関空ドライブ秋①福井篇

さて、秋の10月(´・ω・`)
幸い23日から5連休が取れ、
成田~関空、往復4千円の激安フライトも
ゲット出来たんで、関空からレンタカーを借りて
適当にロングドライブ旅をしようと思うぬ

IMG_20161023_111512
11時、成田空港到着(´・ω・`)
ちょうどこれから乗る尾翼が緑の飛行機が来ていた
11時50分発関空行、春秋航空に乗るぬ
春秋の成田~関空は、今月からの新規路線
それで激安バーゲンをやっていたぬ

PA230003
搭乗は、第3のLCCターミナルから、更にバス
通路側の席で、満席だったぬ(´・ω・`)

PA230004
13時40分、関空に着陸(´・ω・`)
20分ほどの遅延だったぬ
天気は曇り
関空では、第一ターミナルでブリッジゲートで降りたぬ

PA230005
関空でレンタカー借りたぬ
5日間、軽で、2.4万円
14時出発(´・ω・`)

PA230007
空港連絡橋から阪和道へ(´・ω・`)

PA230008
途中、検札、850円

PA230009
阪和道から近畿道へ(´・ω・`)

PA230011
途中検札、410円

PA230012
門真JCから第二京阪道へ(´・ω・`)

PA230014
またまた、途中検札、360円(´・ω・`)
関西は検札多すぎだのう

PA230015
巨椋池JCから京滋バイパスへ(´・ω・`)

PA230016
瀬田東JCから名神へ(´・ω・`)

PA230018
16時20分、湖東三山PAで休憩(´・ω・`)
関空から2時間20分
空を見る限り、福井方面は晴れてるようだ

PA230020
米原JCから北陸道へ(´・ω・`)

PA230021
北陸道では夜になったぬ(´・ω・`)

PA230023
福井インターで降りたぬ(´・ω・`)
2,790円
高速料金は、関空からだと計4,410円

PA230024
国道158号で、福井駅方面へ(´・ω・`)

PA230026
18時、福井駅前のホテルに到着(´・ω・`)
福井プラザホテル、素泊まり、4,800円
とりあえず、夕飯どうするかな

PA230030
福井駅(´・ω・`)
駅前に恐竜がいたぬ

PA230033
ホテル近くの、食べログの居酒屋一位の善甚
という居酒屋を覗いたが、残念ながら、満席であった(´・ω・`)
福井市内には、太田100名居酒屋がないんで
(´(・)`)クマッタ・・
ダメ元で予想スレで聞いてみると、
福井在住の名無しさんの行きつけの店で
松寿司本店という寿司屋がお勧めらしい
電話してみると、席は空いてるようだ
ホテルから、ちと離れてるが行ってみるか

PA230031
福井城跡の脇道を歩く(´・ω・`)
暗闇にぼんやりと、堀と石垣が見える
福井城跡は、今は、福井県庁になっている
福井は、福井駅周辺が飲み屋の多い繁華街になってて
県庁より向こうは、マンションの多い住宅街という感じだぬ

PA230032
徒歩10分、松寿司総本店に到着(´・ω・`)
大阪とあるのは、大将と先代が、大阪で修行された為らしい

IMG_20161023_193908
カウンター席へ通されたぬ(・∀・)
日曜の夜だけど、常連風の客が、何組かいたぬ

IMG_20161023_184348
何を呑もうかな(・∀・)
永平寺町の黒龍酒造の黒龍にしてみるか
黒龍とは、恐らく九頭竜川の昔の名前
黒龍川から名付けてるんだろうな
ヽ(´ー` )ノください

IMG_20161023_184954
地酒黒龍と、突き出しが来たぬ( ・∀・)
地酒は、黒龍の餘波(なごり)という生貯蔵酒
飲みやすい口当たりのお酒だぬ、(゚∀゚)ウマウマ
突き出しは、なめこのイクラのせと、蟹身のカニみそのせ
贅沢な突き出しだねえ、うまうま( ^▽^)

IMG_20161023_185306
さて、何を食べようかなあ(´・ω・`)
寿司屋だけに、寿司物が中心だな、当たり前か
へしこって聞くけど、食べたことないんだよな
押し寿司か、酒の肴になる感じか聞かれたんで
押し寿司だとかなり大きいらしいので、肴になるほうを
ヽ(´ー` )ノ下さい

IMG_20161023_185626
鯖のへしこがきたぬ( ・∀・)
肴になるように、炙ってあるぬ
最初の口当たりは塩っ気が強いが、
噛むほどに、旨味が沸き上がる味わいだぬ
(゚∀゚)ウマウマ
大将の話では、鯖を塩をふり糠に漬けて熟成させ、
出来上がるのに一年かかるという

