九州春旅③柳川篇

九州新幹線の筑後船小屋駅の続き(´・ω・`)

P5270321
国道443号で柳川市街地へ(´・ω・`)

P5270329
16時、柳川藩主立花家伯爵邸御花に到着(´・ω・`)
今夜は、ここに泊まるぬ

P5270367
御花の西洋館(´・ω・`)
立花家伯爵邸での旧迎賓館だぬ
左手に進む

P5270322
旅館御花のフロント(´・ω・`)
チェックインするぬ。朝食のみ11,880円
旅館御花のオーナーは、旧柳川藩主の立花家
旅館料亭経営は、戦後の1950年かららしい

P5270325
4階の部屋に案内されたぬ(´・ω・`)
手前にもベットがあり、ツインの部屋で広いぬ

P5270327
冷蔵庫に、ビール、ミネラルウォーター、ジュースが二本づつ
全部飲んでも持ち帰っても、無料だぬ
太っ腹というか、殿様商法かの(´・ω・`)

P5280383
ベランダに丸テーブルと椅子(´・ω・`)
外に出てみよう

P5270326
ベランダからは、旧立花邸の庭園・松濤園が見下ろせるぬ
この角度は、泊まらないと見れない景色だねえ(´・ω・`)

P5270332
夕食までまだ時間があるんで、旅館から貰った無料チケットで
御花内の立花家資料館を見るぬ(´・ω・`)
一般の場合、入場料は500円

P5270334
初代柳川藩主立花宗茂の鎧(´・ω・`)
宗茂は、武術にも長け、茶道にも通じた文武両道の武将だったらしい

P5270337
宗茂の槍(´・ω・`)

P5270343
宗茂の刀(´・ω・`)
他に、宗茂の養父・立花道雪の
雷を切ったという妖刀・雷切丸も展示されていたぬ

P5270366
いったん、外を出て、左に見える西洋館内へ(´・ω・`)

P5270349
階段を上がって二階へ(´・ω・`)

P5270350
右に進む(´・ω・`)

P5270352
暖炉と鏡面がある広い洋間だぬ(´・ω・`)
明治大正時代、当時は、東京の迎賓館を真似て、
ここで、夜な夜な舞踏会が開かれていたのであろう

P5270353
暖炉の反対側。左手に見える小部屋が
正面玄関の真上にあたる(´・ω・`)

P5270351
先ほどの、西洋館の正面玄関の真上にあたる小部屋だぬ(´・ω・`)

P5270357
一階におりて、御役間へ(´・ω・`)
畳の間に、鎧と陣幕が展示されている
右へ進む

P5270359
中庭ぞいの廊下を進む(´・ω・`)
向こうに見える建物は、庭園を眺める大広間のある屋敷
サボテンみたいなのは、ソテツだぬ
庭園は中庭の廊下をぐるっと回って、大広間脇を抜けたところにある

P5270365
屋敷の大広間脇から、庭園に出る(´・ω・`)
左手が和室の大広間だが、今は、修復中で入れない
そのため、大広間からの庭園の風景は残念ながら見れなくなっている

P5270363
大広間の脇から庭園を眺める(´・ω・`)
御花の庭園や屋敷は、元禄十年、立花家三代目に始まる
宮城松島の景観をイメージして作られており、
海を見立てた広大な池に無数の石と老松を配しているぬ
大名庭園の風情があるねえ

P5270361
一般向けレストランのある対月館2階から庭園を望む
左奥の4階建ての建物が宿泊棟の松濤館
もれが宿泊してる部屋は、その4階だぬ(´・ω・`)

P5270369
18時に予約が取れたんで、夕飯に行くぬ
柳が並ぶ御堀ぞいを歩く(´・ω・`)

P5270370
今夜の居酒屋、夜明茶屋だぬ(´・ω・`)
一階に魚屋があり、奥に居酒屋があるぬ
柳川には、太田和彦や吉田類の居酒屋は無いので
魚が得意そうな処を食べログや個人ブログなどで探したぬ

IMG_20170527_190332
カウンター席に案内されたぬ(´・ω・`)

IMG_20170527_180537
何を飲もうかなあ(´・ω・`)
柳川の地酒はどれか聞いたが、
柳川市内には蔵元が全部潰れてないらしい
九州新幹線筑後船小屋駅近くで、みやま市瀬高にある
菊美人酒造の菊美人がお勧めというで、それを冷酒で頼んだぬ

IMG_20170527_181106
特別純米菊美人が来たぬ( ・∀・)
このラベルの銘は、北原白秋の筆によるものらしい
白秋の姉が、菊美人酒造に輿入れした縁で墨書したそうだぬ
辛口で旨味があって(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170527_185934
肴は何にしようかな(´・ω・`)
漁師さんがお勧めという
左側の釣りメニューのクチゾコ姿造りにするか
クチゾコて何かわからないけどヽ(´ー` )ノください

IMG_20170527_181601
クチゾコの姿造りが来たぬ( ・∀・)
店員に聞くと、クチゾコは、赤舌平目のことで、靴底の形に似てるんで
有明地方では、クチゾコ(クツゾコ)というらしい
なるほど、左側の頭だけ見えてる本体の姿を見る限り
なんか靴底のヒールに似てるねえ
赤舌平目の白身の刺身は、しっかりした噛みごたえで甘みがあり
(゚∀゚)ウマウマ
皮も添えてあったので、白身と皮をあわせて、食べたぬ
本体の舌平目は唐揚げにできるというのでお願いしたら
本体だけ回収していったぬ

IMG_20170527_185847
クチゾコの唐揚げができるあいだ、店内を眺める(´・ω・`)
あれは、有明のワタリガニかな
旨そうだなあ( ・∀・)

IMG_20170527_184805
舌平目の唐揚げが来たぬ( ・∀・)
骨までバリバリ食べられて(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170527_190717
冷酒の菊美人無くなったので、
菊美人辛口を熱燗で頼んだぬ(・∀・)

