足摺温泉の続き(´・ω・`)

PC120069
県道を足摺岬方面へ
どんよりとした曇り空だぬ(´・ω・`)ショボーン

PC120072
10時、金剛福寺、到着(´・ω・`)
四国八十八霊場の38番札所
88の霊場の中で、最も南西の位置にあり
ここから近くの霊場は、50キロ先の宿毛の延光寺、
80キロ先の四万十町の岩本寺の2つの寺しかなく
もっとも僻地で、こなすのが一番難所のお寺だぬ
3人ほど、お遍路さんがお参りしていたぬ

PC120071
金剛福寺境内(´・ω・`)
お参りしたぬ

PC120075
金剛福寺から、徒歩5分ほどの所にある
足摺岬(´・ω・`)
足摺岬の看板の右側にある後姿の銅像は
ジョン万次郎

PC120073
展望台へ(´・ω・`)
足摺岬の灯台が見える
水平線の果てには、
ジョン万次郎が渡ったアメリカ本土があるぬ
雨が降り出したぬ(´-ω-`)

PC120076
岬から、30分ほど、土佐清水市方面へ車を走らせて
中浜のジョン万次郎生家へ向かうぬ(´・ω・`)
ジョン万次郎を大河ドラマにしよう!!
(´ε`;)ウーン…微妙だな
ここに車を止めて、左の看板の矢印に従い、
民家の路地を歩くぬ

PC120086
なんか、選挙ポスター掲示板が逆さに打ち付けてあるな(´・ω・`)

PC120087
二階部分には、ネットが張ってある
今にも崩れそうな廃屋だな(´・ω・`)

PC120085
廃屋を通り抜け、狭い路地を5分ほど歩いて、
ジョン万次郎生家に到着(´・ω・`)
生家といっても、6年前に復元されたばかりの新築の家だぬ
残っている写真資料を元に復元したらしい
イメージ図みたいなもんだな

PC120084
玄関だぬ(´・ω・`)
引き戸を開けて、入るぬ

PC120082
入ってみると、中には誰もいなく、
パンフレットがたくさん置かれている(´・ω・`)
縁に腰掛ける

PC120083
いろんな調度品があるぬ(´・ω・`)
昔の民家は、こういう感じなんだろうなあ

PC120081
畳の間には、箪笥などがあるぬ(´・ω・`)
誰も訪問者はなく、しばらく、のんびり眺めていたぬ

PC120094
海岸沿いに戻る(´・ω・`)
海岸には、高さ2.5mくらいか、低い防潮堤があったぬ

PC120088
防潮堤から、中浜漁港を眺める(´・ω・`)
静かな、小さな港だぬ
ジョン万次郎は14歳、漁師の若手として、ここから船を出して、
嵐にあい、伊豆諸島の無人島の鳥島に漂着
鳥島は、伊豆諸島の中で一番南の島で
八丈島から南400キロの位置にあり、現在でも無人島だぬ
その島で143日過ごし、アメリカの捕鯨船に救助されて
アメリカへ渡ったという、鎖国の江戸時代としては奇跡の人だぬ

PC120090
この階段の上に、ジョン万次郎の記念碑があるようだ
上がってみよう(´・ω・`)

PC120093
ジョン万次郎記念碑、右後ろの鳥居は、恵比寿神社(´・ω・`)

PC120091
鳥居の横にある、小さな石碑(´・ω・`)
この石碑の位置からは、漁港が見下ろせる
これは地震碑で、
1854年の安政南海地震の津波のことが書かれており
6mの津波が4,5回来たことが刻まれている
6mだと、ここの高さよりちょい低いくらいだな
さっきの階段急いで登れば助かるんだろうな

PC120092
地震碑の高台から見下ろせる中浜地区の集落(´・ω・`)
先ほど訪問したジョン万次郎生家跡は、右側奥にあるぬ
先ほどの石碑が残っている1854年の安政南海地震や
その前の1707年の宝永地震の津波では、この中浜集落は全滅し
しばらく人が住めなくなったという伝承があるぬ
南海トラフの連動地震では、
土佐清水市では10m以上の津波が予想されているが
どうなるんだろうなあ

PC120097
12時半、お昼になったんで、ここで昼飯にするぬ(´・ω・`)
さっきの中浜地区から、車で10分、
土佐清水港近くの足摺黒潮市場という食堂だぬ

PC120098
何にするかなあ
清水サバは、冬が旬
清水さばぶっかけ丼にするか(´・ω・`)

IMG_20161212_123947
清水さばのぶっかけ丼( ・∀・)
新鮮な清水鯖の刺身がたっぷり乗ってるぬ
関サバに似た味でコリコリした食感で(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20161212_124533
清水サバ半分刺身醤油で食べたあと、
残りをだし汁をかけて、お茶漬けにして食べるぬ
うまうま( ・∀・)

ご馳走様ですた
1,300円

PC120101
国道321号を宿毛方面へ(´・ω・`)

PC120102
14時、土佐清水港から20分ほど走り、
足摺海底館の駐車場到着(´・ω・`)
この建物は、お土産物屋で、海底館では無いぬ

PC120148
海底館は500m先にあるぬ(´・ω・`)
歩いてみよう

PC120104
しばらく歩くと海岸に出る(´・ω・`)
遠くに、なにか建造物が見える
あれかな

PC120146
足摺海底館到着(´・ω・`)
橋を渡ろう

PC120144
中に入ってみる(´・ω・`)
入場料900円

PC120107
らせん階段を降りる(´・ω・`)