IMG_20161023_185350
お次は、造りで行くかな
盛り合わせにしよう
ヽ(´ー` )ノください

IMG_20161023_191243
左からサバ、イカ、平目、マグロトロ、甘えび
マグロ以外は、全て、越前沖の地物だぬ、(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20161023_194150
本日のおすすめ、行ってみるか(´・ω・`)
あれ、今の時期蟹あるのか
蟹は11月以降と聞いていたんだが
セイコガニ(山形) むむむ、山形?
大将にどういうことか聞いてみたら、
山形のカニは、一か月解禁が早くて今月かららしいぬ
福井は蟹のイメージなんで、客の要望が多く
山形からも仕入れてるとのこと
ただ、セイコガニは、さっきいた客の注文で売り切れてしまったという
では、ノドグロヽ(´ー` )ノください

IMG_20161023_193737
桜色の、生きのいい、大きなノドグロ( ・∀・)
4千円になりますが、よろしいでしょうかと大将
あ、く、ください(;・∀・)

IMG_20161023_195656
ノドグロの塩焼きが来たぬ( ・∀・)
身が柔らかくて、旨味がぎゅぎゅとつまった味だねえ
なるほど、これは人気があるわけだなあ
文句なし、うまうま( ^▽^)

IMG_20161023_203104
ノドグロ食べてる途中で、黒龍なくなったんで、
大将のお勧め、常山のひやおろしを頂く
福井市内の老舗・常山酒造の地酒だぬ
辛口で(゚∀゚)ウマウマ
ノドグロに、ひやおろし、贅沢な組み合わせで大満足( ^▽^)

IMG_20161023_202249
〆は汁ものにするかな
じゅん菜の赤だしでヽ(´ー` )ノ


IMG_20161023_203727
じゅん菜は、つるんとした舌ざわり
赤だしは、名古屋時代を思い出す懐かしい味だねえ
(゚∀゚)ウマウマ

ご馳走様ですた
8千円

PA230027
 (つ∀-)オヤスミー

PA240035
7時過ぎ、チェックアウト(´・ω・`)
快晴だぬ

PA240037
国道158号を越前大野方面へ(´・ω・`)
日の出の太陽が眩しい

PA240041
途中、JR西日本・越美北線(九頭竜線)の列車が見えたぬ(´・ω・`)

PA240042
九頭竜ダムまで、あと26キロ(´・ω・`)

PA240045
山奥になってきたぬ(´・ω・`)
道路沿いにススキが続く
秋の風情だぬ

PA240049
8時50分、越美北線の終着駅・九頭竜駅に到着(´・ω・`)
右が駅で、左は道の駅

PA240048
九頭竜駅構内(´・ω・`)
小ぎれいな待合室だぬ
駅員はいないぬ

PA240046
ホーム(´・ω・`)
残念ながら列車は来てない
奥の方向は行き止まりだぬ

PA240047
時刻表はスカスカで、次来るのは10時57分
二時間後か(´・ω・`)

PA240067
道の駅には、恐竜がいたぬ(´・ω・`)
紅葉祭りの幟があるが、さて、紅葉してるかな

PA240065
国道沿い見かけた、九頭竜ダムの手前にある鷲ダム(´・ω・`)
発電用に作られた九頭竜ダムの補助ダムだぬ

PA240063
九頭竜ダムの裏側が見えてきた(´・ω・`)
岩石や土砂を積み上げてコンクリで固めたロックフィルダム

PA240062
9時40分、九頭竜ダム到着
ただ、何かの工事をしていて、ダム本体には近づけなかった
遠方から撮影(´・ω・`)

PA240056
九頭竜湖沿いを歩いてみる(´・ω・`)

PA240058
九頭竜湖(´・ω・`)
湖というより広い河という感じだぬ

PA240052
九頭竜湖でも、ススキが印象的だったぬ( ・∀・)

PA240053
紅葉は、ほんのちょっとだけしていた(´・ω・`)
全体は青葉でまだまだ先のようだぬ

PA240064
越前大野方面へ戻るか(´・ω・`)

PA240069
途中見かけた、越美北線の越前下山駅(´・ω・`)
九頭竜湖駅の隣の駅だぬ

PA240068
この駅は、百名山荒島岳(標高1523m)の登山口になっている(´・ω・`)

