東北(&札幌)の旅⑥札幌篇

仙台でレンタカー返却からの続き(´・ω・`)

DSC01417
青葉通り一番町のビジネスホテル
ホテルパールシティ仙台、チェックイン(´・ω・`)
素泊まり3700円

DSC01419
夕飯は、牛タンで有名な利久の
サンモール一番町店
ホテルのすぐ近く(´・ω・`)

IMG_20171024_213151
定番の牛タン定食だと、つまらないので、
たまには変わり種に牛タンカレーを食べてみるかヽ(´ー` )ノ
あと、ビールください

IMG_20171024_213425
ビール頼んだ時に出る、突き出し(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171024_214445
牛タンカレーとビールが来たぬ( ・∀・)
柔らかく煮込まれた分厚く大きい
タンステーキがのってて(゚∀゚)ウマウマ
2500円

IMG_20171024_171901
ホテルに戻って (つ∀-)オヤスミー

DSC01425
7時にチェックアウト
青葉通りを徒歩で仙台駅へ(´・ω・`)

DSC01426
仙台駅到着(´・ω・`)

DSC01427
仙台空港駅までの行き方と運賃を確認
運賃650円
Suicaがつかえたので、Suicaで入場

DSC01429
7時35分発の仙台空港行き普通にのるぬ(´・ω・`)
平日の通勤客もいて、混んでいた

DSC01430
8時、仙台空港駅到着(´・ω・`)

DSC01431
連絡橋を渡り、仙台空港へ(´・ω・`)

DSC01433
10時のフライトまでまだ間があるので、
展望デッキへ行ってみるか(´・ω・`)
今は無料だが、ゲートがあるのをみると、
有料だったときがあったようだな

DSC01434
展望デッキの風景(´・ω・`)
ANA機が二機停まってる
一機はボーディングブリッジ
もう一機は滑走路へ向かっている

DSC01435
離陸していった(´・ω・`)

DSC01436
空港のレストラン街(´・ω・`)
まだ時間があるんで、朝飯を食うぬ
右の丸松という、そば屋にするか

IMG_20171025_082155
朝食メニュー(´・ω・`)
仙台笹かまぼこ蕎麦か、鮭おろし蕎麦
どっちにするかな

IMG_20171025_082847
鮭おろし蕎麦にしたぬ( ・∀・)
そばに鮭は珍しいな(゚∀゚)ウマウマ
680円

DSC01437
8時40分、そろそろ、保安検査して搭乗ロビーに行くか(´・ω・`)
保安検査場の入口は、大きなフライトスケジュールの真下
左にピーチのチェックインカウンター
LCCのカウンターがJALANA差し置いて
保安入口のすぐ近くなのは珍しい

DSC01438
搭乗ロビー(´・ω・`)
関空に似た骨組みのデザイン
ピーチ機が予定通り来ているのが見える

DSC01443
ピーチ機内(´・ω・`)
窓際の席であった
ピーチMM413便 仙台10:00→新千歳11:15
2900円

DSC01441
窓を眺めると、着陸したばかりのJAL機が見える

DSC01446
10時15分、離陸(´・ω・`)
阿武隈川が吐いた濁流で
海面の色が変わってるのが見える

DSC01447
雲海を飛ぶ(´・ω・`)

DSC01448
11時10分、北海道の海岸が見えた(´・ω・`)

DSC01453
森が赤茶けて見える(´・ω・`)
紅葉だな

DSC01454
巨大なメガソーラー(´・ω・`)

DSC01456
11時23分、着陸(´・ω・`)
8分遅延

DSC01459
手荷物運搬の車両と、給油の車両が作業している(´・ω・`)

DSC01462
快速エアポートで札幌へ(´・ω・`)

DSC01464
札幌から、小樽行普通(´・ω・`)
一駅隣の桑園駅で降りる
運賃1070円

DSC01468
桑園駅から徒歩10分で、場外市場に到着(´・ω・`)

DSC01472
市場内の食堂、北のグルメ亭で昼飯にするぬ(´・ω・`)

DSC01471
入口にある黒板ボード、本日のおすすめ丼
八角が入ってるな、これにするかな(´・ω・`)

IMG_20171025_130204
いちおう、定番メニューも眺める(´・ω・`)
定番には八角入ってないな
入口に書いてあった、おすすめ丼ヽ(´ー`)ノください

IMG_20171025_130710
大きなボタン海老に、白身の八角、いくら
本マグロ、タラバガニのほぐし身、たらこ
(゚∀゚)ウマウマ
二千円


DSC01477
場外市場から、二十四軒駅へ(´・ω・`)
札幌は、地下鉄の入口に扉があるんだな
雪除けのためかな

DSC01480
東西線新さっぽろ行きに乗るぬ
平日14時だからか、空いていた(´・ω・`)

