鳥海山登山の続き(´・ω・`)

P9040188
国道7号を酒田方面へ(´・ω・`)

P9040189
17時半、酒田のビジネス旅館に到着(´・ω・`)
素泊まり3,900円

P9040190
昭和ノスタルジックな風情ただよう
六畳の和室だぬ(´・ω・`)
洋間ベットに慣れてしまっているが
こういうのも不思議と落ち着くぬ

P9040191
ウエルカム菓子を食べて、くつろぐ(´・ω・`)
さて夕飯に行くか

P9040192
途中見かけた、映画おくりびとのロケ地(´・ω・`)
よく見てなかったが、あの映画って酒田だったんだな

P9040193
酒田の繁華街(´・ω・`)
赤ちょうちんは、ちらほらあるが、日曜のせいか
人通りも少なく、賑やかさは無いぬ

P9040194
食べログで適当に見つけた割烹居酒屋(´・ω・`)
いちおー電話した
となりに、活気ありそうな居酒屋があって
そっちが良かったかとも思ったが
電話してしまったんで、まっいいか

IMG_20160904_184020
引き戸をあけると、こじんまりとした店で
70近い感じの老夫婦がお出迎え
旦那さんが板前で、奥さんが女将、
二人だけで切り盛りしてる感じだぬ
カウンターに腰掛ける
お勧めとかのメニューはないかと聞いたら
なんと、ないという(´・ω・`)
3千円のおまかせのみ
(´ε`;)ウーン…単品注文がいいんだが、仕方ないな。
お酒は、酒田の地酒冷酒で何があるか聞いたら
酒田酒造の上喜元があるということで、
それにしてヽ(´ー` )ノください

IMG_20160904_184014
酒田酒造・上喜元の生酒と、いろいろな肴が一篇に来たぬ(´・ω・`)
煮魚は小鯛、右に、ひら蟹と卵焼き
ただ茶豆に、牡蠣の煮たものだぬ(´・ω・`)

IMG_20160904_191058
二膳目は、えいの煮ものと
刺身、すずき、しめさば、
食べてから撮影してないことに気付いた、ヒラマサとタコの造り
にし貝に、大根おろしのイクラのせ(´・ω・`)

IMG_20160904_191047
最後に、くちぼそカレイの焼き物(´・ω・`)
ひら蟹、ひらまさ刺とタコ刺、ニシ貝は良かったが
あとは、イマイチですた
客も8時過ぎても自分しかおらず、はやってないようだぬ
ただ、老夫婦の話は、面白く
もれが千葉の松戸から来たと聞いたら、
家族か親戚がいるらしく松戸をご存じで
柏、八潮、船橋、館山とか、酒田の老夫婦から出てくるとは
思えない周辺の地名がポンポンでてきたんで驚いたぬ
地物情報を聞くと、酒田は、夏場は、岩ガキ、
秋10月以降だと、地引き網漁解禁で、
色々な魚がとれるようになるんだが
9月の今は、端境期であまりいい時期ではなかったようだぬ
食べ終わったので、お勘定にしたぬ
4千円

P9050195
 真田丸見終わって(つ∀-)オヤスミー

P9050197
朝5時に起きて、朝風呂(´・ω・`)
なんか懐かしい雰囲気の蓋だぬ

P9050199
普通の風呂だけど、いい湯だな( ・∀・)

P9050200
旅館をチェックアウト(´・ω・`)
今日も晴れだぬ

P9050202
7時半、酒田港近くの、さかた海鮮市場(´・ω・`)
泊まった旅館の近くだぬ

P9050203
7時から開いている港の食堂(´・ω・`)
ここで、朝食にするぬ

P9050204
朝めし定食か、これで500円(税別)とは安いな(´・ω・`)
まずはこれにしよう

P9050205
こっちは、サブメニューか(´・ω・`)
さわらに中トロ、イカにバイ貝、海鮮物がいろいろあるな
うまづらハギの刺身の肝醤油付けなんてのも、あるんだな
これもつけよう

P9050206
窓際カウンター席で出来上がりを待つ(´・ω・`)
とびしまと書かれたフェリーが見える
酒田沖の離島、飛鳥へ行く定期船だな

IMG_20160905_073641
朝食がきたぬ
中央が、うまずらハギの肝醤油付けの刺身
みそ汁は、何かのあらが入ってるぬ
うまうま( ^▽^)
1,058円

P9050208
国道7号を鶴岡方面へ(´・ω・`)

P9050209
途中、県道を羽黒山方面へ(´・ω・`)