PA240071
この駅の近くに、九頭竜温泉があるようだぬ(´・ω・`)
案内があるぬ、行ってみるか

PA240074
越前下山駅から5分ほどで、九頭竜温泉平成の湯到着(´・ω・`)
入ってきたぬ
弱アルカリ泉ですべすべした湯、
温湯で長湯に向き、露天風呂もあるぬ
入湯料600円
人が多くて撮影できず

PA240078
国道158号を、越前大野方面へ(´・ω・`)
九頭竜川沿いを走るぬ

PA240081
九頭竜渓谷(´・ω・`)
風情があるぬ
紅葉してればいい感じになるんだろうなあ

PA240082
国道沿いに見かけた松茸の露天売り(´・ω・`)
居酒屋で松茸あったら頼もうかな

PA240077
えらく遅く走る除雪車(´・ω・`)
渋滞発生したぬ

PA240084
建設中の中部縦貫道(´・ω・`)
完成すれば、北陸道の福井北インター~勝山~越前大野
~東海北陸道白鳥インターがつながるらしい

PA240085
11時半、越前大野の蕎麦屋梅林、到着(´・ω・`)
ここで昼飯にするぬ
1の1先生のお勧め

IMG_20161024_113138
何を食べようかなあ(´・ω・`)
お勧めは、越前おろしそばだったな
右の醤油かつ丼も気になるな
越前おろしそばと、醤油かつ丼ヽ(´ー` )ノください

IMG_20161024_113453
囲炉裏で待つぬ( ・∀・)

IMG_20161024_114222
左が、醤油かつ丼、温泉卵と、ひれカツに、大根おろしが乗せてある
上にある蕎麦のつけ汁風の醤油をかけるぬ
右が、越前おろしそばで、上にある大根おろしの醤油ダレをかけるぬ
(゚∀゚)ウマウマ
1,430円

PA240097
越前大野城駐車場に到着(´・ω・`)
森の上に城の天守が見える
コンクリの復元天守らしい

PA240095
越前大野は、湧水が有名で、名水が5か所あり、
湧水巡りをする人も多いらしい
もれは、その一つの、御清水を訪問したぬ( ・∀・)

PA240093
飲んでみたら、美味しかったぬ( ・∀・)
この御清水は、越前大野城で使われた水で
殿様水とも言われていたらしい

PA240086
越前大野の城下町にある
ここ、日古里(ニッコリ)という店で、
越前名物の焼き鯖の棒寿司を買ったぬ( ・∀・)
1の1先生のお勧め

PA240098
買ってきた棒寿司1300円
あとで、食べよう(´・ω・`)

PA240102
越前大野から北上し、国道157号を金沢白山方面へ(´・ω・`)
この国道は恐竜街道という愛称らしい

PA240105
途中、国道脇の退避帯で、休憩(´・ω・`)

PA240099
越前大野で買った鯖寿司、食べるか(´・ω・`)

PA240106
(゚∀゚)ウマウマ
これ食べてしまうと、夜何も食べられなくなりそうだけど
ま、いいや、完食すた(;´∀`)

さて次行くか

PA240104
13時半、福井県と石川県の県境を通過(´・ω・`)
これから、白山ロード経由で、飛騨高山へ向かうぬ

(続く)

瀬戸内海の旅③広島篇

倉敷篇の続き(´・ω・`)

P9270169
9時40分、福山東インターを降りる(´・ω・`)
広島県福山市だぬ
倉敷~福山東 高速料金千円
まだ行ったことがない鞆の浦へ向かうぬ
鞆の浦といえば、もれ的には、
信長に追い出された将軍足利義昭が晩年過ごした
足利幕府終焉の地というイメージしかないのう

P9270172
国道182号で、鞆の浦方面へ(´・ω・`)
インター出口から福山市街地は、かなり渋滞してたぬ

P9270173
途中から県道を走るぬ(´・ω・`)
海が見えてきた
晴れていて綺麗だぬ(・∀・)

P9270174
10時半、鞆の浦の鞆城跡に到着(´・ω・`)
信長から京を追い出された
室町幕府最後の将軍・足利義昭が晩年過ごした城だぬ
狭い路地を上がった小高い丘の上にある
城は、義昭を庇護した戦国大名
中国地方の覇者である毛利家が義昭の為に作ってくれたらしい
当時のものは、一部の石垣くらいで、ほとんど遺構が残っていない
今は、鞆の浦歴史民俗資料館になっている
入場料150円、館内撮影禁止
館内、鞆の浦の祭りのことなど、色々な展示物があったけれど、
義昭ゆかりのものは、瓦くらいだけしか展示が無かった
鞆の浦は、映画やドラマのロケ地になることが多いらしく
その展示が参考になったくらいかな

