山形泊の続き(´・ω・`)

P9040043
5時、夜が明け、明るくなってきた(´・ω・`)
朝もやが見える

P9040053
目の前に、シルエットで鳥海山が見えてきた
今日は、あの山を登ろうと思う
鳥海山は、標高2236m、山形県と秋田県の境界にある山
100名山の一つで、千年前の貞観地震の直後に
大噴火した山で有名だぬ(´・ω・`)
東日本大震災は貞観地震と同じメカニズムの地震だが
幸い、いまのところ噴火の兆候はないようだぬ

P9040055
5時50分、酒田みなとインターを出るぬ(´・ω・`)
山形道は、ここで終わりだぬ
高速料金は、1500円

P9040057
国道7号を北上(´・ω・`)
青森まで296キロ

P9040058
サンクスで、おにぎり三個と
ミネラルウォーター2Lのペットボトル1本を購入(´・ω・`)

P9040063
吹浦の大物忌神社口の宮から、
鳥海ブルーライン(県道210号)を走る(´・ω・`)

P9040064
ここから秋田県(´・ω・`)
登山口は秋田だが、鳥海山の山頂は山形だぬ

P9040066
6時50分、鉾立登山口の駐車場到着(´・ω・`)
日本海が望める展望台のような駐車場だぬ
山形のホテルから、3時間弱のドライブですた
朝食として、おにぎり一個食べたぬ


P9040068
鉾立登山口(´・ω・`)
冬に行ったときは、雪の中だったな
登山口の標高は1150m
鳥海山は、2236mなので
標高差約1100mを登ることになるぬ

P9040069
登山者カードを記入し、右の案内小屋に提出(´・ω・`)

P9040070
7時、登山開始(´・ω・`)
まずは、綺麗に整備された石段を登る

P9040074
途中、乱雑に石を並べた登山道に変わり
こういう道が永遠続く(´・ω・`)
でこぼこで登りにくいし、でこぼこで足が痛くなる

P9040075
振り返ると、日本海が見える(´・ω・`)

P9040077
緩やかな砂利道を登っていく(´・ω・`)
すそ野は緑が広がっているぬ

P9040078
7時20分
秋田と山形の県境の標識を通過(´・ω・`)
ここから奥は、山形県

P9040083
広々と開けたところにでたぬ( ・∀・)

P9040085
8時、賽の河原、通過(´・ω・`)
たぶん、緑が川で、石がゴロゴロしてるとこが
河原に見えるからかな

P9040090
角材みたいな石が並べられてる
緩やかな道を登っていく(´・ω・`)
ガス雲がちょっと見える

P9040093
振り返って、山の麓を眺める(´・ω・`)
綺麗だねえ

P9040095
8時半、御浜の標識、通過(´・ω・`)
左奥に、神社の鳥居が見える
鉾立口から3.4キロで、1時間半かかった

P9040096
鳥海山御浜神社の鳥居(´・ω・`)
太陽が眩しい

P9040100
御浜神社(´・ω・`)
神社といっても、ほとんど山小屋だぬ
ビールが千円、水が500円

P9040101
8時45分
御浜神社を過ぎると、鳥海湖が見える
カルデラ湖だな
綺麗な風景だねえ(・∀・)
ここで、おにぎり、一個食べたぬ

P9040105
再び、登り始める(´・ω・`)
もはや道がわかりにくい、岩の荒野だぬ
いちおー、右のロープが目印

P9040106
振り返って、鳥海湖を眺める
遠くには日本海が見え
絶景だねえ( ・∀・)

P9040108
ここからは、岩の崖をよじ登る(´・ω・`)
矢印にそって、一つ一つ慎重に登っていく

P9040111
岩の崖を登り切ると、
鳥海山の山頂が見えた(´・ω・`)
このあたりは、高さ的には、2000m超えてるんだろう
しかし、山頂はまだ遥か彼方だな

P9040112
9時10分、御田ヶ原通過(´・ω・`)

P9040115
今度は下がるようだ(´・ω・`)
登山道がジブリの道のように
波を描きながら続いている

P9040116
ここの道は綺麗な石畳になっている(´・ω・`)
降りやすい

P9040117
降り切ったところで、御田ヶ原分岐を通過
分岐というのは、右にも登山道があり、
別の登山口、湯の台口や長坂口へつながっているらしい
山頂へは直進だぬ(´・ω・`)

P9040119
ふたたび、上りだぬ(´・ω・`)
八丁坂と呼ばれてる坂らしい

P9040122
八丁坂は、崖のような道になっている
右側は崖
落ちたら大変やな(´・ω・`)