DSC01481
11分で、バスセンター前駅(´・ω・`)
階段あがり下りるぬ

DSC01483
北海寺の梵鐘台(´・ω・`)
左、黄色と赤の紅葉が鮮やかだぬ

DSC01484
千歳鶴酒ミュージアム、到着(´・ω・`)
入場無料、入ってみる

DSC01485
仕込み水を飲むぬ(゚∀゚)ウマウマ

DSC01486
歴代総理の国酒の色紙(´・ω・`)
たぶん、就任したらお願いしているのか
大平から安倍まで、全部揃ってる
お題の国酒は国主にかけているのだろうか
安倍総理のは、第一次の時と現次のとで二枚あるぬ
中曽根が図太く、竹下、小渕、海部、野田が小さく控えめ
宮沢は弱弱しく、細川は神経質几帳面、橋本と鳩山は癖が強い
性格が出てるなあ( ゚д゚)ウム

DSC01487
酒器がいろいろ展示されてた(´・ω・`)

DSC01489
無料試飲は、ひやおろしであった、(゚∀゚)ウマウマ

DSC01490
テーブル席があり、酒かすアイスを購入して食べたぬ( ・∀・)
300円

DSC01494
大通公園のテレビ塔を眺める(´・ω・`)

DSC01495
(´・ω・`)ガッカリ…時計台を眺める

DSC01496
近々移転があるらしく、名無しさんにおススメされた千秋庵

DSC01497
銘菓を購入し、テーブルに座る(´・ω・`)

IMG_20171025_155431
右、山親爺
左、ノースマン (゚∀゚)ウマウマ

DSC01501
狸小路(´・ω・`)
左側が、シャッター通り

DSC01499
ここにも、シャッター通り(´・ω・`)
紅屋という有名老舗用品店が3年前に閉店して
ずっとシャッター通りに

DSC01500
異常なし(`・ω・´)ゞ

DSC01505
ホテルテトラスピリット札幌、チェックイン(´・ω・`)
素泊まり3900円

DSC01506
畳敷きの和室であった(´・ω・`)

DSC01516
布団にごろんと横になる(´・ω・`)
ライトのあるところ、ベッドの背もたれ台に見えるなあ
右の収納も、洋室ぽいのだが
元々は、洋室だったのを畳敷きに
変えたってことないよな(・ω・ )モニュ?

DSC01507
無料貸し出しのスマホが置かれていた(´・ω・`)

DSC01510
夕食にするぬ(´・ω・`)
ふたたび、狸小路

DSC01509
一度、食べてみたかった、噂の、みよしの( ・∀・)
札幌の有名チェーンらしい

IMG_20171025_183140
カウンター席にすわる(´・ω・`)
みよしのは、餃子とカレーの組み合わせに特徴があるぬ
量を食べるなら、ジャンボカレーだろうが
これから呑みたいんで、軽くぎょうざカレー390円にしよう
全体にリーズナブルな価格設定だな

IMG_20171025_183258
ぎょうざカレー(゚∀゚)ウマウマ

DSC01511
狸小路を歩いていたら、
二階に酒樽が置かれてる居酒屋を見かける
とうりんという居酒屋らしい(´・ω・`)ここで呑むか

IMG_20171025_200118
予約してなかったが、まだ混んではおらず
カウンター席へ(´・ω・`)

IMG_20171025_191642
酒のメニュー(´・ω・`)
北海道の地酒は、二世古のみで
あとは、岡山、大阪、京都、岐阜、愛知など西日本のものが並ぶ
酒のレパートリーに力を入れてるようだぬ
たぶん、店主は酒好きなんだろうな
二世古を冷酒でくださいヽ(´ー`)ノ

IMG_20171025_190951
二世古の辛口特別純米酒吟風( ・∀・)
倶知安にある酒蔵の地酒
切れのいい辛口の酒だぬ

IMG_20171025_191020
広口の銚子にたっぷり継いでもらう(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171025_192043
突き出しだぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171025_192621
肴を何にするかな(´・ω・`)
金華サバ塩焼き、真タチポン酢が気になったが
とりあえず、お造り盛り合わせにするかヽ(´ー`)ノ

IMG_20171025_192553
右から、アオリイカの山わさび添え、本マグロ、寒ブリ
真鯛、つぶ貝、あと茗荷だな(゚∀゚)ウマウマ
ただ、みよしののカレーがボディブローのように効いてて、
お腹いっぱいになったので、〆たぬ
2890円

DSC01514
ホテルに戻りかけに見かけた、狸小路のラーメン屋(´・ω・`)
ラーメン赤星
ラーメンくらいなら、なんとか入るか

IMG_20171025_202959
カウンター9席の小さな店で、満席だったが
ちょっと待って、一席空いて座れた(´・ω・`)