P9270179
歴史民俗資料館の玄関からは、鞆の浦の港町が見渡せる(´・ω・`)
鞆の浦は、瀬戸内海交易の中心地であり、
中世では、風待ちの港として、
近畿~九州間の海運の中継地として栄えたらしい
閑静で小さな港町という風情だぬ

P9270180
ふたたび、狭い路地を走り、海岸方面へ(´・ω・`)

P9270181
11時、鞆の浦温泉・ホテル鴎風亭に到着(´・ω・`)
大きな温泉旅館だぬ
行くまで、鞆の浦に温泉があるとは全く知らなかったが
日帰り湯で入ってみるぬ
入湯料1300円
このホテル、2004年にスタジオジブリの社員とスタッフ200人が
泊まったホテルらしい、いわゆる社員旅行だろうか
これがきっかけで、宮崎駿が、鞆の浦をいたく気に入り、
ポニョの構想が始まったらしい

P9270184
高さが3Fで、海がよく見える開放的な露天風呂だぬ
入湯料が1300円と滅茶高いせいか、
ずっと、もれ一人だけの独占状態だった
貸し切りと思えば安いな

P9270192
泉質は無色透明無臭のラジウム泉だぬ
湯量は普通、ぬる湯で、長湯に向くぬ
おそらく循環の沸かし湯と思われる

P9270196
湯船の縁に腕をかけて、海を眺める(´・ω・`)
東側は、瀬戸内海が広く見渡せる
中央左寄りの白い人工構築物は、福山港、
右側は、北木島、佐柳島などの塩飽諸島の島々が
連なっているのが見える
その奥は、対岸の丸亀のある四国だな

P9270183
西側は、仙酔島がよく見える(´・ω・`)
島への定期船があるようなので、あとで行ってみよう

P9270190
下を見下ろすと、緑の環礁が見えるぬ(´・ω・`)
透き通った綺麗な海だぬ
ポニョは見えなかったが、海鳥が飛んでいたぬ
温泉はこのくらいで

P9270263
車は、ホテルの駐車場にちょいと置かせてもらって、港町を散策
海沿いの道を歩くぬ(´・ω・`)
左の観光チックな模造帆船が、仙酔島への定期船らしいな
鳥居と観音堂らしきものが見えるが、
弁天島という小島で、その島は聖域なのか行けないようだ
その奥の大きい島が、仙酔島、そっちには行けるようだぬ

P9270205
次に、街中に入り、狭い路地を歩くぬ(´・ω・`)
明治以前の古い屋敷が多く、長屋で残っている
風情のある港町だぬ

P9270201
街を通り抜けると、漁港が見えたぬ(´・ω・`)
鞆港だな
人も少なく静かな港だぬ

P9270203
港の位置を示す灯台的な役目を果たす常夜燈(´・ω・`)
1859年、幕末安政期に建設されたものらしい

P9270199
渡舟乗り場方面へ(´・ω・`)
お、渡し舟が止まっているようだぬ
平成いろは丸という、模造観光船で
坂本龍馬・海援隊のいろは丸を再現した船らしい

P9270197
仙酔島行き福山市営渡船のりば(´・ω・`)

P9270198
12時30分に乗ろう
すぐだな
乗船券往復240円

P9270208
乗り込むぬ(´・ω・`)

P9270247
形だけの操舵ハンドル(´・ω・`)

P9270212
地元の遠足なのか、中学生が多くいたぬ(´・ω・`)

P9270210
船は回転し、仙酔島へ(´・ω・`)

P9270214
10分ほどで、対岸に到着(´・ω・`)

P9270217
仙酔島を歩いてみよう(´・ω・`)

P9270218
数分歩いてすぐ、浜辺が見えたぬ(´・ω・`)
田ノ浦という浜辺で、むこうに見える小島は皇后島

P9270221
海岸沿いに遊歩道が整備されている(´・ω・`)

P9270224
風光明媚な遊歩道
歩くだけでも楽しめる( ・∀・)

P9270228
彦浦(´・ω・`)
右の地続きの島は、下加見島
ここは、1960年の二人の武蔵という映画で
巌流島決闘シーンのロケ地だったらしい

P9270238
下加見島(´・ω・`)
ごつごつした岩場でつながっている
島で釣りをしてる人がいたぬ

P9270225
浜辺沿いをさらに奥へ(´・ω・`)

P9270229
鳥の口展望台へ(´・ω・`)

P9270231
ちょっとした山道を登る(´・ω・`)