IMG_20170527_185939
有明のワタリガニと、むつごろうワラスポ活造り
どっち食べようかな(´・ω・`)
有明のワタリガニのほうは、2014佐賀の旅で竹崎蟹を食べたな
まだ食べたことのない、ムツゴロウ&ワラスポにしようヽ(´ー` )ノ下さい

IMG_20170527_191640
ムツゴロウとワラスポの活け造りが来たぬ( ・∀・)
左がワラスポ、右がムツゴロウだぬ
どちらも有明の干潟に生息する有名な生き物だねえ
ムツゴロウは、3度ほど⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク動いて絶命したが
ワラスポの方は、食べ終わっても最後まで口をパクパクさせていたぬ
素晴らしく逞しい生命力だねえ
味の方は、コリコリとしっかりとした食感で、ほんのり甘みがあるぬ
見た目はインデペンデンスデイの宇宙人みたく
グロテスクだが、実に旨かったぬ

〆は何にしようかと思ったが、メニューにお茶漬けなかったんで
これで〆にするぬ

ご馳走様ですた(´・ω・`)
5千円

P5270371
まだ、20時くらいだが、この辺りは、店が全てしまっていて寂しい
コンビニも見当たらない、鰻屋どころか、ラーメン屋も開いてそうにない
柳川の繁華街は、西鉄柳川駅周辺なんだろうな(´・ω・`)

P5270372
旅館御花に戻ったぬ(´・ω・`)
西洋館がライトアップされてる

P5270373
ウエルカム菓子の越山餅を肴に無料のビールでも飲むか(´・ω・`)

P5270374
ベランダでビール飲んでると、
金持ちパーティーでも開きそうな芝生のガーデンが見える(´・ω・`)

P5270375
ライトアップされている国指定の名勝・松濤園を眺める(´・ω・`)

P5280376
ベッド横にあった備え付けの本を見てみる
北原白秋の詩集か。詩集って読まないなあ
明日は、白秋の生家にでも行ってみるか
ぺらぺらめくってたら、寝落ちしたぬ (つ∀-)オヤスミー

P5280379
5時に( ・д⊂ヽ゛起きたぬ
夜明けの松濤園

IMG_20170528_075220
7時半、朝飯に行くぬ(´・ω・`)
行く途中、エレベータ内で柳川名物・お堀巡りのチラシが目についたぬ
Twitterの人にもお勧めされていたんで、乗ってみるか
フロントに行って予約してきたぬ
チェックアウトの時、迎いが旅館まで来てくれるらしい
1,600円

IMG_20170528_072908
朝食の食堂(´・ω・`)
ダイニング集景亭
松濤園が見える

IMG_20170528_073437
豪華な朝食だぬ( ・∀・)

IMG_20170528_073740
一枚そのままの大きな有明海苔
こういう海苔の出され方は初めてだぬ
ちぎって食べる(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170528_074849
デザート(・∀・)

ご馳走様ですた

P5280384
8時45分、チェックアウト(´・ω・`)
いい天気だぬ
しばらくして、お堀巡りの送迎が来たぬ
送迎は漏れだけだった

P5280387
車で5分ほど、西鉄柳川駅近くの乗船場に到着(´・ω・`)

P5280391
もれが一番乗り、先頭だった(´・ω・`)
乗船場の目印、赤い欄干の橋が見える
あとから、ツアーぽい人たちのグループがずらっと並んだ

P5280393
これから乗る船と船頭(´・ω・`)
20代半ばくらいの若い船頭だぬ

P5280395
一番前の特等席に座る(´・ω・`)

P5280404
乗り合いした人は、10人ほど
一番後ろが船頭で、こぎつつ、名所の案内をしていく(´・ω・`)

P5280398
ゆっくりと出発(´・ω・`)

P5280406
鳥がいたぬ(´・ω・`)

P5280408
まずは、柳川城の城門入口をくぐる(´・ω・`)
柳川城跡は広く、一キロ四方はあるぬ
この水門は、柳川駅から400mの所にある
堀巡りの終点の御花は、さらに、1.3キロほど先になるぬ

P5280410
水門は、舟の幅ギリギリで、かなり狭い(´・ω・`)
橋桁に頭がぶつからないように体を屈める

P5280412
水門抜けると、白秋の詩がかかれている水中歌碑(´・ω・`)
「ついかがむ乙の女童(めわらわ)影揺れて
まだ寝起きらし朝の汲水場(くみづ)に」
と書いてある
鳥がいる、ここは、水汲み場だったらしいな

P5280413
水汲み場は、こんな階段を降りる感じで、
城内の普通の何処の民家にもあった(´・ω・`)

P5280416
蔦で覆われた家を見かけた(´・ω・`)

P5280417
何の花か分らないが、赤紫の花が咲いてる(´・ω・`)

P5280419
また橋をくぐる、低ぅー:(;゙゚'ω゚'):

P5280420
高さ50cmあるかないかだな(´・ω・`)

P5280421
柳川海苔の工場(´・ω・`)

P5280423
煉瓦倉庫がちらっと見える(´・ω・`)
味噌の倉庫で、並倉(なみくら)と呼ばれてるらしい

P5280424
ここからは内堀(´・ω・`)
堀が緑の木に覆われるようになってきた
柳川城には、石垣がないため、城内の屋敷が丸見えになってしまう
城壁の代わりに、堀ぞいに木を沢山植えて目隠しにしていたらしい

P5280426
紫陽花の花(´・ω・`)

P5280427
風情のある橋(´・ω・`)
高門橋というらしい

P5280428
亀がいた(´・ω・`)

P5280430
椛島菖蒲園(´・ω・`)
菖蒲は丁度、5月下旬の今が旬

P5280432
また橋をくぐる(´・ω・`)
山王橋

P5280433
右側に何か見える(´・ω・`)

