三沢航空祭の旅

9月10日に青森県の三沢基地で
三沢航空祭があるというんで
急遽、見に行くことにしたぬ(´・ω・`)
航空祭は毎年やってて気になっていたが
なかなか行けず、初めての見学だぬ( ・∀・)

DSC00668
三沢航空祭の前日9日土曜の夜22時
東京駅最寄りの鍜治橋駐車場・バスターミナル到着
混んでるねえ(´・ω・`)

DSC00665
発車時刻表(´・ω・`)
22時10分から23時10分の一時間で、
これだけの夜行高速バスが全国へ発車するぬ
乗るバスは、22時30分の本八戸・三沢・北里大行き
運賃は往復1.2万円
乗り込む時間になると、アナウンスがあり
時刻表の右端に乗り場番号が表示される

DSC00667
アナウンスがあるまで、充電しながら待つ(´・ω・`)

DSC00670
定刻時間にバスに乗り込む
横四列で、窓側席であった。寝るぬ (つ∀-)オヤスミー

P9100048
9時30分、三沢駅東口前に到着(´・ω・`)
さっきまで、警報になるほどの局地的豪雨が降っていたらしい
空を見た感じでは晴れそうだ

DSC00671
三沢基地へは、三沢駅西口から路線バスで(´・ω・`)
なんだか、えらく並んでる
列に並ぶ前に、朝食にするか

DSC00672
JR三沢駅西口前(´・ω・`)
廃止された十和田観光電鉄三沢駅の旧駅舎
駅としては廃止されてるが、中に蕎麦屋があるぬ

DSC00673
三沢駅食堂(´・ω・`)
昭和な風情だぬ

DSC00676
店内も、昭和な風情だぬ(´・ω・`)
食券渡して、カウンターに座る

DSC00675
天ぷらうどん
昔懐かしい素朴な味で(゚∀゚)ウマウマ
330円

DSC00679
増便されてる臨時のシャトルバスに乗るぬ(´・ω・`)
バスの左に見えるのが、さっきの駅そば屋のある旧駅舎
運賃160円

DSC00681
10分で、三沢基地入口に到着
真ん中がに見えるのがゲート(´・ω・`)

DSC00684
ゲートはいると米兵がカバンの中を検閲(´・ω・`)
ここからは航空祭でなければ入れない

DSC00685
検閲済んだら、人の流れにそって基地飛行場へ(´・ω・`)

DSC00688
屋台のテントを見かける(´・ω・`)

DSC00692
バーガーを買って、食べてみる(´・ω・`)
味はまあまあ
300円

DSC00693
米軍の宿舎であろうか(´・ω・`)
わりに新しい
思いやり予算で作られてるんだろうな

DSC00694
ガソリンスタンドかな(´・ω・`)

DSC00697
レストランモールかな(´・ω・`)
人気店なんだろうか
PopEyeチキン&ビスケットとかいう店に
行列ができてる

DSC00698
ここにも屋台がある(´・ω・`)

DSC00699
ホットドッグを食べてみた(´・ω・`)
味はまあまあ
200円

DSC00702
横断歩道を渡ると、飛行場(´・ω・`)
信号もあるが、米兵が交通整理してる

DSC00704
基地飛行場入口(´・ω・`)
屋台がたくさんある
人混みが凄い
奥へ進む

DSC00819
三沢基地飛行場の全景(´・ω・`)
手前が米軍側、奥が自衛隊側
左が滑走路側、右が格納庫側
かなり広い

DSC00711
人ごみの飛行場の中心地へ(´・ω・`)
バズーカのような大きな望遠レンズを装着した一眼レフを構えて
空に向けている人がたくさんいる
何を撮っているのだろうか

DSC00712
みんなの撮影方向を見てみる(´・ω・`)
青い空に黒いシミのような点
ああ、飛んでる戦闘機を撮ってるんだな
ああいうのは、あんな高そうな高級カメラでないと
うまく撮れないんだろうな
ちなみに、もれのカメラは、ソニーのコンデジWX-500だぬ

DSC00716
さっき、飛んでた戦闘機が着陸してきた(´・ω・`)
F-16とかいう米軍が主力としてる戦闘機らしい

DSC00731
飛行場を見回すと
柵に囲まれて止まってる戦闘機があった(´・ω・`)
F-35Bという最新のステルス戦闘機らしい

DSC00732
コクピットにはパイロットが座ってる
かっこいいねえ(・∀・)
カバーが開いたので、降りるようだ

DSC00749
一本棒の梯子で降りる(´・ω・`)
なんかかっこ悪いな

DSC00745
F-35Bの後ろ姿(´・ω・`)

DSC00817
F-35Bは2機ある
コクピットが閉じられて、静態展示状態になるが
柵はしたままで近づけない(´・ω・`)

