船になってる
おもしろいな

DSC02872
お風呂を十分堪能できたので、館内に戻るか(´・ω・`)

DSC02891
部屋に戻る途中、色紙に気づいた(´・ω・`)

佐野史郎、はざまかんぺい、中島誠之助、阿藤快、青島幸男・・・・
( ´・∀・`)へー、結構、有名人来てるんだな

さて、また寝るか(ρw-).。o○

(続く)


山形の旅⑤20131111

新高湯温泉に泊まった続きだぬ(´・ω・`)

DSC02901
朝6時過ぎに目が覚めて、窓の外をみたら、
うっすらと雪景色になってた、びっくり(・∀・;;;)

DSC02938
さっそく、露天風呂入ろうと、外を出る(´・ω・`)
ベンチにも雪が積もってるぬ

DSC02917
車にも雪が積もってた(´・ω・`)

DSC02936
杉の木がクリスマスツリーのようだのう(´・ω・`)

DSC02935
露天風呂の目印の丸太の門(´・ω・`)
下を降りたところに露天風呂があるぬ

DSC02916
湯小屋だぬ(´・ω・`)
湯治場風だねえ

DSC02949
眺望露天風呂(´・ω・`)
岩風呂になってるぬ

DSC02950
ここは屋根がついてる東屋になってるぬ(´・ω・`)

DSC02904
今日は、山奥の景色が楽しめる( ^ω^)おっおっお
雪景色って、結構風情があっていいのう

DSC02947
立ち上がると、こんな景色だぬ(´・ω・`)
中央の山は兜山という山で、
標高は旅館の位置する高さとほぼ同じ1199mらしい
ちなみに、旅館は標高1126mで、吾妻山の中腹にあるぬ

山の下の方は紅葉、山頂は雪化粧のコントラストがいいねえ(・∀・)

DSC02951
さて、次の露天風呂いくかぬ(´・ω・`)

DSC02907
すぐ隣の湯小屋にある、根っこ風呂の横長のバージョン(´・ω・`)
湯船はヒバの木で出来てるぬ
昨日の夜、入ったのは、
根っこの部分だけの小さい湯船のやつだったぬ
この長いほうの湯船には、夜、存在に気がつかなかった

丸太くりぬきの風呂はなかなか心地いいぬ(;^ω^)

次いこう

DSC02918
女性用露天風呂(´・ω・`)
と看板があると、すごく入りにくい
しかし・・・・

DSC02920
早朝6時~7時半は男性タイムなんだぬε-(´∀`*)ホッ

DSC02921
この女性用露天風呂は、大岩たぬき風呂とかいうらしい(´・ω・`)
岩の隙間というか、ちょっとした洞窟風呂ぽくなってる

DSC02922
入るとこんな感じ(´・ω・`)
隠れ湯という感じだな

DSC02926
昨日の夜入ってない、滝見露天風呂だぬ(´・ω・`)
滝が見える

DSC02927
滝を眺めながら、ゆくり風呂につかれる( ・∀・)
滝の音も心地よい
温度はやや温くて長湯に丁度いいぬ

DSC02930
滝の反対側をみると、さっきの兜山が遠くに見えるぬ(´・ω・`)

DSC02932
空を見上げると、すっかり落葉して、雪の雲だぬ(´・ω・`)
幸い、いまは雪は止んでるぬ

DSC02952
立ち上がって、滝を見ると、
3段くらいの意外に大きな滝だったぬ(´・ω・`)

さて、館内に戻るか

DCIM1350
8時に朝食を頂いたぬ(´・ω・`)
オーソドックな健康的な和食だぬ
うまかった(・∀・)

DSC02955
9時半にチェックアウト(´・ω・`)

秘境の温泉気分に浸れて、なかなか良かったな(・∀・)
雪の露天風呂というのも、いいもんだなあ


(続く)


ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