P5280435
舟の屋台らしい(´・ω・`)
舟からビールやお茶、甘味を注文できるらしく、
売り子は、いかがすかーいっていたが、こっちの舟はスルーした

P5280436
鳥居などは木で遮られてよく見えないが、日吉神社(´・ω・`)
神主ぽい人が歩いてるのが見える

P5280437
本丸跡に建てられた柳城中学校と柳川高校のグラウンド
左手の緑に本丸天守跡の碑がある
城下カレイの日出城跡も、学校だったなあ(´・ω・`)

P5280439
また狭い橋(´・ω・`)何度目だ
弥兵衛門橋

P5280441
舟幅ギリギリ(´・ω・`)
門番が一艘一艘チェックするため、わざと狭くしてあるらしい

P5280444
くもで網(´・ω・`)
昔使っていた漁具で、ウナギをとっていたらしい

P5280445
赤い屋根は、柳川藩重臣の十時邸と呼ばれる武家屋敷(´・ω・`)
左の人面アザラシみたいな珍妙な像は、まちぼうけとかいう碑

P5280452
最後の橋・豊後橋をくぐる(´・ω・`)

P5280455
終点御花が見える(´・ω・`)
ここで船が回転し、船頭が先頭になり、船着き場に着ける

P5280458
10時08分、御花の舟着場上陸
一時間ちょいの優雅な舟遊びですた(;´∀`)

P5280459
御花に車を置いたまま、ちょい、柳川の街を散歩するぬ(´・ω・`)
泊まったんだからいいおね

P5280462
お堀ぞいを歩く(´・ω・`)
小さな神社が見える

P5280463
北原白秋の生家記念館(´・ω・`)
豪商のような立派な屋敷だぬ
元は酒蔵だったらしい

P5280464
酒造場でよく見る杉玉がぶら下がってる(´・ω・`)
入ってみよう
入場料500円

P5280465
玄関(´・ω・`)
酒樽が飾られている

P5280466
茶の間(´・ω・`)
ご自由にお上がりくださいというので
では遠慮なく(;´∀`)

P5280472
勘定部屋(´・ω・`)
庭が見える

P5280467
庭先で、くつろいでみる
竹筒のカッコンに風情があるぬ(´・ω・`)

P5280470
柳川さげもんと雛飾り(´・ω・`)
柳川のひな祭りは、こういう派手な装飾をする風習があり
さげもんめぐりという祭を2月から3月にかけて長くやるらしい

P5280471
白秋のデスマスク(´・ω・`)

P5280475
白秋の悪戯書き(´・ω・`)
北原参上と書いてあるらしい

P5280478
北原酒造場と書かれた酒瓶(´・ω・`)
白秋は、蔵元のボンボンだったんだな

P5280481
白秋の離れ屋の書斎(´・ω・`)

P5280480
書斎は伝統的な和室になっている(´・ω・`)
左側、違い棚の下にある古木の置物は結構高そうだな

P5280483
生家の母屋を出ると、資料館があるぬ(´・ω・`)

P5280485
北原酒造場が作っていたという酒のラベル・鳳凰(´・ω・`)

P5280487
白秋の遺書(´・ω・`)

P5280489
白秋自筆の柳川まちづくりの意見書(´・ω・`)

P5280490
何度も訂正、書き直した跡がある(´・ω・`)
グジャグジャ消しなんか見ると、けっこう、普通の人だな

P5280492
土産物コーナーでは、
昨日、居酒屋で飲んだ菊美人が売られてた(´・ω・`)

白秋記念館は、このくらいで

P5280498
大声をあげてるシナツアーの川下りを見かける
さて、昼飯を食いに行くか(´・ω・`)

P5280460
白秋記念館から車を停めてある御花に戻る途中で見かけた
若松屋という鰻屋。江戸期安政の頃からやってる老舗らしい
柳川といえば、せいろ鰻だな。ここでランチにするかぬ(´・ω・`)

IMG_20170528_110525
二階のテーブル席に案内される(´・ω・`)

IMG_20170528_110828
上せいろ蒸しをヽ(´ー` )ノ下さい

IMG_20170528_110932
出来る間、外を眺める(´・ω・`)

IMG_20170528_112348
上せいろ蒸しが来たぬ( ・∀・)
蒸し器のせいろなんで、器の高さが大きいぬ

IMG_20170528_112228
ホカホカに蒸された鰻せいろ
ご飯にも鰻の味がしみ込んでいて(゚∀゚)ウマウマ
肝吸いもいけるぬ

ご馳走様ですた
2,865円


P5280499
さて、ドライブ開始、長崎の佐世保に向かうぬ(´・ω・`)

(続く)




九州春旅②筋湯温泉篇

道の駅ゆふいんの続き(´・ω・`)

P5260117
国道210号から県道を走り、九重町方面へ(´・ω・`)

P5260119
13時、九酔渓温泉(くすいけい)の日帰り湯に寄るぬ(´・ω・`)
入湯料500円

P5260123
大浴場は、内湯のみ(´・ω・`)
展望は無く、裏寂れた感じの浴槽だぬ
湯だけは、トロトロした感触のかけ流し湯でいいんだが

P5260122
スーパー銭湯を真似たのであろうか
電極らしいものが左右に見える、怪しげな電気風呂
右側隣りには、くたびれたサウナ部屋があり、場末な風情を漂わせる
温泉雑誌にあった九酔渓が眺められる露天風呂があるのは、
貸切風呂だけらしい。貸切は1800円と高いので辞めたぬ
次いくか

P5260126
九重夢大吊橋か(´・ω・`)
ちと、寄ってみるかの

P5260177
平日金曜だというのに、駐車場は混んでいたぬ(´・ω・`)
ツアーに組み込まれてるらしく、
シナなど、外国の観光ツアーバスも多く来ているようだぬ

P5260127
入場券を買うぬ(´・ω・`)
入場券は500円
この九重夢大吊橋は、2006年に竣工して、2017年で10年目
今年3月に1000万人を達成したらしい
年平均にすると100万人で、
大人500円、子供200円、団体割引などを考慮すると
入場料の年間収入は4億円くらいと思われる