DSC00710
柵のない戦闘機があった(´・ω・`)
F-16で、2機展示されてる
パイロットと記念写真のサービスが行われてる

DSC00744
暇なのか、米兵のパイロットが増えた(´・ω・`)

DSC00740
F-16は触れる(´・ω・`)

DSC00741
なんというのかわからないが、戦闘機の下の部分
黄色の保護カバーに、武将の兜のイラストがある

DSC00742
F-16は、ミサイルが装着したまま展示されてる(´・ω・`)
ただ、中央の暇そうな米兵が手をついてるミサイル風のものは、
ミサイルではなく、増槽タンクという燃料の予備タンクらしい
増槽タンクの左側に装備されてるのがミサイルだぬ 

DSC00726
大きな飛行機を見かけた(´・ω・`)
全長が44mある
ジャンボジェット機みたく大きいので、輸送機かと思っていたが
B-1Bという最新の戦略爆撃機らしい
B-1Bは、F-16を数機引き連れて、北朝鮮上空を飛んで見せたが、
北朝鮮のほうは領空侵犯されたことに気づかなかったという話は
最近ニュースになったな
ホットな爆撃機だぬ(´・ω・`)

DSC00727
B-1Bを真下から撮影(´・ω・`)
蓋が開いた状態で展示されてる
ここからミサイルとか爆弾を落とすんだろうな

DSC00818
もう一つ、大きな飛行機があった(´・ω・`)
これも輸送機だと勘違いしてたが
ストラトタンカー空中給油機KC-135Rとかいう軍用機らしい
全長41mで旅客機のボーイング707をベースに開発されたが
たしかに、どこか旅客機に見えるフォルムだぬ
それにしても、飛行しながら、戦闘機に給油するって、凄いな

DSC00755
KC-135Rには、搭乗タラップがついてて
長い行列ができてる(´・ω・`)
機内が見られるみたいだが、並ぶのは面倒なので辞めたぬ

DSC00754
なぜか、赤い鳥居があった(´・ω・`)
鳥居には、35th OPREATIONS SUPPORT SQUADRON
とか書かれている
第35空軍支援中隊とか、そういう意味かな
ただのエントランスの門みたいなもんだと思うが、なぜ、鳥居なんだろう

DSC00718
この格納庫は、中が見れるようだ(´・ω・`)
入ってみよう

DSC00720
日の丸のあるF2国産機が展示されていた(´・ω・`)
バックにアメリカの国旗

DSC00721
こっちは、米軍のF-16
日本国旗が掲揚されてる

DSC00758
お昼時になると、屋台にすごい行列ができていた(´・ω・`)

DSC00759
三沢なのに佐世保バーガー(´・ω・`)

DSC00756
なんとなく違和感のある、鮎の塩焼き(´・ω・`)

DSC00757
ブルーインパルスグッズの店(´・ω・`)

DSC00821
米軍基地らしくミリタリーファッションの店(´・ω・`)

DSC00765
暑かったんで、かき氷を食べたぬ(゚∀゚)冷たくてウマウマ
300円

DSC00762
太陽カンカン照りで、熱中症になったのか
倒れた人がいて、米軍の救急車が来てた(´・ω・`)
はじめ、救急訓練みたいなもんかと思ってたが、ガチだった

DSC00767
大きなテント、アラスカンシェルター(´・ω・`)
中に入ってみる

DSC00766
中を見ると、作戦司令基地みたいなところであった(´・ω・`)
左の画面は、フライトレーダー24

DSC00769
12時30分、ブルーインパルスのアクロバット飛行が始まるというんで
自衛隊側の基地へ移動(´・ω・`)
ブルーインパルスの格納庫が開いている

DSC00772
管制塔脇に特設観覧席が作られている(´・ω・`)
たぶん、予約制か有料なんだろうな

DSC00774
どこも、すごい人だかりになった(´・ω・`)
このあたりで見物するかな

DSC00782
滑走路で、見学できる人がいるんだな(´・ω・`)
なんだろう、関係者なのか、予約制なのかな

DSC00777
おっ始まった(´・ω・`)
4機で飛行機雲吐いてる

DSC00794
直角に急上昇してる(´・ω・`)
宇宙兄弟でいうバーティカルクライムロールて奴かな

DSC00780
一機、長い飛行機雲つくって飛んできた(´・ω・`)

DSC00785
さっきの4機に1機加わって、5機で飛行(´・ω・`)

DSC00793
5機が、扇状に広がって、飛行(´・ω・`)
ブルーインパルスには関係ないが
中央の戦闘機はF-16、右の青いのが国産F2

DSC00802
今度は6機になった(´・ω・`)