P9270232
13時、鳥の口展望台に到着(´・ω・`)
船着き場から、20分ほど歩いたぬ
休憩にするぬ

P9270233
鞆港方面が見渡せる(´・ω・`)
ただ、木々が高く、360度の景観は無かったぬ
これ以上奥の道は、島の反対側を通ってるようだが
あまり人が行かないのか整備されておらず、
蜘蛛の巣も張ってる道なんで引き返すぬ

P9270241
さて、戻ろう(´・ω・`)

P9270243
暑いし、ソフトクリームでも食べるか(´・ω・`)

P9270242
塩ソフト、(゚∀゚)ウマウマ

300円

P9270246
船着き場でしばらく待ってると、帰りの船が来たぬ(´・ω・`)

P9270249
対岸で船を降りて、渡船のりばを出ると
すぐ向かいに、大きな石垣がある屋敷が見えた
お寺だろうか、寄ってみよう

P9270250
福禅寺という禅宗のお寺らしい(´・ω・`)
對潮楼とはお寺に付属している客殿の名前のようだぬ

P9270251
客殿對潮楼(たいちょうろう)
1690年江戸元禄期の古刹だぬ(´・ω・`)
拝観料200円
江戸期は、朝鮮通信使の迎賓館として使われたらしい

P9270255
中に入ると、日東第一形勝の額がある
赤いカーペットが敷かれた大広間があった(´・ω・`)
開放的な窓から見える景色は、
左手に仙酔島、右手に瀬戸内海の島々となかなか、いい眺望だぬ
この広間は、坂本龍馬ゆかりの地でもあるぬ
幕末、いろは丸沈没事件という事件があって
坂本龍馬率いる海援隊の、いろは丸(大洲藩から借用)と
紀州徳川藩明光丸が衝突し、いろは丸が沈没した事件で
坂本龍馬と紀州藩側が談判した部屋らしい
竜馬は、万国公法を持ち出し、紀州藩の過失を追求したらしいな

P9270256
この部屋からは、いろは丸衝突箇所が見えるぬ(´・ω・`)
左手の仙酔島、右手は走島、
仙酔島と走島の間に、遠くだが、薄くぼんやりと六島という島が見え
その島の沖で衝突、その後曳航されて、
走島の裏手にある宇治島沖で沈んだと、係員の人が教えてくれた
ま、今日は天気が良く、六島がかなりよく見える方らしい
談判の結果、竜馬側が勝利し、八万三千両の賠償金をゲットした
今の金額に換算すると、30億から40億円に相当するらしい

鞆の浦はこれくらいで(´・ω・`)

P9270265
福山市街地方面へ(´・ω・`)

P9270266
福山東インターから、山陽道を広島方面へ走るぬ(´・ω・`)

P9270267
小谷SAで休憩(´・ω・`)

IMG_20160927_154353
15時40分、かなり遅いが昼飯にするぬ(´・ω・`)
尾道ラーメンが気になるが、ここはやはり
Twitterの人お勧めの汁無し担々麵にするか

IMG_20160927_154819
広島で静かにブームになっているB級グルメ
汁無し担々麺だぬ(゚∀゚)ウマウマ
750円

P9270268
西条インターを出るぬ(´・ω・`)

高速料金1,560円

P9270270
16時40分、ホテルに到着(´・ω・`)

素泊まり5,980円

P9270271
西条の酒蔵で、試飲しようと思っていたが、
もう5時近いので諦めたぬ(´・ω・`)ショボーン
部屋でゆくりするか

P9270272
18時、外出(´・ω・`)
西条駅、もう夕暮れだぬ

P9270273
西条駅前にある
市況1の1先生の、お勧め、さくらや(´・ω・`)

P9270274
買ってきたどー(・∀・)

IMG_20160927_183449
ホテルに戻ったぬ
穂の香と、樽最中(3個入り)
だぬ( ・∀・)

IMG_20160927_183812
穂の香は、カステラだのう(・∀・)
ナイフないんで、ちょい、ちぎって食べたぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20160927_183958
樽最中だぬ( ・∀・)

IMG_20160927_184027
中は、酒かすの白餡だの(゚∀゚)ウマウマ
残りは、飛行機で食べるか

P9270275
9時過ぎ、夕飯(´・ω・`)
なんとなく、見かけた、ここの居酒屋にするか

IMG_20160927_222334
テーブル席に通されたぬ(´・ω・`)

IMG_20160927_222306
正面上を見る
キョンキョンか(´・ω・`)

IMG_20160927_223453
出入り口側
扉をしめると、完全個室(´・ω・`)

IMG_20160927_211103
酒は何にするかな(´・ω・`)
まずは、亀齢の純米酒、次に、賀茂鶴の純米酒にするか
どちらも、西条の地酒だぬ

IMG_20160927_211020
肴は、何にするかな、適当に頼むか(´・ω・`)