P5260128
入場ゲートへ(´・ω・`)
4億円の吊り橋による年間収入は、歳入が84億円の九重町にとって、
貴重な財源の柱の一つになっているだろうねえ
収入は10年間で累計40億円に対し、総事業費は20億円
公共事業にしては珍しく大成功した数少ない事例であろう
九重町は、この事業で、7億3000万円の地域再生事業債という
借金をしたらしいが、2年で完済してしまったらしい

P5260168
入場ゲートでは、中村ゲートの赤いゴム印が押されたぬ(´・ω・`)
もう一つの青いゴム印は、橋を渡った向こう側のゲート(北方ゲート)で
再入場するとき、押されたものだぬ

P5260174
橋の入口には、日本一の大吊橋という大きな看板
吊り橋の高さ173m、長さは390m
建設当初は、高さ、長さともに日本一であったが、
長さに関しては、400mの三島大吊橋(静岡県三島市)が
2015年に完成し、二位になってしまったらしい(´・ω・`)
日本一の看板の脇に、「高さは」を付け加えないとな

P5260131
橋の上を歩いてみる(´・ω・`)
結構安定していて、思ったほどは揺れないぬ
青い制服の警備員が立っていて、
危険行為する人を見張ってるようだぬ

P5260172
橋の床板は、下水溝の蓋みたいな格子目板になってる(´・ω・`)

P5260171
下を覗くと、173m、はるか下に川が見える(´・ω・`)


P5260133
北側の眺望(´・ω・`)
九酔渓(くすいけい)青々とした森で覆われた大きな渓谷が望める
紅葉シーズンでは、見事な絶景になるらしい

P5260145
南側の風景(´・ω・`)
九重連山の山々に、大きな滝が2つ見える
右の遠い方は、震動の滝の雄滝、手前左は、雌滝だぬ
この2つの滝は、橋の上からでないと同時には見えない

P5260141
橋の中央に、Thrill Spot(´・ω・`)

P5260143
そのスリルスポットで、下をのぞき込むと鳴子川が見える
鳴子川は、下流に久留米市、柳川市がある筑後川の源流だぬ
結構な高さだな(´・ω・`)

P5260137
つり橋を支える鋼製のワイヤー(´・ω・`)
太いねえ

P5260146
向こう側の北方ゲート、到着(´・ω・`)
出てみよう

P5260163
こちら側の駐車場はスカスカ(´・ω・`)
こっち側から車で来るのは酷道を通らないと行けないから
アクセスしにくいんだろうな。まず、バスでは無理だろうな

P5260165
駐車場入り口にゲートがある(´・ω・`)
営業時間外では閉鎖するようだ
珍走団の溜まり場になったことがあるようだな

P5260162
からあげ屋の二階に屋上展望休憩所とあるんで行ってみた(´・ω・`)

P5260148
絶景が有料100円かお( ゚Д゚)
見るの辞めた(´・ω・`)

P5260161
隣りの、うどん屋の展望台は無料だった(´・ω・`)
吊り橋の全体が見える
たぶん、100円の所と、眺望はさして変わらないだろう

P5260160
観光施設を通り過ぎると、小さな集落があった(´・ω・`)
大吊橋は、この陸の孤島の小さな集落の為に
20億円掛けた無駄な箱物かと思っていたが、勘違いであった
この集落の人が吊り橋を利用するときは、有料なんだろうか

P5260159
集落の一番端に神社があった(´・ω・`)
さらに右を行くと酷道が続き、やまなみハイウェイとつながっている

P5260152
白鳥神社の鳥居(´・ω・`)

P5260155
お清めしようにも水が無い(´・ω・`)ショボーン

P5260154
本殿、お参りしたぬ(´・ω・`)
賽銭箱が右によけてあって、遠慮深い社だぬ
左の像は、牛なのかな

さて、戻るか

P5260179
県道を走り、筋湯温泉へ(´・ω・`)

P5260184
絶景ドライビングコースだぬ(´・ω・`)

P5260188
15時20分、筋湯温泉、到着(´・ω・`)
右の公共駐車場に停める

P5260190
温泉街への坂を降りる(´・ω・`)

P5260217
まだ鯉のぼりが飾ってあった(´・ω・`)

P5260216
温泉街の中心、外湯の打たせ湯(´・ω・`)

P5260191
今夜泊まる温泉旅館かくおや(´・ω・`)
2食付で7,800円
筋湯温泉には、公共外湯が、打たせ湯、薬師湯、露天岩ん湯
の3つあるが、この旅館は、どれも近い位置にある

P5260192
誰もいない玄関(´・ω・`)
フクロウの置物がたくさん置いてある
すみませ~んと声をかけたら、奥から女将が出てきたぬ

P5260195
部屋を案内される(´・ω・`)
素朴ながら落ち着いた六畳の日本間だぬ

P5260197
外は、すぐ林の緑、下には小川が流れている(´・ω・`)

IMG_20170526_213441
生姜せんべい食べて、ちょい休憩(´・ω・`)

P5260199
旅館の外にある貸切露天風呂へ行くぬ(´・ω・`)
さっき車を停めた公共駐車場の近くにあるらしい
右側のさっきの坂を再び登る

P5260200
公共駐車場の県道向かいにある
旅館かくおやの専用駐車場(´・ω・`)
この奥にあるらしい

P5260202
駐車場奥に、小さな家があった(´・ω・`)
これが露天風呂の湯小屋らしい
持ってきた鍵を使って、戸を開ける

P5260206
石の露天風呂だぬ(´・ω・`)
東屋付きなので、半露天といったところか

P5260212
いい湯だねえ( ・∀・)
林の中にある離れ家の温泉という風情だぬ

P5260208
上を見上げると、東屋の屋根(´・ω・`)
緑に囲まれている

P5260215
湯船の縁に座って、外を見ると、新緑が鮮やかだぬ(´・ω・`)