DSC00801
右から左へ、整然と飛行(´・ω・`)

DSC00800
グーンと、急上昇(´・ω・`)

DSC00795
ハート型(´・ω・`)

DSC00804
五芒星型(´・ω・`)

DSC00810
一時間弱の曲芸飛行終了して
ブルーインパルスが続々と着陸してきた(´・ω・`)

DSC00814
整然と並ぶ6機のブルーインパルス
ブルーインパルスの展示飛行はこれくらいで(´・ω・`)

DSC00816
朝からずっと歩き回って疲れたな
一通り見たし、三沢航空祭はこれくらいにしよう(´・ω・`)

DSC00822
三沢基地の出口へ(´・ω・`)

DSC00824
三沢空港へ歩くぬ(´・ω・`)

DSC00826
15時、三沢空港前にある、三沢空港温泉、到着(´・ω・`)
入湯料350円

P9100050
いい湯だな(´・ω・`)
疲れがとれる
アルカリ性単純泉で、トロトロした感触
ぬる湯で長湯に向くぬ

DSC00827
休憩室でゴロンと休憩(´・ω・`)

DSC00829
17時、徒歩で三沢の中心地へ(´・ω・`)
今日だけだろうけど、駐車場1500円は高いな

DSC00830
基地前にて、米兵相手ぽいパブを見かける(´・ω・`)

DSC00832
基地ゲート手前のショッピングモール(´・ω・`)

DSC00833
バラ焼の老舗・赤のれん(´・ω・`)
十和田バラ焼の発祥の店らしい
ここで夕飯にするぬ
人気店なのか17時半で並んでいた

IMG_20170910_181352
カウンター席のない店で、4人テーブル席に通される
混んでるのに相席なしで配慮されて一人だけで申し訳ない気分
バラ焼定食と瓶ビールを注文ヽ(´ー` )ノください
バラ焼定食900円
瓶ビール450円

IMG_20170910_181646
ビールと、バラ焼が来たぬ(´・ω・`)
バラ焼は牛肉と玉ねぎのざく切りを
鉄鍋にのせ、ただ焼くだけ
きわめてシンプル
とりあえず、ビールを飲む  ( ´∀`)つt[]うまー

IMG_20170910_182050
定食なんで、ごはん、味噌汁、浅漬けキムチが付く(´・ω・`)

IMG_20170910_182229
焼けてきた(´・ω・`)そろそろ食うか

IMG_20170910_182320
甘ダレにつけて頂く(゚∀゚)ウマウマ

ごちそうさまですた

DSC00834
徒歩で三沢駅へ(´・ω・`)
まだ19時過ぎなのに、完全にシャッター商店街だな

DSC00836
19時半、三沢駅、到着(´・ω・`)
駅前のベンチで高速バスを待つぬ

DSC00837
20時10分、高速バスに乗り込む(´・ω・`)

DSC00838
4列シートで、帰りも窓側の席ですた(´・ω・`)
モヒカンがおるな
東京まで寝るか (つ∀-)オヤスミー

今回の費用は

高速バス往復 1.2万円
食費   2,480円
他     510円

計1.5万円
ですた(´・ω・`)

(終わり)

グンマーの旅④霧積温泉篇

 ヒレカツタルタル丼ランチの続き(´・ω・`)

DSC00584
国道18号を松井田方面へ(´・ω・`)

DSC00587
松井田から県道を妙義山方面へ(´・ω・`)
目の前に異様な形をした妙義山が見える

DSC00589
13時、妙義公園駐車場に到着(´・ω・`)
広々とした駐車場だが、車は5台くらいしか止まっていない
平日木曜だし、紅葉や桜のシーズンでもないんで、こんなものかな
ここからは、妙な形の妙義山を見渡すことができる
左手の赤い鳥居の中之嶽神社に向かうぬ

DSC00591
中之嶽神社の赤鳥居(´・ω・`)
鳥居の上に金色のでかい何かがのっかっている
行ってみよう

DSC00603
近づいてみると、大きな大黒様ですた(´・ω・`)
20mの高さがあり、日本一の大きさらしい
パワースポットとして有名らしいぬ

DSC00602
お清めするぬ(´・ω・`)

DSC00594
拝殿にてお参りしたぬ(´・ω・`)

DSC00596
中之嶽神社には、もう一つ社があるぬ(´・ω・`)
ていうか、実はこちらがメインの社
その社まで、土合駅ほどでないが、結構な高さと傾きがある石段を
ひたすら登るんだが、登りきるのに4分ほどかかった

DSC00601
石段の頂上には風情のある社があった
この社も拝殿で、中之嶽神社は、本殿が無い数少ない神社の一つ
社殿が背にしている、見上げると高さが100m以上ありそうな巨大な岩
轟岩(とどろきいわ)といい、妙義山の一部なんだが、それが御神体だぬ
こちらもお参りしたぬ(´・ω・`)