PC120115
海底に到着(´・ω・`)

PC120118
丸窓を覗いてみる(´・ω・`)

PC120139
魚がたくさん泳いでいるぬ( ・∀・)

PC120130
フグもいる(・∀・)じゅるり

PC120110
何の魚かわかないけど、旨そうだぬ(・∀・)

PC120120
何の魚か分らないけど、じゅるり( ・∀・)

PC120143
海上に戻ると、展望台があるぬ(´・ω・`)

PC120145
ちょっと晴れてきたぬ( ・∀・)

PC120140
こういう海中展望塔は、日立造船が作ってるんだな(´・ω・`)
和歌山の白浜や串本、沖縄の名護、千葉の勝浦・・・
全国各地にあるぬ
日立造船といえば、日立グループでもなくなり、船も作っておらず、
杜仲茶栽培しても、しぶとく社名を変えない、あの日立造船か
あ、ここの足摺海中展望塔だけは、唯一川重なんだな

PC120149
再び、国道321号を土佐清水港方面へ(´・ω・`)
ガソリンスタンで満タン級給油したぬ

PC120150
16時、土佐清水港近くの、民宿・清瀧到着(´・ω・`)
朝食付5400円
民宿というか、昔の古いビジネスホテルという風情だぬ

PC120159
チェックインし、階段で三階に上がる(´・ω・`)

PC120152
畳の部屋には布団が敷いてあったぬ
寝転がって、ゴロゴロしたぬ( ・∀・)

PC120161
五時半になったので、夕飯にするぬ(´・ω・`)
夕暮れの土佐清水港を歩く

PC120162
港のすぐ近くには銭湯があり、この銭湯周辺に
居酒屋や寿司屋、焼肉、お好み焼といった食事処が
10軒ほどあるぬ
土佐清水市の繁華街の中心地といったところだろうか
港の漁師が、漁のあと、銭湯で汗を流して、
居酒屋で一杯といった流れなんだろうな

PC120164
さっきの銭湯の真裏にある、居酒屋魚田(´・ω・`)
ここで夕飯にするぬ
土佐清水は食べログの情報がほとんどなく
もちろん太田和彦の100名居酒屋もあるわけなく
単に、店名で魚がついてるから、ここにしたぬ

IMG_20161212_173547
いちおー電話予約したんで、すぐにテーブル席へ通されたぬ
カウンター席は、目の前にあるんだが、
御隠居風の人がヌシみたく座ってるだけで、なぜか誰も座らないぬ
酒は、四万十の栗焼酎ダバダをロックで頼み、
ちびちび行くぬ( ^▽^)
最初は、もれと、地元風のグループ、2組だけだったが
6時をすぎたあたりで、満席になったぬ
客層は、店の人との会話から、明らかにジモティだけで、漁師風の人、
仕事帰りのリーマン風の人、おばさんグループ色々だぬ

IMG_20161212_173339
さて、肴は何にしようかなあ(´・ω・`)
やはり、冬の旬、清水さばの刺身だな
昼食べても旨かったしな
あんこうの唐揚げも良さそうだ
あれ、めじかの一番火節て、なんだろうな
よくわからないものは食べてみるのが基本
方針決まったから、順々に頼んでいくか

IMG_20161212_173637
土佐清水冬の名物の、清水さばの刺身だぬ
コリコリしてて、甘みがあり、うまうま( ^▽^)
関サバに負けてないねえ

IMG_20161212_180423
あんこうの唐揚げが来たぬ(・∀・)
ボリュームもあり、プルプルな食感がいいねえ
栗焼酎ダバダもすすむぬ

IMG_20161212_175912
謎のメニュー、めじかの一番火節が来たぬ( ・∀・)
めじかは、土佐清水で一番水揚げの多いカツオの一種で、
めじかで作った鰹節は宗田節と呼ばれて、土佐清水の名産らしい
宗田節で枯節ではなく、二日程度燻製にしたものが、一番火節で
生で柔らかいので、鰹生節ともいわれるらしいな
味は、凝縮した鰹ダシそのものを食べている感じで(゚∀゚)ウマウマ
食感は、柔らかくフレークのようだぬ
唐辛子をかけたマヨネーズにつけて食べると、
鰹ダシの味わいが増すねえ
飲兵衛の多い土佐らしい珍味だぬ( ^▽^)

IMG_20161212_184034
ダバダなくなったんで、二杯目は、土佐鶴を冷酒で(´・ω・`)

IMG_20161212_184448
お次は、定番で、カツオの塩タタキにするかな(´・ω・`)
〆のご飯ものは、鮭茶漬けにしよう

IMG_20161212_185307
土佐の定番、カツオの塩たたき
実に新鮮で(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20161212_191453
お茶漬けで〆

ご馳走様ですた
3,400円

PC130166
宿に戻って、テレビ見てたら、そのまま寝落ちしてしまった(´・ω・`)
2時27分に目が覚めた

PC130168
電気消して二度寝するぬ
(つ∀-)オヤスミー

IMG_20161213_070223
朝七時、起きて、宿で朝食にしたぬ( ・∀・)
カマス干物の焼き魚(゚∀゚)ウマウマ

(続く)