P5260213
もう一つの露天風呂は、丸い石風呂(´・ω・`)

P5260214
ここも、いい湯だねえ(´・ω・`)
さて、旅館にもどって、夕飯にするか

IMG_20170526_180333
戻ると別室に、夕食の準備ができていた(´・ω・`)
この夕食がついて、一泊7,800円(酒は別で720円)とは激安だな
宿泊費が安いので、メシは期待してなかっただけに驚いた

IMG_20170526_180725
飲み物は、地酒が何かないか聞いたところ
九重町の老舗の酒蔵・八鹿酒造の日本酒があるというんで
冷酒でそれを頼んだ(´・ω・`)
呑みやすい純米酒で筋湯温泉というラベルが貼られている
たぶん、筋湯温泉の旅館組合共同で依頼して作らせた
オリジナル酒なんだろうな
肴は、まずは、焼いたばかりの熱を感じた
ヤマメの塩焼きを頂くぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170526_181733
次に、山菜の天婦羅、地物の椎茸、里芋の煮物、汁ものを
温かいうちに速攻で頂いたぬ(゚∀゚)ウマウマ
これらは冷めると旨くなくなるからの

IMG_20170526_183219
メインは、馬刺しと、馬肉焼き( ・∀・)
馬肉焼きは自分で焼くので急ぐ必要がない(;´∀`)
自分のペースで頂ける
馬刺しも冷えてるほうがいいからの
じっくりと味わったぬ
馬は旨いのう(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170526_184828
アラカルトは、うざくと刺身蒟蒻
これも両方、冷えたままでいいんで、じっくりと、
かみしめて味わったぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170526_190101
〆はご飯と香の物
この大量のご飯、どうしよう(´・ω・`)ショボーン
もれは酒呑みながら、肴を頂くスタイルだから、
ご飯食べないんだよなあ

御櫃のご飯は残して、ご馳走様ですた(´・ω・`)

P5260219
食後に、公共外湯を周ったぬ(´・ω・`)
まずは、薬師湯
偶数奇数日で男女入れ替えになる
今日は、男性専用なんで入れるぬ
筋湯温泉の宿泊者であれば無料だぬ

P5260220
木の湯船だぬ(´・ω・`)
無臭透明の単純泉、温湯で長湯に向くぬ

P5260224
公共風呂なんで、人がいると思ってたが
誰も入ってこず、のんびり湯浴みできたぬ(・∀・)
次行くか

P5260225
うたせ湯だぬ(´・ω・`)
こちらは、男女ぞれぞれの湯小屋があるぬ
旅館から無料のコインを貰ってきて、そのコインで入場する

P5260230
沢山の打たせ湯が並んでいて、湯煙でもうもうとしているぬ(´・ω・`)

P5260227
勢いが凄いぬ(´・ω・`)
肩や腰の筋に効くので筋湯温泉というらしい
こちらも、漏れ一人だけだったぬ

P5270232
旅館に戻り、テレビも見ながらまったりして寝たぬ (つ∀-)オヤスミー

P5270243
朝、7時前に起きて、まだ入ってない外湯
露天岩ん湯に入るぬ(´・ω・`)
朝は7時から入れる
今日は男性用になっているぬ
宿泊者は無料だぬ

P5270242
石の風呂でうたせ湯式にお湯が注がれているぬ(´・ω・`)

P5270241
東屋の屋根には、草が生えているぬ(´・ω・`)

P5270239
いい湯だねえ( ・∀・)

P5270240
上を見上げると、緑と青空が望めるぬ(・∀・)
さて、朝飯にするか

IMG_20170527_073600
和食な朝飯(゚∀゚)ウマウマ
ご馳走様ですた

P5270250
8時半にチェックアウト(´・ω・`)
ドライブ開始
県道を南下、国道442号を走り、小国町方面へ

P5270251
今日も良く晴れてる
快適なドライブロード
九重連山の柔らかな緑を眺めながらの
ドライブは気分いいぬ(・∀・)

P5270252
黒川温泉を通過し、満願寺で右を曲がり
ファームロードわいたという農道を走るぬ
はげの湯温泉へ向かうぬ(´・ω・`)

P5270256
農道といっても、快適な2車線の道路だぬ(´・ω・`)

P5270258
高架橋が多い道路だぬ(´・ω・`)
わりと最近整備されたのかもぬ
右手に、涌蓋山(わいたさん)が見える

P5270263
9時40分、はげの湯温泉・豊礼の湯に到着(´・ω・`)
入湯料500円

P5270271
硫黄の匂いが立ち込めた青白い濁り湯で
石の湯船だぬ( ・∀・)イイ!!

P5270274
青空と森林が望める開放的な露天風呂だぬ( ・∀・)

P5270273
源泉は透明だが、空気に触れると
化学変化で青白くなるようだぬ
いわゆるコロイド粒子て奴だな(´・ω・`)

P5270269
いい湯だねえ(´・ω・`)
メタケイ酸硫黄泉、ヌルヌルとした触感だぬ
ぬる湯で長湯に向くぬ

P5270268
奥側の湯船の縁に腰掛けて、湯休めしてると
涌蓋山が見えた、眺望がいいねえ(´・ω・`)

P5270272
源泉からなのか湯煙の噴煙がときおり上がるぬ(´・ω・`)
さて、温泉はこれくらいにするかな

P5270275
次は、お勧めされてた、なんとか豆腐店に向かうぬ(´・ω・`)
カーナビセット

P5270276
(´ε`;)ウーン…カーナビ、変な道を指示してきた
来るなよ来るなよ対向車(´・ω・`)

P5270277
お、開けた小さな集落に出た(´・ω・`)
しかし道は狭いまま

P5270281
江戸時代は山奥の隠し田だったのかもしれないと思わせる棚田だぬ
苗を植えたばかりの水田には、のんびりした情緒があるねえ(´・ω・`)