DSC00605
突き当りの国道18号を、左、軽井沢方面へ(´・ω・`)

DSC00607
国道18号ぞいの横川にある有名な峠の釜飯のおぎのやをスルー(´・ω・`)

DSC00608
碓氷峠の手前で分岐してる県道を走り、霧積温泉方面へ(´・ω・`)

DSC00609
最初、県道は、やや狭いが、険道ではなかった(´・ω・`)

DSC00612
霧積ダムを見かける(´・ω・`)
人間の証明、松田優作主演映画版では、
犯人の秘密を知る霧積の婆さんが突き落とされた殺人現場
原作の小説の時点では、まだダムが完成しておらず
建設中という設定(´・ω・`)

DSC00614
霧積ダムまでは、走りやすかったが
ここからは、なんか、嫌な悪寒(´-ω-`)

DSC00615
狭い険道が、永延と続きだした(´・ω・`)
ここで対抗車来たら困るな
右側はずっと、崖になってて、こんなところで麦わら帽子無くしたら
見つかるわけない罠┐(´д`)┌

DSC00617
待避所この先100mの標識(´・ω・`)
こういう標識あるとホッとするぬ

DSC00620
これは、最近、崖が崩れたぽいね(´・ω・`)
途中、ここ以外でも、
工事業者がいて、なにやら工事をしていた

DSC00622
傾いてる霧積川の標識(´・ω・`)
両側でこぼこガードレールでえらく狭い
こんなところで擦ったら大変だな

DSC00623
道はダートになったが、水車みたいのが見える(´・ω・`)
目的地の霧積温泉に近づいてきてるようだ

DSC00625
14時20分、温泉旅館に一番近い駐車場に到着
ここからは徒歩(´・ω・`)

DSC00626
ホイホイ坂を登る(´・ω・`)
何がホイホイなのか分からんが、普通に登山道だぬ

DSC00627
木板の橋を渡る(´・ω・`)
左手に、滝のような土砂崩れ防止の砂防堤が見える
霧積川の源流だぬ

DSC00628
ホイホイとは行かない崩れた丸太階段(´・ω・`)
最近、ちょっとした土砂崩れするような豪雨があったようだな

DSC00630
さらに登っていく(´・ω・`)
こうなると、本格的ともいっていい登山道だねえ
目的地の温泉旅館は、貴族探偵なんたらとかいうジャニーズドラマの
ロケ地になったらしく、若い女性のファンがサンダルやヒールで来ることが
多いと後で聞いたが、ゆとりだねえ┐(´д`)┌

DSC00633
あれ、広い車道に出た(´・ω・`)
この車道は旅館近くに続く道ではあるが
さきほどの県道側へも実は続いてるらしい
(´・ω`・)エッ?
じゃ、この山登りしてきたのは一体何なんだとちょい思ったが
旅館・金湯館へは左へ300m
もうすぐなんで、深く考えずに、とにかく進むか
右に鼻曲とあるのは、右奥に鼻曲山への登山道があるようだぬ

DSC00634
再び看板(´・ω・`)
今度は150m坂を下りる
旅館の送迎車であれば、ここまで車で来れる

DSC00635
駐車場から徒歩18分で、霧積温泉・金湯館、到着
風情のある旅館だねえ( ・∀・)

霧積温泉は、明治時代に軽井沢よりも早く、避暑地として開発され
一時は42軒の温泉旅館で賑わっていたらしい
(42軒と宿のHPにはそう書いてあるけど本当かねえ
地形的に、そんなに旅館が建てられるほど温泉地には見えない)
伊藤博文、勝海舟、岡倉天心、与謝野夫妻など、
数多くの著名人が訪れていたようだぬ
明治43年に大規模な土砂崩れ(山津波)が起きたため温泉街が壊滅
その後は軽井沢に押されて凋落し、今は、金湯館のみの一軒宿になっている

P8300043
さっそく、お風呂に入る(´・ω・`)
内湯のみで、残念ながら露天風呂はないぬ
入湯料700円

P8300045
かけ流しの無色透明のカルシウム硫酸塩泉
さらさらとした感触、ぬる湯で長湯に向くぬ
いい湯だねえ(・∀・)
炭酸泉のような泡が付くという未確認情報もあったが
それは確認できなかった

P8300046
浴室には普通のタイルでなく、
外壁材に使うような石材が用いられてる
当時としては、最先端の豪華な浴室だったのだろうな(´・ω・`)