IMG_20171025_203118
塩ラーメン500円は安いな
どんなラーメンだろうか、塩くださいヽ(´ー`)ノ

IMG_20171025_203453
定番のチャーシュー、メンマ、卵、ネギのほか
大きな岩ノリがのってるのがユニークだぬ
中細ちぢれ麺に、鶏がらの白湯スープで(゚∀゚)ウマウマ

DSC01518
ホテルを6時半にチェックアウト(´・ω・`)
地下鉄東西線西11丁目駅へ

DSC01520
終点の新さっぽろへ(´・ω・`)
昨日まで知らなかったが、札幌の地下鉄には線路が無い
市況の名無しさんに教えてもらったぬ

DSC01521
よく見てみると、たしかに線路が無い
車両も、車輪ではなくタイヤらしい

DSC01523
新さっぽろで、JR新札幌駅へ乗り換え(´・ω・`)

DSC01524
快速エアポートで新千歳空港へ(´・ω・`)

DSC01525
8時に、空港到着(´・ω・`)
フライト9時半まで、まだ間があるので吉野家で朝飯にするぬ

IMG_20171026_080901
牛丼大盛り(゚∀゚)ウマウマ
570円

DSC01526
搭乗ロビー(´・ω・`)
新千歳09:30→成田11:05
ジェットスター6千円

IMG_20171026_091711
窓際の席であった(´・ω・`)

DSC01528
滑走路が見える(´・ω・`)

DSC01529
北海道が遠ざかる(´・ω・`)

DSC01539
牡鹿半島が見える(´・ω・`)

DSC01545
海上風力発電所(´・ω・`)がみえる

DSC01546
左手に成田空港が見える
じき、着陸だな(´・ω・`)

今回の旅の費用は

飛行機・高速バス 1.2万円
レンタカー(7日) 3.7万円
ガソリン高速   1.3万円
宿泊(9泊)   4.1万円
食費       6.2万円
入湯料・他    7千円

計 17万2千円 ですた

(終わり)

東北(&札幌)の旅⑤南三陸篇

碁盤海岸の続き(´・ω・`)

DSC01284
国道45号で、気仙沼へ(´・ω・`)

DSC01286
17時、気仙沼到着(´・ω・`)
ホテルパールシティ気仙沼
素泊り6190円

DSC01300
17時半、夕食に行くぬ(´・ω・`)
ホテルの前にある気仙沼駅
駅前に灯台のモニュメントがあるぬ
右、港方向に下っていく

DSC01287
寿司屋を見かける(´・ω・`)
たまには、回らない寿司屋にするか
寿ゑ泰鮨(すえひろずし)
予約なしで入る

IMG_20171023_172940
飲み物のメニューは無し(´・ω・`)
冷酒、辛口、気仙沼の地酒でお勧めないか聞くと
別格という地酒を進められたんで、それにする
気仙沼の蔵元の角星の地酒で
特別本醸造 金紋両国 別格
スッキリした味わいの辛口で旨し
去年、気仙沼で呑んだ水鳥記も、同じ角星の地酒

IMG_20171023_173525
突き出しは、左が、マグロの卵、右がワカサギの南蛮漬けで
どちらも気仙沼港で揚がったものだぬ( ・∀・)
マグロの卵は初めて食べるぬ
マグロの卵は持ちが悪く、普通は港で捨てられてしまうため
市場では、ほとんど出回らないらしい。レアな珍味だねえ
甘辛く醤油で煮てあり、粒粒の心地よい食感が(゚∀゚)ウマウマ
ワカサギの南蛮漬け。川じゃなくて漁港でワカサギですか?
と聞くと、近海汽水での漁では、小魚としてワカサギも混じって
揚がることがあるとのこと
海のワカサギの南蛮漬けも甘酸っぱく(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171023_174349
突き出しなくなったんで、肴を頼むか(´・ω・`)
普通に上にぎりあたりを、お任せで頼もうか、どうするかなあ
おっ、ここって、ふかひれにぎりがあるんだな。これは頼もう
フカヒレ寿司は、市況のござるさんがお薦めしていたな
他に今日のおススメ的なメニューはないんかな

DSC01288
あそこに、今日のおススメのメニューがあるなあ(´・ω・`)
地魚の刺し盛もあるんだな
寿司屋だから、にぎりの並か上あたりを頼むのが
常道なんだろうけど、酒飲むのにコメのシャリがあれでねえ
フカヒレにぎりと、地魚の刺し盛ヽ(´ー`)ノください

IMG_20171023_173031
フカヒレにぎりが来たぬ( ・∀・)
尾ひれのにぎりと、胸ひれの軍艦巻きだぬ
コラーゲンのツルんとした食感で(゚∀゚)ウマウマ
フカヒレは、気仙沼の有名な名物だねえ