P5270283
右手に目標の岡本豆腐店の看板があった(´・ω・`)
直進でいいようだが、また酷道なのか
対向車来ませんように(´-ω-`)

P5270284
11時、岡本豆腐店無事到着(´・ω・`)

P5270285
モフモフした招き猫があったぬ(´・ω・`)

IMG_20170527_110927
名無しさんのお勧めでは、
この店の生の厚揚げが絶品らしい(´・ω・`)
生あげヽ(´ー` )ノください
店名冠した焼酎があるなあ
夜は居酒屋やってるんかのう

IMG_20170527_112228
竹筒のお冷がお洒落だねえ(´・ω・`)
これは岩塩かな

IMG_20170527_111046
生あげが来たぬ( ・∀・)
ヒトデみたいな三角だな

IMG_20170527_111343
生厚揚げ(゚∀゚)ウマウマ
お昼はこれで万福(;´∀`)
270円

さて、次行くか

P5270287
また酷道かよ(´・ω・`)
秘境の地にある豆腐屋だったんだなあ

P5270288
酷道387号の標識が出てきた(´・ω・`)
国道だったのか

P5270291
しばらく走ると、まともな国道になったε-(´∀`*)ホッ

P5270293
小国町で、名無しさんのお勧めの馬刺し専門の肉屋に寄ったぬ
パックで買ってその場で食べられるという話だが、
そのパックの購入最低グラムが大きく
居酒屋で頼むよりかなり高い価格になってしまうんで辞めたぬ
500円くらいで気軽に食べられると思ってたんだが(´・ω・`)

P5270295
国道442号を八女市方面へ(´・ω・`)
しばらく国道387号と併用区間

P5270299
日田市に入って標識は国道442号だけになる(´・ω・`)
菊池方面への国道387号とは分離したらしい

P5270305
八女市から柳川方面の県道を走る(´・ω・`)
この辺りは茶畑が多い、八女茶で有名だねえ

P5270310
野焼きの向こうに高架橋が見えてきた(´・ω・`)
九州新幹線の高架橋のようだぬ

P5270313
タマホームスタジアム(´・ω・`)
禿バンクホークスの2軍3軍用の球場らしい
ネーミングライツとやらで、タマホームの名前を冠してるようだぬ

P5270314
15時15分、九州新幹線筑後船小屋駅を通過(´・ω・`)
新幹線駅らしい立派な駅舎だぬ

(続く)

九州春旅①城下カレイ篇

桜の季節もすっかり終わった5月下旬
25日から五日間は、天気予報では九州北部は晴れが続くという
梅雨になる前に九州の新緑を見にいく旅に出たぬ(´・ω・`)

P5250002
5月25日木曜の6時30分
成田空港のLCC搭乗ロビーに到着(´・ω・`)
朝、4時に起きて、初電を乗り継ぎ、成田空港にきたぬ
これから乗る飛行機はジェットスターGK503便
成田07時10分発→福岡09時10分着
運賃は7,200円
LCCの割には高いと思われるだろうけど、
5日間の天気予報を確認して
昨日、予約したばかりなんで、セール価格でとれなかったぬ(´・ω・`)

P5250004
ほぼ満席だった(´・ω・`)
通路側の席だったぬ
予定時間で離陸
福岡空港までの二時間、音楽を聴きながら過ごす

P5250005
9時、福岡空港着陸(´・ω・`)
駐機場バスで空港ターミナルへ

P5250008
福岡空港を出て、徒歩でレンタカー営業所へ(´・ω・`)
福岡空港は国内線ターミナルビルの再整備工事をしていて
クレーンや養生壁が目立つ

P5250010
レンタカーは、5月25日木曜の朝9時半から
5月29日月曜の朝9時半までの5日間借りたぬ
いつもは、軽を借りているが、前日では軽が満車で予約できなくて、
普通車で予約した。車種はホンダフィットであった
レンタカー代は、フル保険込みで、2.1万円
さっそくドライブを開始、県道を久留米方面へ向かう(´・ω・`)

P5250013
11時、久留米到着(´・ω・`)
昼飯は、久留米ラーメンにするぬ
ここ、大砲ラーメン本店は
久留米で代表的なラーメン屋の一つらしい
他に有名なのは丸星という店で、そこは今日は休みだった

IMG_20170525_110334
カウンターに座る(´・ω・`)
綺麗な店内で、店員は若い女性が多い

IMG_20170525_110132
昔ラーメンと、ただのラーメンの違いがよく分からないが
適当に、昔チャーシューメンの並にするか(´・ω・`)

IMG_20170525_110722
昔チャーシューメンが来たぬ( ・∀・)
筍と焦がし大蒜が入ってるのが変わってる
豚骨臭さは目立たたない、調和がとれてる豚骨ラーメンだぬ
(゚∀゚)ウマウマ
800円

IMG_20170525_111542
美味しかったので、替え玉にしたぬ( ・∀・)
100円
お腹一杯になったぬ、ごちですた

P5250014
久留米インターから九州道(´・ω・`)

P5250015
鳥栖ジャンクションで、大分道へ(´・ω・`)

P5250017
大分道を快走(´・ω・`)
左手の赤鬼を見ると、いつも大分に来たなと思う

P5250018
玖珠インターで降りるぬ(´・ω・`)
高速料金2,170円
軽じゃないから高いな

P5250019
国道387号を南下、小国黒川方面へ(´・ω・`)

P5250020
13時50分、壁湯温泉福本屋に到着(´・ω・`)
日帰り用駐車場に停める

P5250037
坂を下りる(´・ω・`)
左下の屋根が、温泉旅館福元屋

P5250021
さらに降りて、突き当りの門をくぐる(´・ω・`)

P5250022
日本秘湯を守る会の提灯をぶら下げてる
旅館のフロントで入湯料を払うぬ
入湯料は300円、安い(・∀・)

P5250023
旅館を出て、戻るように川沿いに降りて見ると
壁湯温泉の露天風呂入口があるぬ(´・ω・`)