P8300047
湯口から注がれる湯は飲泉可能(´・ω・`)
湯量も多いぬ、やや苦みがある
そろそろ上がるか

DSC00638
おにぎり弁当などに使われる包装紙
弁当は頼んでいないが、こういうのがあると予め、
名無しさんに聞いていたので
宿の婆様に聞いてみたところ、貰えた(´・ω・`)

DSC00640
包装紙に書いてある帽子という有名な詩(´・ω・`)

母さん、僕のあの帽子、どうしたのせうね?
え、夏、碓氷から霧積へ行く道で、渓谷へ落とした
あの麦わら帽子ですよ

森村誠一の人間の証明の一節、元々は西条という詩人の詩らしい
碓氷から霧積温泉への現在の道も、霧積ダムあたりから険道であったが
当時は、さらに険しい崖が続く山道で、麦わら帽子落とした渓谷も
どこか分からんけど、谷の深い所だったに違いない

DSC00641
天井に掲げられてる色紙を眺めていたら
やはり、森村誠一の色紙があった(´・ω・`)
この旅館は、最近のテレビドラマ版では幾度もロケ地になっているが
松田優作の映画版では、ロケされていない
当時、霧積温泉は、まだ電気が通っておらず、いわゆるランプの宿で
撮影可能な環境でなかったのが理由らしい

DSC00642
帰ろうとしたら、大雨だった(´・ω・`)
駐車場まで車で送ってくれるとのことで助かった
雨の中、山道歩きたくないからのう

DSC00643
旅館のハイエースで駐車場へ(´・ω・`)
登山道より遠回りで、道も狭いためなのか
意外と14分もかかり、徒歩18分と大して変わらないが
それでも、マイカーで旅館まで直接行けるほうが楽であろう
宿の婆様の話では、
以前は旅館まで直接マイカーで行けるようにしていたが
山道の運転に慣れない一般客の脱輪事故が多かったり、
車の行き違いで客同士、あるいは、宿と客とのトラブルが多かったため
一般車両通行不可にしたらしい

DSC00645
雨で霧のようになっている(´・ω・`)
霧積という地名は、こういう気象が多いところから付いたのだろうか
慎重に運転しよう
さて、松戸へ帰るか

DSC00647
麓に近づくと雨が止み、霧も晴れてきた(´・ω・`)

DSC00650
国道18号東京方面へ(´・ω・`)

DSC00651
松井田妙義インターで上信越道(´・ω・`)

DSC00653
(´ε`;)ウーン…まじか
関越は、渋滞11キロか
北関東道まわって東北道で帰ろう(´・ω・`)

DSC00657
( ・`ω・´)ナン…ダト!?
東北道も事故渋滞14キロかよ
東北道もダメか
圏央道まわって、常磐道で帰ろう
しかし、遠回りになってしまったな┐(´д`)┌ヤレヤレ

DSC00660
常磐道は渋滞無し(´・ω・`)

DSC00661
守谷SAでちょい休憩(´・ω・`)
のつもりが、爆睡( ・д⊂ヽ゛
目が覚めたら0時過ぎだった

DSC00662
流山インターで降りる(´・ω・`)
高速料金2,560円
帰宅して自分のアパートでちゃんと寝る
レンタカーは営業開始時間の朝に返すんで
とりあえず、アパート近くに駐車しておいた

DSC00663
レンタカーを朝8時に返却
トータルの走行距離は833キロ
ガソリンは、6,400円(52L)
グンマーは思ったほど広かった(´・ω・`)

今回、3泊4日グンマー旅の費用は

レンタカー    2.4万円
ガソリン・高速 1.2万円
宿泊(3泊)   1.5万円
食費・入湯料  1万円 (内、入湯料2,800円)

計 6万1千円

ですた(´・ω・`)

(終わり)




グンマーの旅③草津温泉篇

白根湯釜の続き(´・ω・`)

DSC00509
国道292号を草津方面へ(´・ω・`)

DSC00511
13時40分、草津温泉到着(´・ω・`)
たぬきの置物がどことなく印象的な
時代を感じさせる土産物屋の田島屋
実は、裏手に宿泊棟がある温泉旅館田島屋
素泊まり4千円
車は旅館の無料駐車場に駐車しておいたぬ

DSC00513
ちょっと早いがすぐにチェックイン
部屋は、昭和な風情の和室
荷物をおいて、すぐに、草津の外湯へ(´・ω・`)

DSC00514
旅館前の坂を下りて、突き当りにある湯畑へ(´・ω・`)
この坂は背後の逆側をいくと、草津バスターミナルに通じる

DSC00541
湯畑行く途中で見かけた外湯(´・ω・`)
読みにくい毛筆体で、瑠璃の湯と書いてある
無料ではあるが基本、地元の人向けで、観光客には公開されてない
草津温泉の外湯(無料共同浴場)は全部で19か所もあるが
ほとんどは、上の瑠璃の湯みたいな地元人向けで
一般公開されてるのは、
①白旗湯、②千代の湯、③地蔵の湯
の3つだけ
今回は、その三か所全部と
湯畑近くの有料の外湯・御座の湯に入ろうと思うぬ