IMG_20171023_175659
地物刺し盛が来たぬ( ・∀・)
右上から、反時計回りに
イワシ、カワハギの肝あえ、マグロ、茹でたヤリイカとツブ
モウカ、平目、ホタテ、メカトロ、活イカ、活タコ
赤いモウカは、サメの心臓。白いメカトロはメカジキのトロ
気仙沼の名物だぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171023_180218
なにかの軍艦巻き
サービスで出してくれたんだが、何の魚介か忘れてしまった
けど、旨かったお( ・∀・)

IMG_20171023_183411
あがりで、〆たぬ(´・ω・`)
5千円

DSC01289
さらに港方向へ下ると、気仙沼市役所を通過(´・ω・`)
もと、デパートだったらしい

DSC01291
気仙沼港の夜景(´・ω・`)

DSC01294
港近くの、居酒屋福よし(´・ω・`)
残念ながら休みのようだぬ
この店は太田和彦100名居酒屋なんだが
前来たときは満席で予約とれなかった
今回も空振り

DSC01296
港町を歩き回って、居酒屋ぴんぽん( ・∀・)
ここは、やってるようだ
ちょいと、呑むか。前回も訪問してて、二回目

IMG_20171023_193300
相変わらずにぎやかで、カウンター席が一つだけ
空いてたので、ささっと座る
酒は前回来た時と同じものを頼んだ( ・∀・)
気仙沼・角星の水鳥記(゚∀゚)ウマウマ

DSC01297
肴は何にするかねえ。時間も20時とちょいと遅いからか
売り切れで消されたメニューが多いようだ
ホヤとチン刺で行くかな
あいかわらず、ここはリーズナブルな価格設定だねえ

IMG_20171023_193709
ホヤ刺が来たぬ( ・∀・)
気仙沼のホヤは、初夏が一番の旬だが、
晩秋の今でも十分いけるぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171023_195931
チン刺が来たぬ( ・∀・)
初めて食べるぬ、酢味噌でいただく
コリコリした食感で(゚∀゚)ウマウマ
チンとは、マグロの心臓弁のことで
足が速いため、余り流通しない珍味だぬ
これも気仙沼らしい名物だねえ( ^∀^)

IMG_20171023_203053
酒が無くなったんで、お茶漬けで〆( ・∀・)
1500円

IMG_20171023_165631
お腹いっぱい (つ∀-)オヤスミー

DSC01309
8時にチェックアウト、国道45号を南下し
南三陸町方面へ(´・ω・`)
快晴だぬ

DSC01310
8時40分、南三陸商店街に到着(´・ω・`)

DSC01311
以前に来たときは、避難プレハブのバラック商店街だったが
新築の広々とした長屋風商店街に変わっていたぬ
木材を基調とした造りで
黒石のこみせ通りのような、奥行きの広い庇屋根が続いている
朝食やってる食堂がないかなと見て回ったが、
魚屋とコンビニしか開いてなかったので、次行くぬ(´・ω・`)

DSC01314
工事車両が行きかう南三陸町内を走る(´・ω・`)
南三陸商店街は整備されたものの
それ以外はまだまだ建設中のようだぬ

DSC01319
南三陸町を出てから、国道398号を南下する(´・ω・`)
女川方面へ向かうぬ

DSC01321
神割崎を見かける(´・ω・`)
ちょいと寄ってみるか

DSC01322
階段を下りていく(´・ω・`)

DSC01329
神割崎(´・ω・`)
浜にクジラがあがって、その鯨を巡って二つの村が争いだし
神が怒って、岬の大岩を真っ二つにぶった切った
という伝説から名づけられたらしい
割れ目に日の出が差し込む絶景が見られるのは2月と10月下旬で
今日は、10月24日なんだが、
日の出の時間なら丁度見れた時期だったらしい

DSC01327
ときおり、割れ目から激しく迫る大波
実に迫力があり、津波を想起させるぬ(´・ω・`)

DSC01331
国道398号をさらに南下(´・ω・`)
左が海で右が建設中の防潮堤。その上部が新しい国道になっていて
防潮堤が完成すると、この道路は旧道になるらしい

DSC01336
左手に、女川港が見えてきた(´・ω・`)

DSC01338
10時半、女川駅、到着(´・ω・`)
2年前に完成したばかりの新駅舎だぬ

DSC01346
駅舎も十分高台にあるが、
駅舎の奥側は更に高台の居住区になっている

DSC01344
駅構内(´・ω・`)
右が、切符売り場と待合室
左が、女川温泉の日帰り湯施設ゆぽっぽ
奥がホーム

DSC01340
石巻線の終起点ホーム(´・ω・`)
残念ながら車両は見られなかった

DSC01345
駅の二階へ上がると、待合休憩所があり
女川の海と新しい商業エリアが見渡せる
女川町は巨大な防潮堤を作ることは拒否したため
海が見える街となった(´・ω・`)
津波対策としては、居住区は高台で、
商業エリアが駅から港まで緩やかなスロープになっており
津波が来たら、一目散に駅まで逃げれば、助かるようだぬ