P9050210
羽黒山の大鳥居が見えてきた(´・ω・`)

P9050212
9時15分、羽黒山の出羽三山神社に到着(´・ω・`)
酒田から一時間ちょっと、かかったぬ

P9050213
随神門の前に安置されてる天拝石(´・ω・`)
左の随神門をくぐって、奥へ

P9050214
石段を下りる(´・ω・`)
両側は杉林

P9050216
見上げると、青空に、林立した背の高い杉(´・ω・`)

P9050217
参道ぞいに分社がたくさん並ぶ(´・ω・`)

P9050220
祓い川を渡す朱色の神橋(´・ω・`)

P9050221
神橋を渡ると、須賀の滝という滝が見える(´・ω・`)

P9050223
さらに奥へ行くと
杉林に囲まれた羽黒山の五重塔(´・ω・`)
近くに行ってみよう

P9050225
時代の流れを感じる白木の素朴な風情だぬ(´・ω・`)

P9050226
見上げると、五層の屋根が見える(´・ω・`)

P9050227
斜めから眺める(´・ω・`)
五重塔は仏教的だが
派手な装飾もなく、シンプルな白木造りの建物が
自然の中にひっそりと佇む感じが、神道神域の風情を感じさせるのう

P9050228
五重塔脇から続く、この石段は2446段あり、
羽黒山頂上まで登ると一時間半かかる
頂上には、本殿があるが、
昨日の鳥海山登山で、疲れが残っているので、
ショートカットして車で本殿へお参りするぬ(´・ω・`)

P9050230
駐車場まで戻り、クルマで、羽黒山有料道を走るぬ(´・ω・`)
400円

P9050233
有料道入口から10分も走れば、すぐ頂上駐車場へ到着(´・ω・`)

P9050234
参拝道を歩く(´・ω・`)

P9050236
3分もあるけば、本殿鳥居に到着(´・ω・`)

P9050238
本殿の境内には、鐘楼があった(´・ω・`)
1618年、最上家の寄進によるもので、400年前創建
600年前に再建された羽黒山五重塔につぐ、古刹だぬ
ちなみに、再建前の羽黒山五重塔の創建時期は不詳で
平将門による寄進と言われている
だとすれば千年前だのう

P9050240
本殿だぬ(´・ω・`)
お参りしたぬ
扁額が3つあり
中央に、月山神社、左に湯殿山神社、右は見えないな(´・ω・`)

IMG_20160905_102705
右は、出羽神社か(´・ω・`)
3つの神社が習合した神社で
この、出羽三山神社をお参りすれば、
月山の頂上にある月山神社、
湯殿山中腹にある湯殿山神社もお参りしたことになるらしい

さて、次行くか

P9050242
有料道路を出て、右へ(´・ω・`)

P9050245
出羽の田園地帯の中、県道を走る(´・ω・`)
もうじき、稲刈りだねえ

P9050247
庄内あさひインターから山形道にのり
12時、湯殿山インターを通過(´・ω・`)
山形道を山形駅方面へ

P9050250
途中、月山湖PAで休憩(´・ω・`)
てか、車中で昼寝

P9050251
13時半、山形北インターを降りる(´・ω・`)
高速料金1260円

P9050253
13時50分、ハンズバーガーという
山形市内の地場のハンバーガー屋、到着(´・ω・`)
ツイッターのあげあげさんのお勧めだぬ
地産地消にこだわるハンバーガー屋さんらしい
ここでランチにするぬ

IMG_20160905_135251
お勧めはたしか、ロコモコと、オニオンリング
ヽ(´ー` )ノください

IMG_20160905_135851
座って待つ(´・ω・`)

IMG_20160905_140108
ロコモコのプレートと
オニオンリングのフライだぬ、うまうま( ^▽^)

980円

P9050254
14時40分、山形駅前営業所に、レンタカー返却(´・ω・`)
走行距離は344キロですた
ガソリン代は、2900円

P9050256
14時50分、山形駅改札へ(´・ω・`)
14分後、15時04分に、東京駅つばさがあるようだ
これに乗ろう
モバイルスイカで改札前で予約して入場

P9050257
すでに、新幹線つばさが来てたぬ
すぐに乗り込む(´・ω・`)

P9050258
数人しかおらず、空いていた(´・ω・`)

P9050259
17時40分、上野駅到着(´・ω・`)

さて帰るか

今回の費用は

新幹線 往復 2万円
レンタカー   1.1万円
高速・ガソリン 0.6万円
ホテル二泊  0.9万円
食費他     1.3万円

計 5.9万円ですた(´・ω・`)

(終わり)