DSC00515
旅館から3分で湯畑到着(´・ω・`)
湯畑と呼ばれる草津温泉の有名な源泉だぬ
硫黄の特有な匂いがプンプンする
左下手前の木枠が源泉
湯畑温泉の湯は、源泉から湧いた湯が
右上奥に見える7本の木樋を流れる
木樋の長さは60mもあり、その過程で湯を冷ます仕組みだぬ
と同様な意味の説明を、テルマエロマエの阿部寛がしていたな


DSC00516
湯畑を左回りに廻ってみる(´・ω・`)
ロータリー状になってる湯畑の柵には、記念撮影する観光客でいっぱいだぬ
柵内中央に木樋が7本並んでいるのが見える
木樋は湯を冷ます機能の他に、湯の華も採取できる構造となっている
その湯の花から作る入浴剤・草津温泉ハップが
長野の有名な白骨温泉の湯を白くするのに使われた事件は記憶に新しい

湯畑向こう中央に見える大きな洋館は、観光案内所で
案内所の左隣の建物が、湯畑に一番近い外湯・白旗の湯だぬ
白旗湯には、湯畑一周したあと、行こうと思うぬ

DSC00539
湯畑源泉の反対側にある湯滝(´・ω・`)
木樋の湯の流れがまとまって、滝のように勢いよく流れている
このあたりで、源泉60℃が45℃以下に冷まされる
そして、各温泉旅館へ配給される

DSC00534
湯滝から注がれる、湯だまりの色は、きれいな青白い色をしてる(´・ω・`)
以前は、この湯だまりに外湯の湯小屋があったらしい
湯滝の岩に見える濃い緑は苔の一種で、チャツボミゴケ
強酸性の環境の中でしか育たないコケで
草津温泉がPH2の強酸性であることを証明している

DSC00533
湯だまり近くに、セブンイレブンがある
右側一階がセブンイレブンで、左側の旅館と違和感がないほど
溶け込んでいるぬ
いわゆる京都の景観条例と同様な制度が
草津の温泉街にも適用されている
というわけで、セブンでペットのお茶を購入すた(´・ω・`)

DSC00518
湯畑一周したんで、さっそく白旗の湯に入ろうと思うぬ(´・ω・`)
人が多いため、中の撮影はできず

DSC00517
朝5時から午後11時まで営業している
もちろん無料だぬ(´・ω・`)
貴重品ロッカーなどは全くないんで、管理は自己責任で
湯舟は2つあり、ひとつは白濁、もうひとつは透明
内湯のみだが、天井がかなり高い木の湯小屋に木の湯舟で
湯小屋には風情があるぬ
ただ、湯温は滅茶熱い、43度はありそうだぬ

DSC00520
白旗の湯の向かい側左手にある
白旗源泉(´・ω・`)
さっき入った白旗の湯の源泉だぬ

DSC00521
中をのぞくと、湯がブクブク沸いていた(´・ω・`)
源頼朝がグンマーを巻狩してて発見した湯で
源氏にちなんで白旗源泉、白旗の湯と呼ばれたらしい
強酸性ではあるが湯畑とは違う源泉だぬ



DSC00537
白旗源泉の右手後ろ側にある御座之湯(´・ω・`)
平成25年にリニューアルされているせいか
風情はないが、新しく綺麗な日帰り入浴施設で
ロッカー等設備は今風に整備されている

DSC00538
ここも人が多いため、撮影できず
入湯料600円
天井の高い木の湯小屋に、広い木製の湯舟が2つあり、
湯畑源泉と万代源泉の二種類のお湯が楽しめる
個人的には湯畑源泉がよかったぬ
湯温は長湯できる丁度いい温度だぬ

DSC00536
湯畑の湯滝のところから2分ほど歩いたところにある千代の湯(´・ω・`)

DSC00535
ここも無料(´・ω・`)
だが、湯舟は狭いのが一つしかなく、3人はいれば満員の狭さ
着替え場も狭い
湯温も滅茶熱いぬ
人がいたんで撮影できず

DSC00522
地蔵の湯に向かうぬ(´・ω・`)
右を進む
左を行けば湯畑に戻れる
狭い路地だと、地蔵の湯と湯畑については、
こういう標識が所々にあるぬ

DSC00523
車が入れない路地をすすむ(´・ω・`)

DSC00527
湯畑から5分ほど歩いた、分かりにくい所にある
地蔵の湯(´・ω・`)