PA240102
女川温泉ゆぽっぽに、立ち寄り湯したぬ
銭湯風の内湯だけだが、清潔な浴室だぬ
アルカリ塩化物泉、いい湯だねえ( ・∀・)
入湯料500円

DSC01347
商業エリアにて、駅方向全景(´・ω・`)
このあたりは緩やかな坂になっている

DSC01348
お昼にするぬ(´・ω・`)
食堂のまぐろ屋明神丸

DSC01350
千円のAランチのマグロ丼とミニそばにするかな(´・ω・`)

DSC01352
マグロ丼とミニそばが来たぬ( ・∀・)
本マグロ赤身と、メカジキだぬ
ボリュームあって(゚∀゚)ウマウマ

DSC01353
せっかくなんで、商店街を見て回る(´・ω・`)
ダンボルギーニありますって、なんだろう
入ってみるか

DSC01355
ほう、ダンボールで作ったランボルギーニか(´・ω・`)
略して、ダンボルギーニ

DSC01354
後ろも凝ってて、よく出来てるなあ(´・ω・`)

DSC01356
ダンボルギーニのTシャツとポロシャツ(´・ω・`)
こういうのって、著作権とかどうなんだろうな
オマージュ扱いなんかな

DSC01361
県道を牡鹿半島方面へ(´・ω・`)

DSC01364
ほのぼのした五部浦湾と漁港(´・ω・`)

DSC01365
女川原発方面へ(´・ω・`)

DSC01369
林の奥に女川原発(´・ω・`)
かろうじて鉄塔だけが見える

DSC01370
原発PRセンターを通過(´・ω・`)

DSC01371
未舗装のダートを進む(´・ω・`)

DSC01377
牡鹿半島の漁港、鮎川港(´・ω・`)
この港近くの食堂が、名無しさんのオススメだったな

DSC01373
13時、おしかのれん街到着(´・ω・`)
避難ブレハブの建物内に、色々な店が入っている
このあたりも、津波被害にあったんだなあ

DSC01376
食事処みさき屋(´・ω・`)
せっかくだし何か食べようかな
昼飯二回目

IMG_20171024_131905
千円のちらし寿司と、
200円の生ガキ頼もうかなヽ(´ー`)ノください

IMG_20171024_130126
ちらし寿司が来たぬ( ・∀・)
岩ノリのお吸い物付き
ネタは、とびっこ、しめ鯖、活イカ、活タコ、ホタテ
マグロのトロ、エビ、だしまき卵だな(゚∀゚)ウマウマ
特に、イカとマグロがうまかったぬ

IMG_20171024_132050
生ガキが来たぬ( ・∀・)
ジューシーミルキーで旨いねえ
日本酒呑みたいものだぬ

DSC01406
さらに、牡鹿半島の先端へ(´・ω・`)

DSC01381
14時、御番所公園に到着(´・ω・`)
橋をわたって、左奥の展望台へ

DSC01382
展望台の階段を上がる(´・ω・`)

DSC01384
誰もいない展望台の二階(´・ω・`)
ベンチに腰掛ける
左に見える島が、網地島で、右に見える島が、田代島
田代島は猫の島らしい
網地島と田代島へは、さっき見た鮎川港からフェリーが出ているぬ

DSC01387
南側を見ると牡鹿半島の岬が見える(´・ω・`)
岬先端には灯台があるらしいのだが、車道はなく
歩道も整備されてないので行かなかったぬ

DSC01390
東側に見える島は、金華山(´・ω・`)
金華山神社があり、鹿と神の島だぬ
大震災時は、津波前の引き潮で、島との間が陸続きになったらしい
定期フェリーは、鮎川港から日曜のみ出ているようだぬ

DSC01397
御番所公園を歩いてみる(´・ω・`)

DSC01394
仙台藩唐船番所跡、御番所が復元されている(´・ω・`)
御番所公園の語源のもとだぬ
仙台藩は、ここに見張りを置き、異国船を見張ったらしい

DSC01396
御番所跡から、石巻港方面を望む(´・ω・`)
牡鹿半島が見渡せるぬ

DSC01399
ふたたび、ドライブ(´・ω・`)
台風のせいか、松の葉が大量に落ちている

DSC01402
お地蔵さんの寺を見かけた(´・ω・`)

DSC01407
県道を石巻方面へ(´・ω・`)