IMG_20160927_212926
がんすだぬ(゚∀゚)ウマウマ
がんすとは、広島特有のもので、
魚のすり身にパン粉をつけて揚げたものだぬ
マヨネーズと辛子をつけて食べる
がんすという言葉自体、広島方便らしいな(´・ω・`)

IMG_20160927_211336
あん肝ポン酢合えだぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20160927_214801
広島産カキフライだぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20160927_221124
サンマ柚庵焼き(゚∀゚)ウマウマ
酒、亀齢なくなったんで、賀茂鶴にしたぬ(・∀・)

IMG_20160927_221552
牛筋煮込みを頼むか(´・ω・`)

IMG_20160927_222545
牛筋煮込みだぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20160927_222008
〆は、お茶漬けにするか(´・ω・`)

IMG_20160927_223527
〆は、梅茶漬け

ご馳走様ですた
3,700円

P9270276
賀茂鶴の壁を通って、ホテルに戻るぬ(´・ω・`)

 (つ∀-)オヤスミー

P9280278
西条インターから山陽道で広島空港方面へ(´・ω・`)

P9280279
途中、小谷SAでガソリン満タンにするぬ(´・ω・`)
レンタカー指定の広島空港最寄りのGSがSAのGS
空港周辺に24時間営業のガソリンスタンドが無いからだな

P9280280
河内インターで降りて、広島空港(´・ω・`)
空港店でレンタカーを返却

P9280283
8時、搭乗までまだ時間があるんで、
空港のレストランで朝食にするか(´・ω・`)

IMG_20160928_080939
何にしようかな(´・ω・`)

IMG_20160928_081454
牡蠣カレーにしたぬ(゚∀゚)ウマウマ
けど、牡蠣がないな(´・ω・`)ショボーン

IMG_20160928_083226
保安検査済ませ、搭乗ロビーへ(´・ω・`)
人が多いが、ほとんど他社便の客

P9280284
9時10分、ブリッジゲートで乗り込むぬ(´・ω・`)

IMG_20160928_091204
( ̄д ̄)エー
窓際なのに窓がない(´・ω・`)ショボーン

P9280285
全体に空席が目立つ(´・ω・`)
前の席は全部空いてる

IMG_20160928_093939
樽最中食べるか
( ´゚д゚`)アチャー
酒かす白餡が粉々に(´・ω・`)ショボーン

P9280287
11時、成田到着(´・ω・`)

P9280289
さて、松戸へ帰るか(´・ω・`)

今回の費用は

飛行機    8千円
レンタカー 1.9万円
ホテル   1.7万円
ガソリン   3千円
高速     7千円
食事・他  2.4万円

計 7.8万円

ですた

(終わり)

瀬戸内海の旅②倉敷篇

讃岐の塩江温泉からの続き(´・ω・`)

P9260116
国道193号→国道11号を走り、坂出方面へ(´・ω・`)

P9260117
13時45分、坂出インターから、瀬戸中央道へ(´・ω・`)

P9260119
瀬戸大橋を走るぬ(´・ω・`)

P9260120
昨日と同様、与島PAで休憩(´・ω・`)

P9260121
14時なので、サービスエリアのフードコートで
ちょいと遅めの昼飯にするぬ(´・ω・`)
何を食べようかな
定食で、海の物がいいかな
たこめし御膳か、太刀魚と地鶏の天ぷら膳の
どっちかにしよう

IMG_20160926_141056
瀬戸内太刀魚と地鶏の天ぷら膳にしたぬ( ・∀・)
太刀魚天ぷら、うまうま
地鶏とかき揚げの天ぷら、蒟蒻刺身もあって、おなか一杯
ご馳走様ですた
900円

P9260126
サービスエリアの展望台に上がり
景色を眺めてきたぬ(´・ω・`)
今日は晴れてて、瀬戸大橋も大きく見えるぬ

P9260123
瀬戸内海も見えるぬ(´・ω・`)
右の大きい島が本島、左が牛島らしい
本島と牛島の間の奥に見えるのが広島(広島県ではない)
これら周辺の島は、塩飽諸島と呼ばれ、
瀬戸内海の東寄りを牛耳っていた海賊の根城で、
のち戦国時代、塩飽水軍となった島々だぬ
ちなみに、瀬戸内海の西寄りは、
能島、来島、因島(今のしまなみ海道高速道ぞい)を根城にした
有名な村上水軍が支配していた