P5250035
ここ、突き当りの着替え場で服を脱ぐ(´・ω・`)
女性用は着替えの小屋があるが、男性用はもろ外だぬ
左手が壁湯洞窟温泉、右手の川べりに見えるのが、蛍見の湯

P5250024
壁湯洞窟温泉、300年前から自噴してるという(´・ω・`)
洞窟というほど、奥は深くない。崖をえぐった岩湯という感じ
岩には経文が刻まれ、観音様が安置されており、神聖な雰囲気だぬ

P5250025
いい湯だねえ(´・ω・`)
温いので長湯に向くぬ
無色透明でトロトロした感触だぬ

P5250027
上を見上げると、空を覆うような新緑が見える(´・ω・`)
天井の岩からは、水が、ポトポトと、頭に、したたり落ちるぬ

P5250033
次は、蛍見の湯に入ったぬ(´・ω・`)
石段を下りた川べりにある岩の露天風呂だぬ
夏になると蛍が見えるため、蛍見の湯というらしい

P5250029
新緑のまぶしい渓谷を見渡せる
眺望が素晴らしい野趣あふれる露天風呂だぬ
ここで蛍も見えたら最高だなあ(´・ω・`)

P5250030
湯船の縁石に腰掛けて、湯休めしながら
下流方向を眺めると、川の流れがよく見える
川の流れはさほど急ではなく、穏やかな小川だぬ
左手上部にガードレールが見えるが
あれは国道387号だぬ(´・ω・`)

P5250032
川の水面に余裕で手が届く(´・ω・`)
この川の水は玖珠川から筑後川を流れ
柳川市の沖で有明海へ注がれていくぬ
柳川は、明後日、旅するぬ

P5250034
上流方向を眺める(´・ω・`)
苔むした岩が見える
どこか庭園にも感じられる景観に心が和むねえ
のんびり入っていたぬ

P5250038
15時、再びドライブ(´・ω・`)
国道387号から県道を経て、九重インター方面へ

P5250041
九重インターから大分道を走るぬ(´・ω・`)

P5250042
九重連山を眺めながら、ハイウェイを走るぬ(´・ω・`)

P5250043
日出ジャンクションから、大分空港方面へ(´・ω・`)

P5250044
速見インターで有料道は終わり(´・ω・`)
高速料金1,330円

P5250045
日出インターで降りるぬ(´・ω・`)
ひので、ではなく、「ひじ」と読むぬ

P5250047
16時、ビジネスホテル、ホテルAZ日出店に到着(´・ω・`)
朝食付で4,860円

P5250048
ゴロンと横になり、夕飯まで、ゆくり昼寝(´・ω・`)

P5250049
17時半、割烹の予約がとれたんで、夕飯にするぬ(´・ω・`)
ホテルは、日出町のメイン駅の暘谷駅(ようこくえき)の前にあるぬ
駅の隣に、ショッピングモールのような施設があり賑やかだぬ

P5250050
暘谷駅すぐ近くにある割烹・幸喜屋(´・ω・`)
今夜は、ここで夕飯にするぬ
城下かれい料理だす店の中では食べログ一位で
ホテルのすぐ近くなんで選んだぬ

IMG_20170525_173252
小上がりのテーブル席に通されたぬ(´・ω・`)
カウンター席のが落ち着くのにな
茶カバーのメニューを見る

IMG_20170525_173005
飲み物はどうするかな(´・ω・`)
日本酒か焼酎だが、焼酎のほうは、キープボトルしかなく、
グラス単位では呑めないようだ
日本酒は一合からあるが、酒としか書いてないので、
どんな銘柄なのかと聞くと日出町の隣にある
杵築市(きつきし)の地酒だというので、それを冷酒でお願いしたぬ

IMG_20170525_173044
さて、肴はどうするかな(´・ω・`)
左のメニュー、関さば、関あじは定番中の定番だねえ
右のメニュー、こち料理は、食べたことないが、
フグに並ぶ高級魚らしいな
興味深いが、今回の目当ては別にあるんで頼まないぬ
メニューをさらにめくる

IMG_20170525_172944
城下かれい
今、日出で頼むべきは、やはり、これだねえ(´・ω・`)
旬が5月から7月までで、それ以外の季節では出回らないからぬ
食べたいのは、刺身と煮付なんで単品でそれぞれ注文しようとしたが
それなら、かれい定食が刺身と煮付の他、
ご飯汁物やデザートもついて5千円(税抜)なので
そちらがお得ですよいうので、かれい定食を頼んだぬ
なるほど、単品で刺身と煮付たのんだりすると
計6千円になり、定食より高くなってしまうんだな

IMG_20170525_173953
国東半島杵築市の酒蔵・中野酒造の地酒
智恵美人が来たぬ( ・∀・)
フルーティーな酸味があって飲みやすい
九州では日本酒を仕込む酒蔵が減ってきているので
貴重な地酒だな(´・ω・`)
突き出しのキュウリとカレイ味噌も旨し

IMG_20170525_174351
城下かれい刺が来たぬ( ・∀・)
カレイの形をした皿に、城下カレイの身と皮が綺麗に盛ってあるぬ
薬味の小皿にはネギ、紅葉おろし、そして、城下かれいの肝
あと、大分名産のカボスが添えられているぬ
城下カレイ刺身は、白身で柔らかく上品な甘みがあり、
しっかりとした旨味がある味わいだねえ
白身に肝と皮を巻いて、カボスを絞り、醤油をちょいつけて
食べると実に(゚∀゚)ウマウマ
酒もすすむぬ(・∀・)

IMG_20170525_174800
城下かれい煮付が来たぬ( ・∀・)
肉厚の身でまるごと、九州らしい甘み醤油でじっくり煮込んであり
里芋、インゲン豆、それと大分名産の椎茸が添えられているぬ
身の旨味がしっかりとしていて、よくあるカレイの煮付とは
ぜんぜん違う味わいだなあ(゚∀゚)ウマウマ
地酒の智恵美人が旨い( ^∀^)