DSC00526
ここは、千代の湯より大きな湯舟が一つ(´・ω・`)
6人ほどで満員の広さ
ここも(;´д`)ゞ アチィー!!
湯小屋は昭和な銭湯的な素朴な風情があるという感じだな

DSC00529
地蔵の湯のすぐ前にある、木の柵に囲まれた地蔵の湯の源泉(´・ω・`)
すぐ奥に地蔵尊の祠があるぬ
たぶん、この地蔵尊から名がついたのであろう

DSC00542
16時過ぎ、旅館に戻り、ゆるりと湯休みとするぬ(´・ω・`)

DSC00543
ウエルカムの温泉まんじゅうを頂く(゚∀゚)ウマウマ
ちょいと横になり寝るぬ(ρw-).。o○

DSC00547
19時、暗くなったので、再び湯畑へ(´・ω・`)
青色のライトアップがされてて、昼間とは違う風情だぬ

DSC00548
湯畑周辺の温泉街の建物も、それぞれライトアップ(´・ω・`)
夕飯にするか

DSC00544
ここが良さそうかなと思ったが、予約満席であった(´・ω・`)

DSC00546
2階に基本は食堂で、ちょいのみできる店もいくつかあるようだが
(´ε`;)ウーン…テーブル席メインで、メニューが定食、丼ものばかり
居酒屋らしい、居酒屋はないのかな

DSC00545
ちょい裏手にそれらしい居酒屋があった( ・∀・)
居酒屋三四郎、カウンター席もあるようだし良さそうだ
当店は酒処なので食事だけの方はご遠慮いただきますという
店先の注意書きも思い切りがあって良い
ここにしよう(;´∀`)

IMG_20170829_191545
暖簾をのぞいて、一人ですが言うと、すんなりカウンター席へ(´・ω・`)
何を呑もうかのう
まずは、地酒と書いてある本醸造草津節
つぎには、雪づくりの濁り酒にするか
草津節ヽ(´ー`)ノ銚子冷酒で

IMG_20170829_200343
目の前のカウンター見ると
純米吟醸草津節とか、生貯蔵酒草津節とかあるな
これの本醸造か
蔵元は、長野原の浅間酒造
八ッ場ダムから草津温泉へ行く途中
国道125号ぞいで浅間酒造観光センターという看板を見かけ
ちと気になっていたが、そこのことだな(´・ω・`)

IMG_20170829_185009
草津節本醸造と、突き出しが来たぬ( ・∀・)
エンドウとコンニャクの煮物
コンニャクは、グンマー下仁田の名産だな(゚∀゚)ウマウマ
草津節の本醸造も、さらりとした辛口で、グンマーの食材にあうぬ

IMG_20170829_185600
今日のおススメか(´・ω・`)
山の国グンマーで海鮮の刺し盛も悪くないが
大根あら煮にしてみるかヽ(´ー` )ノください

IMG_20170829_185854
大根あら煮が来たぬ( ・∀・)
大根に、あらのダシがよく染みていて(゚∀゚)ウマウマ
茗荷もうまし

IMG_20170829_191624
こっちは、定番メニューか(´・ω・`)
ぎんひかり(虹マス)と出し巻き卵(蕗の薹、柚子、大葉)を頼むか
ヽ(´ー` )ノください

IMG_20170829_192340
ぎんひかり虹マス刺が来たぬ( ・∀・)
ぎんひかりは、グンマーの誇る養殖ニジマスの高級ブランド
普通のニジマスに比べ肉質がきめ細やかで
グンマーでしか食べられない魚らしいのう
引き締まった食感で輸入サーモンのようなしつこい脂ぽさはなく
さっぱりとした和な味わいだぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170829_194448
出し巻き卵が来たぬ( ・∀・)
この店の自家製オリジナル
左には、蕗の薹と大葉、右には、柚子が入ってる
左は、蕗の薹の食感がよく、右は柚子のほんのりとした酸味が
なかなかのアクセントになってるぬ(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170829_201012
本醸造草津節無くなったんで
秘幻雪造りにごり酒を頼んだぬ
軽く酸味のある辛口の口当たり( ・∀・)うまうま
蔵元は、最初の呑んだ草津節と同じ浅間酒造

IMG_20170829_201513
肉物いくかな
おススメボードから、煮豚を注文( ・∀・)
とろけるほどの柔らかいチャーシューで
ラーメンに乗せて頂きたい味だぬ
ボリュームもあって、おなかいぱい
そろそろ〆にするか

IMG_20170829_204056
〆は定番メニューから、梅茶漬け
梅の果肉がたくさん載ってて(゚∀゚)ウマウマ

IMG_20170829_204847
会計後、大将がサービスしてくれた、桃のデザート(゚∀゚)ウマウマ

ごちそうさまですた
4千円

DSC00550
21時すぎでも、浴衣の観光客で賑わう湯畑
旅館に戻るか(´・ω・`)