DSC01409
石巻港が見えてきた(´・ω・`)

DSC01411
石巻港ぞいの県道を走り、三陸道石巻港インターへ向かうぬ
左の防潮堤は、斜めに走れそうだな(´・ω・`)

DSC01412
石巻港インターから、三陸道(´・ω・`)
途中、鳴瀬奥松島から有料区間を走り、仙台へ

DSC01413
利府中インターで降りる(´・ω・`)
高速料金510円
県道で仙台駅方面へ

DSC01415
17時、仙台駅のレンタカー営業所、到着(´・ω・`)
8日間の全走行距離は1454キロ
ガソリン代は、9490円ですた

(続く)

東北(&札幌)の旅④北三陸篇

黒石から八甲田の山越えドライブの続き(´・ω・`)

DSC01169
国道45号を八戸方面へ(´・ω・`)

DSC01171
18時、八戸のビジネスホテル到着、チェックイン(´・ω・`)
サンルート八戸、素泊まり4700円
さっそく夕食、すぐに外出

DSC01175
八戸の繁華街を歩いていると、今年4月訪問時には閉まっていた
居酒屋ばんやが今日は開いていることに気づく(´・ω・`)
ばんやは、太田和彦の全国100名居酒屋のひとつ
100名居酒屋訪問は、今年三月の島根益田の田吾作以来で18件目
電話予約してなかったが、とりあえず、扉を開けてみる

IMG_20171021_192604
店内はほぼ満員で混んでいたが、
幸いカウンター席が一つだけ開いていて、座れた(´・ω・`)
カウンター前には、おばんざいの大皿料理が並んでいる
飲み物は、陸奥八仙を冷酒で頼んだぬ

IMG_20171021_194725
八仙にも色々あるらしい
冷酒サーバーの下の段にある、緑ラベルの八仙をお願いする
特別純米ひやおろしヽ(´ー`)ノください

IMG_20171021_184809
陸奥八仙特別純米ひやおろしは、超辛口で(゚∀゚)ウマウマ
つきだしの肴は、なめこだな、これも旨し
八仙は、八戸の酒蔵・八戸酒造の地酒
青森の地酒は、青森市の田酒(でんしゅ)
津軽の豊盃(ほうはい)、南部の陸奥八仙
の三国志で争ってるのは有名
八戸は南部なので、陸奥八仙を呑むのがお約束だねえ

IMG_20171021_185335
何を頼もうかな(´・ω・`)
メバル、つぶ貝、ボタン海老の刺身で行くかなヽ(´ー`)ノください

IMG_20171021_202850
待ってる間、八仙をちびちび呑みながら
店内を眺める(´・ω・`)
古民家の風情で、農家で見るような干物がぶら下がってる

IMG_20171021_185709
メバル刺が来たぬ( ・∀・)
身が良くしまっていて心地よい食感
上品な、ほどよい脂ののりが、(゚∀゚)ウマウマ
メバルは、広島の呉の居酒屋で瀬戸内海ものを
煮付けで食べたことがあるが、
青森のメバルは、津軽半島の竜飛崎近くにある
小泊や中泊で揚がるものが有名らしいぬ

IMG_20171021_192650
つぶ刺が来たぬ( ・∀・)
ツブもいろいろあるが、これは真ツブだな
コリコリとした食感がいいねえ(゚∀゚)ウマウマ
ツブといえば、えりも産が有名だが、青森のツブもなかなか

IMG_20171021_201312
ボタン海老刺が来たぬ( ・∀・)
生きのいい大ぶりのボタン海老が3尾
身は旨味しっかり、卵も抱えていて、実に(゚∀゚)ウマウマ
ボタン海老は以前、青森の居酒屋でも食べたが、
青森では日本海側の深浦港で揚がるらしい

ご飯ものの〆のメニューが見当たらないので
これで〆たぬ
5千円

DSC01177
ホテルに戻る途中で見かけたみろく横丁という横丁
ちょっと寄ってみるか(´・ω・`)

DSC01178
懐かし屋という暖簾
席が空いているようなので、入ってみる(´・ω・`)

IMG_20171021_204127
カウンター席に座る(´・ω・`)
冷蔵ケースに、ホヤがあるな

IMG_20171021_205058
飲み物は、と(´・ω・`)
さっきは、冷酒だったから、今度は、八仙を熱燗で

IMG_20171021_205226
熱燗をちびちび(´・ω・`)
銚子を見ると、みはる駒という地酒あるんだな

IMG_20171021_205001
突き出しは無いようなので、何か肴(´・ω・`)
青森といえば、ホタテとニンニクだな
ホタテバターとニンニク揚げヽ(´ー`)ノください