P9260130
晩夏、瀬戸内の太陽が、眩しいぬ( ・∀・)
白く照り輝く海が綺麗だねえ

P9260124
ズームで撮影(´・ω・`)
牛島と瀬戸内海を進むタンカー
いまは、海賊はいないので、安心して航行できる
さて、そろそろ行くか

P9260132
15時、児島インターを出るぬ(´・ω・`)
高速料金、坂出~児島間で、1,450円

P9260137
児玉インターから国道430号、県道を走り、倉敷方面へ(´・ω・`)
途中、見かけた水島の街
昭和の高度経済成長期の面影が残るノスタルジックな工業地帯だな

P9260141
県道で倉敷駅方面へ(´・ω・`)

P9260143
16時、倉敷駅前北口側のビジネスホテルに到着
朝食付5,700円
一時間半ほど、部屋で休憩して
夕飯の居酒屋予約したぬ

P9270166
5時半、出かけたぬ
ホテル近くの倉敷駅北口のアンデルセン広場(´・ω・`)

P9260147
南北連絡通路を渡り、倉敷駅南口へ(´・ω・`)

P9260146
倉敷は南口が栄えており、庁舎、繁華街と、
倉敷のシンボル、美観地区があるぬ(´・ω・`)

P9260148
倉敷駅から駅前通りを10分ほど歩くと、
美観地区入口
蔵のデザインの建物が並んでいるぬ
奥へ歩いてみよう

P9260150
運河のような小さな川が見えた
倉敷川というらしい
川岸には柳の木が植えられているぬ(´・ω・`)
両岸に、風情のある建物が並ぶ
市況でお勧めされてた証券会社がどこかにあるはずなんだが
このときは見つからなかった(´・ω・`)
あとで、右側に映ってると気づいた

P9260152
倉敷川には、白鳥がいたぬ(´・ω・`)

P9260154
小舟もあり、鯉が泳いでいて、
まるで時代劇のセットのようだぬ
風情があるねえ( ・∀・)
とりあえず、美観地区はこのくらいにして
夕飯にするか
目当ての証券会社見つからなかったし、
明日朝また見に行って探そう(・∀・)

P9260156
食べログ、倉敷1位の居酒屋
鬼の厨しんすけ
美観地区からすぐだぬ(´・ω・`)
美観地区内ではないが、
美観地区にあってもおかしくない店構えだぬ
電話予約して、訪問

IMG_20160926_190646
入ってみると、鬼のようなスキンヘッドの大将がいたぬ(´・ω・`)
野太い、いかつい声で、さっきの電話の人?ハイ、そうです。
なんか怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
恐る恐るカウンター席に座る
カウンター前には、女将も女性店員もいなく、
俳優・六平直正似の鬼の頭目以下家来二人
まるで塩飽海賊、こわもての男だけの三人組
全く女っ気のない店だぬ
ただ、客は多く女性もいて賑やかだぬ
店名の鬼の厨とは、そういうことか
瀬戸内塩飽海賊の頭目の名は、しんすけだな、聞かずとも分かる

IMG_20160926_180419
とりあえず、日本酒のメニューを見る
地元地酒は、美観地区にある酒蔵、森田酒造一択らしい
萬年雪荒走り本醸造末搾り原酒を冷酒でヽ(´ー` )ノ

IMG_20160926_180540
森田酒造、萬年雪の荒走り原酒と、突き出しだぬ( ・∀・)
おちょこは、30種類くらいあり、好みを自分で選ぶシステムで
左上にある黒い地味な小さなものを選んだぬ
萬年雪は、香りがよく、ほどよい辛さで旨いぬ
ただ、その場で注いでくれなかったので
ラベルは撮れず(´・ω・`)ガッカリ…
突き出しは、なにかの魚の焼き物で、旨かったぬ

IMG_20160926_181350
さて、何を頼もうか(´・ω・`)
店内見回しても、
本日のお勧め黒板ボード的なものは見当たらない
右は、単純に全メニューを載せてるだけのようで、
今日扱ってるのかもわからず、値段も書いてないので
とりあえず、左の定番メニューから選ぶことにする
いろいろ考えたが、
とりあえずから、ままかり焼き酢
お造りから、さわら造り
焼き物から、さわら西京焼き
を順々に注文していったぬ
さわらを中心にしたのは、この店は
たぶん鰆が得意なんじゃないかと思えたから