DSC00552
 (つ∀-)オヤスミー

P8300035
夜中目が覚めて、宿の温泉に入るぬ(´・ω・`)
宿の湯は、湯畑源泉、かけ流しで24時間はいれる
ただ、めちゃ(;´д`)ゞ アチィー!!  とても入れん
仕方ないので、水道水を混ぜて冷やす

P8300034
タヌキを眺めながら入る、いい湯だな(´・ω・`)
けど、なんで白く濁ってないんかな
ま、外湯でも、透明なのがあった
湯肌の感触は、酸性泉らしい軽いピリピリした刺激を感じるので
たしかに草津の湯なんだろうが

P8300037
湯から上がろうとして、湯口の注ぎ具合を撮っておこうとしたら
なぜか白く濁ってきた( ・∀・)

P8300038
みるみる湯舟全体が白くなっていく(´・ω・`)

P8300041
もう一回入る(´・ω・`)いい湯だな
不思議と、濁ってるほうが、丁度いい温度であった
サボっていた奴隷どもが湯もみを真面目にやりだしたのかな
(テルマエロマエ風)

DSC00554
8時にチェックアウト(´・ω・`)
宿から出ると草津温泉バスターミナルが見える
天気は曇り

DSC00555
国道292号を長野原方面
長野原から、国道145号を中之条方面へ(´・ω・`)

DSC00560
郷原から県道で榛名山方面へ(´・ω・`)

DSC00562
カーブの浅めの側溝(´・ω・`)
なんかの漫画で溝走りというのがあったな

DSC00563
榛名山上りは、二車線か、上り追い越し車線付きの三車線で
カーブもきつくなく、かなり走りやすかった(´・ω・`)

DSC00565
9時、榛名湖に到着(´・ω・`)
天気が悪く、榛名富士がモノトーンのシルエットで見える
プロジェクトDとかいう漫画では、
榛名山を秋名山、榛名湖を秋名湖とか読んでたな

DSC00566
漫画で見たことある白鳥型の遊覧ボート

DSC00569
さて、今度は下り(´・ω・`)
ダウンヒルとかいうやつか
高崎市の境界標識が見える
走行注意の標識の意味がこの時は分からなかった

DSC00570
いきなり険道に(´・ω・`)
やな悪寒

DSC00571
道幅が狭いうえにカーブがきつい(´・ω・`)
途中で気づいたが、カーブに番号標識がついている
このカーブは、28番カーブで、
カーブを曲がるたびに、27、26,25・・・・・・
と、カウントダウンしてくる

DSC00573
ようやく10番カーブ、もうちょっとだな
狭い険道なのにウイングついてる派手なシャコタン的な車が
妙に多く登ってくる
運よく退避帯でかちあってたんで、バックとかしなくて済んでるが
いやだねえ(´・ω・`)

DSC00574
3番カーブ(´・ω・`)
もうじき終わる
疲れてきた

DSC00575
ブレーキ痕多数(´・ω・`)
いわゆるドリフト痕てやつかな

DSC00576
一番カーブの標識。やっと終了┐(´д`)┌ヤレヤレ
榛名の峠道は思いのほか、きつかったな(´・ω・`)

DSC00579
コメリの駐車場で休憩(´・ω・`)

DSC00578
県道を安中方面へ(´・ω・`)

DSC00582
11時、安中市の板鼻に到着(´・ω・`)
このあたりは板鼻本陣という、当時は中山道で一、二位を争う
大きな宿場町があったところらしいが、今は寂れている
板鼻館という食堂で朝食兼ランチにするぬ

IMG_20170830_105628
時間が早いせいか、客はもれ一人であった(´・ω・`)

IMG_20170830_105608
ここは、タルタルカツ丼で有名な店らしい
上タルタルカツ丼(ヒレ)ヽ(´ー` )ノください

IMG_20170830_105733
カツが揚がる間、テレビを見る(´・ω・`)

IMG_20170830_110609
上タルタルかつ丼が来たぬ( ・∀・)
大きなヒレカツが三枚
伊那や駒ケ根のソースかつ丼ほどではないが、結構ボリュームあるぬ
スライスゆで卵の上にたっぷりのタルタルが添えられているのが独特だぬ

IMG_20170830_110950
タルタルをたっぷり付けて頂く
カツは柔らかくジューシー、衣さくさく実に(゚∀゚)ウマウマ

1300円

(続く)

記事検索
ページビュー2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数since 2012.9.4
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー10日チャート

    カテゴリー
    • ライブドアブログ