IMG_20171021_205628
ホタテバター焼が来たぬ( ・∀・)
ホタテは刺身で食べることが多いが、
バター焼きもいいねえ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171021_212341
田子産ニンニク揚げだぬ( ・∀・)
青森のニンニクは国内シェア8割で
県内でも田子(たっこ)産がもっとも生産量が多いらしい
福地ホワイト六片とかいうニンニクの品種を
CMで聞いたことがあるねえ

IMG_20171021_213406
皮をむいて、身に味噌をつけて食べるぬ( ・∀・)うまうま

これで〆にするぬ
2千円

DSC01179
〆は、横丁の入口で見たラーメン屋にするぬ(´・ω・`)

IMG_20171021_214205
八戸ラーメンヽ(´ー` )ノください

IMG_20171021_214330
煮干しと鶏がらのあっさり醤油(゚∀゚)ウマウマ
呑んだ後には、丁度いいラーメンだぬ
600円
お腹いっぱいになったし、ホテルに戻るか

IMG_20171021_180134
 (つ∀-)オヤスミー

DSC01182
8時半にチェックアウト、駐車場へ(´・ω・`)

DSC01185
国道45号を久慈方面へ(´・ω・`)
途中、八戸市の終点階上インターまで無料区間の八戸久慈道
階上インター~久慈北インターまでの33キロは
高速道未完成のため、一般国道45号を走ったぬ

DSC01189
11時、道の駅久慈に到着(´・ω・`)
久慈は3年前、あまちゃんで訪問して以来、久しぶりだぬ

DSC01190
前回もランチを食べた道の駅内のレストラン山海里(´・ω・`)

IMG_20171022_110240
前回は、漁師なげこみ丼とまめぶ汁を頼んだが
今回は、漁師なげこみ丼のみヽ(´ー`)ノください

IMG_20171022_110550
漁師なげこみ丼が来たぬ( ・∀・)
イクラ、マグロ赤身、マグロ中落、活タコ、しめ鯖、鮭、勘八だな
新鮮で品数も多く(゚∀゚)ウマウマ
1250円

DSC01193
再び、国道45号を宮古方面へ(´・ω・`)
途中、三陸北道路の無料区間が数キロ程度で三か所あった

DSC01199
14時40分、宮古市の道の駅みやこで休憩(´・ω・`)

DSC01200
ふたたび、国道45号を釜石方面へ(´・ω・`)
三陸道の無料区間は、数キロのが3か所

DSC01201
このあたりの国道45号は、左手に巨大な防潮堤が続く(´・ω・`)

DSC01206
16時、釜石に到着(´・ω・`)
ルートイン釜石にチェックイン
バイキング朝食付きで6800円
台風くるんで、長くホテルにいると思い
ちょっとグレード上げたぬ(´・ω・`)

IMG_20171022_161211
漏れ的には、高級ホテル
ゴロゴロするぬ( ・∀・)

DSC01207
突然、スマホに、緊急速報のエリアメール着信
台風21号で、釜石は避難準備警報が出たらしいな
ま、無視(´・ω・`)
それにしても、10月半ばに巨大台風の上陸があるとはな
今日はずっと雨で観光できんかった(´・ω・`)ショボーン

DSC01210
17時、早めに夕食(´・ω・`)
食事処 誰そ彼(たそがれ)
大雨の中歩きたくないので
ホテルに一番近かった居酒屋にしたぬ

IMG_20171022_182803
電話予約していたので、すんなりカウンター席へ(´・ω・`)

IMG_20171022_181435
日本酒は、釜石の地酒 浜千鳥か(´・ω・`)
浜千鳥にも、いくつか種類があるようだ
仙人郷というのにするかな

IMG_20171022_170602
浜千鳥の仙人郷が来たぬ( ・∀・)
浜千鳥は釜石の酒蔵
仙人郷は本醸造で、仙人秘水という釜石の名水で仕込んでるらしい
柔らかな口当たりで切れが良く(゚∀゚)ウマウマ
突き出しは、カニの和え物で酒がすすむぬ

IMG_20171022_180753
ここは、基本、おまかせのコース料理らしい
一品だと、丼ものとか、ステーキしかない
うーん、仕方ないな、3千円のコースで(´・ω・`)

IMG_20171022_171054
まず、あぶらぼうずの煮物( ・∀・)
あぶらぼうずとは、1mから2m近くの巨大な深海魚で
滅多に水揚げされない魚らしい
白身魚のトロと言われるほど、脂が多くて
コラーゲンたっぷりで(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171022_171924
銀鮭焼きが来たぬ
銀鮭なんて贅沢な鮭、滅多に食わないので、うまうま(;・∀・)

IMG_20171022_174958
イワシの煮物が来たぬ( ・∀・)
脂が乗ってて、醤油も染みてて実に旨し
今年は、秋刀魚が不漁で、まったく入荷がなく
イワシを出してるとのこと