IMG_20160926_193508
店内は蔵か旧家を改装したタイプのようで天井が高く
メニューはまったく掲示してなく、酒瓶を並べたくらいの
シンプルなインテリアだぬ(´・ω・`)
のし袋がたくさん並んでいるのが変わっている
どうやら、お得意さんや常連からの
開店かなにかのお祝いののし袋らしい
常連の身内的なお客さんをかなり大事にしてるようだぬ
ただ、常連客にはこわもての顔で精いっぱい愛想ふりまくが、
もれは一見でしかも一人客のせいか、アウェイな扱いだったぬ(´-ω-`)
呑んでる途中、予約ない客が何組か来たときに
一見は速攻断ってたが、常連は通してたりとか
あと、常連には、口頭でメニューにはない
ワタリガニやノドグロを勧めていたりとか
(無論、もれにはサジェスチョン無し)
今日のお勧めメニューを出さないのも、そういうことのようだぬ

IMG_20160926_181442
ままかり焼き酢が、きたぬ( ・∀・)
ままかり(ニシンのサッパ)を焼いて、酢漬けにしたものだぬ
岡山の代表的な郷土料理だねえ
これを食べるために倉敷に泊まったようなもんだぬ
味は脂がのってて、イワシに近いかな
まま(ご飯)を借りるほど旨いが語源だそうだが
酒の肴に実にあうぬ、(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20160926_183454
鰆刺が来たぬ( ・∀・)
トロかと思うくらい脂がよくのってて、実に(゚∀゚)ウマウマ
昨日の丸亀で食べた鰆は、さっぱりしてて上品な甘みがあったが
脂のほうは感じなかった、同じ鰆でも、部位か、あるいは、
生け簀、漁港直揚げの違いで味が全く変わるのかもしれないねえ

IMG_20160926_192320
鰆西京焼きが来たぬ( ・∀・)
これも脂身たっぷりで、(゚∀゚)ウマウマ
地酒萬年雪が無くなったんで、〆にするか

IMG_20160926_193616
〆は、鮭茶漬け(´・ω・`)

ご馳走様ですた
6千円

P9260144
 (つ∀-)オヤスミー

IMG_20160927_070040
( ノ゚Д゚)おはよう、7時のホテルの朝飯だぬ
(゚∀゚)ウマウマ

P9270157
食後、美観地区を再び散策したぬ(´・ω・`)
美観地区入って、最初に目を引いた喫茶店
モリゾー状態だぬ(;´∀`)

P9270161
モリゾー喫茶店の隣には、
石垣の上にメトロポリタン美術館をミニマムにしたような洋館(´・ω・`)
大原美術館という美術館だぬ
まだ7時40分なんで、開いてない
営業は9時かららしい
所蔵作品をぐぐったが、モネの睡蓮は見てみたかったな

P9270158
大原美術館の隣に、お目当ての黒板を見つけた(;・∀・)
当面の相場見通し・・・・・株価は上昇しよう云々
見事な達筆、綺麗な楷書体やなあ
書かれたのは平成28年9月2日か
今日は、9月27日だから、3週間前の古い相場分析やな
ここが例の証券会社か

P9270160
玄関(´・ω・`)
右に先ほどの達筆黒板がある
玄関の方は北田という表札があるだけで、北田邸にしか見えんな
これが会社の事務所なのか

P9270159
全体(´・ω・`)
ますます、会社には見えん
風情のある美観地区らしい旧家だぬ
株が好きな北田さんが趣味で
達筆黒板に相場観を個人的に書いてるだけじゃないか
きっと( ゚д゚)ウム
さっきの正門の玄関は右奥にあり、中央の扉は勝手口らしい
スーツの男性が入っていった
ググると、元は北田証券という倉敷地場証券の本社で
2013年3年前、鳥取の大山日の丸証券と合併
今は、倉敷支店になってる
とはいえ、大山日の丸証券㈱倉敷支店の看板は何処にもないんだが

P9270162
昨日と同様、倉敷川ぞいを散歩しよう(´・ω・`)
晴れてると、印象がまた違うな
川向うにある旧家は、お食事処や料理旅館など、
いろいろ並んでいる

P9270165
倉敷川に架けられている中橋という小さなアーチの石橋と
その先には倉敷館という洋館(´・ω・`)
大正6年に建てられた倉敷町役場らしい
今は、観光案内所になっている

P9270164
右端からから左奥にかけて、かなり大きな蔵がずらっと並んでいる
すべて、幕末からある米蔵だったらしい(´・ω・`)
このあたりは、倉敷一の米問屋があったんだろうな
今は、手前のほうは、倉敷民藝館
奥のほうには、日本郷土玩具館という、博物館になっているぬ
もう、八時か、倉敷美観地区はこのくらいで

P9270168
8時過ぎにチェックアウト(´・ω・`)
倉敷インターから山陽道を走り、広島方面へ向かうぬ

(続く)

ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