IMG_20170525_182745
〆のご飯もの( ・∀・)
すまし汁のアラは、城下かれいでカレイのダシが良く出てる
(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170525_183510
デザートは、もう初夏を感じさせるスイカ
あと、カボスジュース( ^∀^)

ご馳走様ですた
6千円

P5250053
ホテルに戻って、(つ∀-)オヤスミー

P5260056
4時50分に起き、朝の散歩をしたぬ(´・ω・`)
城下かれいの城、日出城址へ行こうかぬ

P5260076
ここは二の丸跡(´・ω・`)
鬼門櫓が当時の櫓として残っている

P5260059
滝廉太郎の銅像(´・ω・`)
ここ日出町が生家らしい

P5260073
本丸を囲む石垣跡(´・ω・`)
右上の建物は、元禄の時鐘という釣鐘
右を進むと日出小学校の校門がある
左を石垣沿いに進むぬ

P5260072
すすむ前に、図面で、本丸天守台跡の位置を確認しておく
日出城は、秀吉の外戚である木下家が築城した城
日出城の縄張り(設計)は、義兄だった細川忠興
木下家は、義兄に徳川方の忠興がいたたため
関ケ原の戦いでは東軍に味方し、戦功で日出藩3万石を得て
豊臣家の親戚の中で、珍しい生き残りとなった
そして、木下家は16代続き、代々日出藩の藩主として
幕府による御取り潰しも転封もなく、無事、明治の廃藩置県を迎えたが
江戸時代を最初から最後まで同じ藩で通した家も余り多くない
木下家は、徳川将軍に対し、城下かれいを毎年献上していたらしいが
それが功を奏したのだろうか(´・ω・`)

P5260069
この石垣の上に天守閣が建っていた跡地がある
周辺には桜の木が植えられている
左を石垣沿いに進む(´・ω・`)

P5260061
この石段を登ると、小学校の校庭が見える(´・ω・`)
校庭の脇を進むと天守跡へ行ける

P5260067
日出城の天守閣跡(´・ω・`)
江戸時代には三層の天守閣があったらしい
今は雑草が生えてるだけで何もない
向こう側に見える建物は、三の丸跡に建つ日出中学校

P5260063
天守跡からは、別府湾が望める(´・ω・`)
右側には生け簀の網と漁船が見えるが、
その周辺が城下カレイの生息地となっている
この城下の海は、海底湧水が多い汽水域となっており
海水淡水両方のプランクトンが多い豊饒な海で
マコガレイが泥臭くなく上品肉厚に成長する
普通のマコガレイとは別物の魚になるらしい
いわば、関さば関あじの、マコガレイバージョンだねえ

P5260066
左手を見ると、日出漁港が見える(´・ω・`)
港に戻っていく漁船の航跡が見える
さて、ホテルへ戻るか

IMG_20170526_070859
ホテルのバイキング朝食(´・ω・`)
4年前にAZ泊まったが、変わってないなあ

P5260077
8時チェックアウト
今日は快晴、ドライブ日和( ・∀・)

P5260079
大分道を湯布院インター方面へ(´・ω・`)
目の前に由布岳が見える
由布岳PAのスマートインターで高速を降りたぬ
高速料金760円

P5260080
県道を由布岳方面へ(´・ω・`)

P5260082
森林のトンネル道を走る(´・ω・`)

P5260083
9時、由布岳登山口駐車場到着(´・ω・`)

P5260084
由布岳登山口(´・ω・`)

P5260086
看板によると、一番左の由布岳正面登山道を歩くと
由布岳頂上に行けるらしい(´・ω・`)
往復4時間

P5260087
歩いてみる(´・ω・`)
右が由布岳
左が、いもりヶ城山

P5260090
由布岳(´・ω・`)
緑が多い、森が広がる綺麗な山だぬ

P5260092
ここから森林地帯(´・ω・`)

P5260093
登山道を登っていく(´・ω・`)

P5260095
倒木に、登山道、下山道の案内があった(´・ω・`)
ここまでは良かった

P5260097
根が広がってて、登山道がどれなのか
わかりにくくなってくる(´・ω・`)

P5260098
この辺りで、どこをどう歩いてるのかわからなくなった
坂の傾きも急になってきたぬ(´・ω・`)

P5260099
登れば登るほど、倒木がひどくなる
正規の登山道から相当外れてしまった気がする
森の中で迷ったりすると、やばいなあ
山の地図、持ってきてないしな
下山しよう(´-ω-`)

P5260103
適当におりたら、看板があったんでほっとした(´・ω・`)
さらに、ひたすら降りる

P5260104
10時40分、ようやく視界の広いところに出られた
どうにか地獄の森を抜けられたようだ(´・ω・`)
しかし、ここはどこなんだろう?
とりあえず、左側の高台に上がって位置を確認しよう


P5260105
あれ?、あれは登山道の森の入口の看板じゃないか(´・ω・`)
左下の沢から出てきたんだな
どうもゴロゴロした大きな石が多いなと思った
てことは、駐車場はあっちか

P5260106
駐車場が見えた(・∀・)
戻るとするか
しかし、由布岳は道迷いしやすい山だったな
森が深いのに目印が無さすぎるぬ

P5260109
ドライブ再開(´・ω・`)

P5260111
車窓に広がる、九重連山の新緑は綺麗だな(´・ω・`)
絶景ドライブルートだぬ

P5260112
11時半、道の駅ゆふいん、到着(´・ω・`)

P5260113
ここで昼飯にするか(´・ω・`)

P5260114
大分来たら、とり天食べないとな(´・ω・`)
とり天定食にするかぬ

IMG_20170526_115134
若鳥とり天定食がきたぬ( ・∀・)
大分名物とり天(゚∀゚)ウマウマ
750円

P5260118
さて、ドライブするかの(´・ω・`)

(続く)


記事検索
ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