IMG_20171022_170908
メインの刺し盛が来たぬ( ・∀・)
真ツブ、タコの頭、真鯛、本マグロ
活イカ、メカジキ、ホタテ、カンパチ
どれも、厚切り、大ぶりのネタで豪快贅沢な刺し盛だぬ
(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20171022_181601
特に本マグロのネタが、厚み大きさがビックで
よく脂がのってて、中トロいや大トロのような味わい
冷凍ではないというのもいいねえ( ・∀・)

IMG_20171022_183410
〆は、ご飯、アサリの味噌汁、おでんのおかず
ご馳走様ですた
4500円

DSC01211
ホテルに戻って、大河ドラマを見るぬ(´・ω・`)

PA230100
大河見終わってから、ホテルの大浴場に入るぬ
八戸からの200キロのドライブの疲れがとれるねえ
いい湯だな( ・∀・)

DSC01212
風呂上りは、衆院選の開票番組を見てたぬ(´・ω・`)
自民の圧勝らしい
いつのまに、寝落ちしてたぬ (つ∀-)オヤスミー

IMG_20171023_065956
朝食バイキング(゚∀゚)ウマウマ

DSC01215
制限ギリギリ10時にチェックアウト(´・ω・`)
まだ、雨が降ってる

DSC01219
とりあえず、釜石港へ(´・ω・`)
雨の港町を眺める

DSC01232
雨が止んできたんで、釜石市内へ
新日鉄住金釜石の製鉄所を見かけたぬ(´・ω・`)

DSC01223
釜石駅、到着(´・ω・`)
目の前は三陸鉄道の釜石駅、左にJRの釜石駅
イオンタウン釜石駅とあるのは、ネーミングライツでの看板

DSC01225
JR釜石駅の構内(´・ω・`)
右の山田線は、釜石~宮古のJR線だが、
震災で復旧が見込めず、営業休止中
運転を見合わせておりますの貼り紙がされてる
右の釜石線は、釜石~遠野~花巻
こっちのほうは、台風21号接近で、運転見合わせの電光掲示

DSC01228
釜石駅の操車場(´・ω・`)
釜石線の普通車の車両が止まっていたぬ

DSC01234
国道45号を気仙沼方面へ(´・ω・`)
釜石から20キロ先、大船渡の吉浜ICから三陸道無料区間を走るぬ

DSC01236
大船渡碁石海岸ICで降りる(´・ω・`)
大船渡温泉と碁石海岸に行くぬ

DSC01237
14時、大船渡温泉、到着(´・ω・`)
日帰り湯に入るぬ
入湯料430円

DSC01240
無色透明の塩化物泉でいい湯だったぬ( ・∀・)
人がいたんで撮影が出来ず
露天風呂があり、この写真とほぼ同じ眺望が見えるぬ
この写真はホテルのホールで撮影

DSC01242
県道を走り、碁石海岸へ(´・ω・`)

DSC01282
防潮堤で覆われた漁港が見えた(´・ω・`)

DSC01279
建設中の防潮堤(´・ω・`)
けっこう、高さがあるぬ

DSC01245
15時、碁石海岸駐車場、到着(´・ω・`)

DSC01246
松林を歩き、碁石海岸へ(´・ω・`)
すっかり晴れてきたぬ

DSC01248
しばらく松林を歩くと、海が見える(´・ω・`)
中央の島のように見える大きな岩礁が雷岩
雷岩と崖の間を乱曝谷というらしい
台風が通り過ぎたばかりのせいか、乱曝谷をうねる荒波が凄い

DSC01249
碁石海岸の展望台(´・ω・`)

DSC01252
碁石海岸(´・ω・`)
海岸といっても、絶壁の崖が続く岩場だぬ
右の岩礁が、海馬島(とどじま)
碁石のような黒い石が多いことから、碁石海岸と呼ばれてるらしい

DSC01258
再び、松林を歩き、碁石岬へ(´・ω・`)

DSC01260
碁石埼灯台(´・ω・`)
小さな灯台だぬ

DSC01263
さらに奥へ行き、階段を下りる(´・ω・`)

DSC01264
碁石岬展望台(´・ω・`)

DSC01267
岬から見える風景(´・ω・`)
大海原が広がっているぬ
二つの岩礁が見える

DSC01266
先ほどの岩礁が見えなくなるほどの大波が来た( ・∀・)
風も強く、波しぶきが飛んでくるぬ

DSC01269
展望台左手の風景
大荒れ大荒れ、海が荒れとる
こういうのを白波が立つというんだろうねえ(´・ω・`)

DSC01273
展望台右手の眺望
緑の松、黒の奇岩、青い海の取り合わせが美しいぬ( ・∀・)

(続く)

記事検索
ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