P9040125
くこで、休憩(´・ω・`)
また、行く手に、えらい、よじのぼらないと
行けない崖があったんで

P9040126
矢印にそって、石の崖をよじ登る(´・ω・`)
鳥海山、予想に反して、けっこう大変だな

P9040161
登りきると、七五三掛(´・ω・`)
10時になったぬ

P9040128
七五三掛けでは、ベンチみたいなものもあり
多くの人が休憩している(´・ω・`)
ちょっと、ガスが出てきたなあ

P9040129
祠があった(´・ω・`)
今度は右の、木の道を歩く

P9040131
木の階段を上がる(´・ω・`)

P9040133
ここで振り返る(´・ω・`)
日本海が綺麗だな
平野もくっきり見える

P9040137
分岐(´・ω・`)
左を行くと、千蛇谷
右を行くと外輪山
たしか、千蛇谷のほうが、頂上に近い筈
左を行くぬ

P9040138
今度は、木の階段を下りる
上り下りが多いなあ
鳥海山(´・ω・`)

P9040139
ガスが濃くなってきた(´・ω・`)

P9040143
木の階段を下りていくと
雪が見えた
雪渓だぬ( ・∀・)
夏でも溶けない雪があるんだ
凄いな

P9040145
雪渓のある、ここが千蛇谷(´・ω・`)
不気味な名前だな

P9040146
10時半
雪渓まで降りた(´・ω・`)
なるほど、千蛇谷というだけに谷間だな
頂上の峰は左側に見える

P9040147
雪渓は、堅く、黒ずんで汚れている(´・ω・`)

P9040148
ふたたび、石の瓦礫の山を登る(´・ω・`)
なんか疲れてきた

P9040150
雑草に覆われた道なき道を進む(´・ω・`)

P9040152
雑草道を抜け、広々とした処に出られた(´・ω・`)
頂上は溶岩ドームみたいな、あれかあ
結構高さがあるなあ
現在の時刻は、11時
登山口から4時間歩いてるな
降りてきた年配の人に、ここから山頂までどのくらい
かかるのか聞いたら、1時間はかかるという
そうなると、よくて12時か、戻りも5時間はかかるから
登山口へは5時下手すると6時過ぎになってしまうな
戻りの体力のことも考えると、ここで引き返したほうが良さそうだ
ここで登頂は断念するぬ(´-ω-`)

P9040156
3個目の最後のおにぎりを食べて、引き返すぬ(´・ω・`)

P9040157
11時10分、雪渓まで戻った(´・ω・`)

P9040158
再び、瓦礫をよじ登る(´・ω・`)

P9040159
11時半、なぜか、見たことない鉄梯子(´・ω・`)
道間違えたか
とりあえず、登ろう

P9040160
鉄梯子登り切ると、遠くに人が見えた(´・ω・`)
あれは、七五三掛けだな
良かったε-(´∀`*)ホッ
鉄梯子を使うルートもあったんだな

P9040162
八丁坂の崖道を歩く(´・ω・`)

P9040163
麓の平野が見えてきた(´・ω・`)

P9040164
御田ヶ原を登る(´・ω・`)
たしか、登り切って降りれば、山小屋の神社だったな

P9040165
鳥海湖まで戻ってきた(´・ω・`)

P9040171
1時、山小屋の神社に到着(´・ω・`)

P9040167
足伸ばして寝てる人がいる(´・ω・`)
漏れも休もう、(;´ρ`)チカレタヨ・・・

P9040168
休憩は200円(´・ω・`)
払って、奥へ
青いところは、二段ベッドで夜は宿泊所になるらしい

P9040170
ゴロンと横になると、スノーボートみたいなものが見えた(´・ω・`)
寝落ちしてしまい
起きたら、14時20分だった
一時間以上ぐっすり寝ていたんだな

P9040172
体力回復したし、急いで下山しよう(´・ω・`)
ガスが濃くなって景色が見えなくなってる

P9040173
15時半、鉾立登山口に無事帰還(´・ω・`)
山小屋の寝落ち時間を除くと
3時間半で戻ってきたんだな

P9040177
駐車場まで戻り、車で山を下りるぬ(´・ω・`)

P9040182
ススキと、光輝く日本海(´・ω・`)

P9040185
16時半、麓の吹浦にある入浴温泉施設、あぼん西浜に到着
薄く茶色に濁ってる塩化物泉で、岩風呂の露天風呂もあり
いい湯だったぬ( ・∀・)
汗も流せてサッパリできたし、登山の疲れが一気に取れ
死地から生き返った心地だぬ( ^▽^)
入湯料400円
人がいたんで、撮影は出来ず

さて、酒田の宿へ向かおう(´・ω・`)

(続く)